運営者 Bitlet 姉妹サービス
3569件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 まず質疑では、陳情第4号は県が未実施という限界性はあるが、議会が研究の意思、県に対して実施を強く求める意思を示すために採決をしていく方向で考えたほうがよいのではないか、過去の一般質問の答弁で、県が実施していないので単独ではできない、市長会で取り組むということであったが、この5年間何も進んでいない、今後家族の高齢化などを考えると、採択し、県に強く要望すべきであり、採択すべき、また陳情第4号の趣旨は理解 もっと読む
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 校長をされた先輩が数年前に山口県で行われた教育者の研究会に行かれたらしく、周防大島町の学校では起業についてのキャリア教育をしている、1度行ってみたらどうですかと言われたことを水源の里で講演された大森教授のお話を聞いて思い出したところであります。  質問書には書いてませんが、どのようなことをしたかということをちょっと紹介したいと思います。 もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 それから、外国人関係も町でやれてて市でできないのかというようなこともあるかもしれませんが、この辺もどういう形で取り組めるのかというようなことも、まだ研究の段階ですけども、していきたいと思っております。この間、法律について、外国人労働確保の法律、いろいろ議論ございましたけども、日本に来てよかったなというような、そういうことをしないと、日本で低賃金でさんざんな目に遭ったというようなことでは困る。 もっと読む
2018-12-07 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月07日−04号 実は、私はこの「岡山県備前市地域再生支援プログラム報告書~三角形を活かした街づくりへの提案~」、議員の皆さんにもタブレットの中にこの文書が入っていますが、東洋大学の経済学科経済学研究科公民連携専攻、PPP研究センター、アジアPPP研究所、東洋大学というのを読ませていただきまして大変驚きました。 もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 3点目、合宿練習が可能となる宿泊施設についてですが、私も望ましい施設であり、官民連携して新しい公共サービス手法など研究していく必要を感じてはおります。当面は、市内の宿泊施設と協力して利用者の利便性を高める工夫を検討してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 筑波大学大学院人間総合科学研究科久野譜也教授から自治体における課題として日本が人生100年時代と言われ、厚生労働省によれば2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳で、いずれも過去最高を更新し、世界で女性は2位、男性が3位とのことです。   もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 11月14日には、全国市長会の第12回林政問題に関する研究会を座長として主宰したほか、11月19日には、世耕経済産業大臣、原田環境大臣の出席のもとで開催された第3回パリ協定長期成長戦略懇談会に出席し、地域をテーマに真庭市の取り組みを発表しました。なお、10月21日から28日まで、全国市長会欧州都市行政調査団に参加し、フィンランドとスイスを視察してまいりました。 もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 そういったことも踏まえて、これから国等の制度等も研究しながら前を向いた形で検討したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 岡崎議員、よろしいか。  15番岡崎議員。 ◆15番(岡崎達義君) 先ほども言いましたように、ざっと計算して4,356万円要るわけですよね。その6割とすれば2,610万円。 もっと読む
2018-12-01 浅口市議会 平成30年第5回12月定例会 学校現場における課題が複雑化、困難化する中で、一人一人の子供たちへのきめ細やかな対応や学びの質を高めるための教育環境を実現するためには、教材研究や授業準備のための時間を十分に確保することが不可欠です。特に小学校では、平成30年度から新学習指導要領の移行期間に入り、外国語教育実施のため、授業時数の調整などに苦慮する状況となっています。 もっと読む
2018-11-30 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号 これについては、柔軟な対応ができるよう制度の運用等を研究していくことが重要かと思っております。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 続きまして、赤磐市の今後の医療についての再質問はございますか。  7番大口議員。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 今後の友好都市縁組につきましては、市長部局と連携して研究してまいります。  私からの答弁は以上です。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  作間総合政策部長。 ◎総合政策部長(作間正浩君) それでは、姉妹都市友好提携についての御質問にお答えをさせていただきます。   もっと読む
2018-11-28 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-11月28日−01号 10月18日から19日、山口県下松市で開催された中国地区都市教育長研究協議会に参加いたしました。学校教育では尾道市の「尾道教育みらいプラン」、社会教育では安来市の「地域をつくるふるさと教育」の報告があり、協議をいたしました。  10月23日、定例の教育委員会会議を開催いたしました。 もっと読む
2018-11-02 備前市議会 平成30年11月第6回臨時会-11月02日−01号 ところが、売電価格の低落傾向や再生エネルギー賦課金の上昇傾向などを取り巻く発電事業の変化がありまして、民間事業者による発電事業の導入に向けての調査研究を今行っているところでございます。  また、太陽光発電設備の事業費ですが、これはみずから設置し、自家消費を前提とした取り組みでありまして、民間事業者が業として実施する場合と価格の設定等については手法が異なるというふうに考えております。 もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 次に、渋川海水浴場管理運営事業のうち、サメ防御網の設置委託料について、委員より、多数の入札業者を参加させることにより支出額を抑えることができており、今後ものり網を代用している他市の事例なども研究しながら経費の削減に努めるよう求めました。  もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、人権啓発費の施設維持管理事業について施設を地元管理にする考えはあるかとの質疑に、執行部は、隣保館については必要性、活動内容を協議会等で研究し今後考えていくとの答弁。   もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 議員から御提案のありました浦伊部南地区で整備された放送につきましては、同報系のシステムを補完する方式としては有効であるというふうに考えますので、それもあわせて研究をしてまいりたいというふうに考えております。  以上であります。 ○議長(立川茂君) 再質問はありますか。  再質問に入ります。  沖田議員。 ◆7番(沖田護君) 順番がちょっと変わるんですけども、病院事業ありがとうございました。 もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 ◎産業部長(平田惣己治君) まず、条例の制定でございますが、御提案の趣旨はよく理解をできますので、まずは研究をさせていただきたいというふうに思っております。他の市町の事例の調査ですとか、それからまた関係団体、商工会議所ですとか商工会との意見交換もしながら条例の意義というものについて検討してみたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-09-12 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月12日−04号 あわせて、防災を地域と一体となって学んで、学校と地域がいかに連携するのか、そのための効果的な防災体制はどうあればいいか、そういったことを研究していく事業です。これを1校のモデルにとどめることなく、その取り組みを全市に広げる中で、地域を学び地域とともに防災を考えていくという教育を充実させていきたいと考えております。  以上です。 ○議長(長尾修君) 11番岡崎陽輔君。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 そういったことも研究をしてまいりたいと思います。  以上であります。 ○議長(立川茂君) 森本議員。 ◆4番(森本洋子君) 最後です。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 議員御提案の採石場などの民間業者等の連携による河川しゅんせつ工事の代行掘削については、県のほうから、コスト縮減などの面から有効な手法となり得るものと考えてると、その一方で最終区域の選定とか過剰掘削だとか、あるいは水質汚濁、その防止などいろいろ慎重に検討しなきゃならないということで、今後とも研究していくということで聞いております。   もっと読む