733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鏡野町議会 2021-02-18 02月18日-03号

定住相談業務に限定しなければ、定住化に取り組んでいる団体1つではないわけであります。人口減少に歯止めをかけるために移住定住を促進していくということの観点から、平成27年10月に現在のカガミノミライに委託をいたしまして、プラント5鏡野店の一角に移住定住相談窓口を設けまして、現在に至っているところであります。

玉野市議会 2020-12-10 12月10日-04号

一つは、個々の相談業務に来られた方々に対してそういう携帯用のものを活用している実態もありますし、でかいところではホールに設置してやっているようなところがあります。 先ほど議員からも御紹介があったように、岡山県下でも備前市の備前市議会傍聴席ヒアリングループを設置しております。実際に私も、全てじゃないですけども、傍聴された方々から傍聴席が非常に聞きづらいという声はよくお聞きをしております。

井原市議会 2020-12-10 12月10日-03号

昨年度まで、障害者等相談業務につきましては、井笠圏域の3市2町で笠岡市内共同設置をしておりました井笠圏域障害者相談支援センター対応しておりました。本市では、以前より障害者の家族や団体から身近な場所での相談窓口設置要望があったことから、本年度より本市独自の障害者相談機関として、井原市障害者相談支援センターを設けたところでございます。 

笠岡市議会 2020-12-09 12月09日-02号

現状として,相談支援専門員受託事業所との業務の兼務により,限られた時間をやりくりしながら相談業務を行っていることから相談支援センター業務が制限される,あるいは緊急時は相談者に対する回数や時間が増えるが,そのような対応ができにくくなったとの声を聞いております。また,今年度開催しています笠岡福祉施策審議会委員からも,もっと相談支援体制の強化をしてもらいたいとの意見をいただいております。 

浅口市議会 2020-12-02 12月02日-04号

相談業務だけなら技術的には可能かなと。ただ、それをどのようなルールで、どのような仕組みでやっていくかということについては、まだそこまでの検討には及んでおりませんが、一つの課題かなと思っております。 ○議長井上邦男) 山下議員、どうぞ。 ◆2番(山下周吾) そうなっていないので、今考えていただけませんかと質問させていただいておりますので、今後検討していっていただけたらと思います。 

瀬戸内市議会 2020-12-01 12月01日-02号

福祉部こども健康部を本庁に移転させるとのことだが、相談業務など業務に支障は出ないのかとしています。 保健福祉部庁舎案では、会議室2室、相談室6室だったものが、西庁舎改修案では相談室2室だけになっています。足りないところは本庁舎公民館等対応するとのことですが、デリケートな相談がたくさんある場所でそんなデリカシーのない話が成り立つでしょうか。

浅口市議会 2020-12-01 12月01日-03号

浅口市におきましては地域創造課担当窓口となっておりまして、相談業務のほかに、これらの専門機関連携して支援に関する基本的な情報提供を行うという役割を分担をしております。 以上でございます。 ○議長井上邦男) 石井議員、どうぞ。 ◆5番(石井由紀子) 相談があったときには紹介をするということですが、浅口市として関わるということは、じゃああまりされてないんでしょうか。

真庭市議会 2020-09-11 09月11日-03号

総合政策部長(有元均君) 今回の補正予算におきましても、ウェブ会議の環境の整備でありますとか、庁舎内での状況、それから相談業務なども一部インターネットをつないでやるということも考えております。 今回、国のほうから科学技術イノベーション基本計画の改定というのが出ておりまして、1つにはやっぱりセキュリティーの問題があります。

倉敷市議会 2020-09-10 09月10日-05号

ICT技術により業務自動化省力化を図ることで、企画立案業務相談業務などの住民への直接的なサービス提供業務に注力し、市民サービスの向上につなげてまいりたいと考えております。 ○議長斎藤武次郎君) 末田 正彦議員。 ◆22番(末田正彦君) 人工知能ロボティック等効率化を進めるということですが、私は否定するわけではございませんが、果たしてAIだけで対応できるのかと思うんですね。

玉野市議会 2020-09-10 09月10日-04号

今、コロナとの長期戦が想定される中、生活する上での様々な困り事や不安を抱える市民に必要とされる支援について、一人一人に寄り添った相談業務が求められます。円滑かつ速やかに適切な支援策につなげるためには、やはり総合的なサポートのできる相談窓口が必要だと考えます。市長の御所見をお伺いいたします。 2点目、保育園、認定こども園、幼稚園への緊急包括支援事業についてお伺いいたします。 

倉敷市議会 2020-09-07 09月07日-02号

ICT技術により業務自動化省力化を図ることで、企画立案業務相談業務などの住民への直接的なサービス提供業務に注力することができるものと考えております。今後はどのような業務ICT技術を導入していくことがより効果的かなど、検証しながら取り組んでまいりたいと考えております。 ○議長斎藤武次郎君) 日向 豊議員

赤磐市議会 2020-08-31 08月31日-03号

先ほど少し触れましたけども、中核機関、こちらは市または委託もできるということなんですが、こちらがやることが制度の広報相談業務、後見人のマッチングや後見人育成支援、こちらが中核機関の主な業務となります。当然相談業務等については、この後委託いたします包括支援センター、こちらとの連携、これが大変重要になってまいります。

倉敷市議会 2020-06-16 06月16日-02号

目に見えないウイルスの脅威に対して、さまざまな相談業務に従事しながら保健所としての体制を維持し、運営を行っていくことは並大抵のことではないと思っておりますし、ワクチンなどの開発が行われ、根本的な治療法が確立されるまでには相当な期間を要するとも言われており、緊急事態宣言が解除された現在、また、これからにおいても、感染防止への不断の取り組みと感染拡大の対策などもあわせて行っていく必要があり、人員体制の充実

岡山市議会 2020-06-15 06月15日-03号

今後とも相互に連携を図りながら,市民に寄り添った相談業務に努めていきたいと考えております。 次に,ヘイトスピーチを行う団体に対して市施設使用許可を出さない宣言についてですが,公共施設使用許可については,本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律及び各施設設置管理条例などに基づき,適切に対応することとしております。 以上です。

備前市議会 2020-06-11 06月11日-04号

また、このたびの新型コロナウイルス感染拡大の影響から、今後はテレワークやサテライトオフィスといった働き方の新しいスタイルとして都市部から地方へ需要が高まることが予想されるため、市内の空き家を活用した移住者受け入れ態勢を整えていくとともに、本市の特徴や魅力をより一層PRできるよう、広報活動相談業務にも取り組んでいきたいと考えております。 

玉野市議会 2020-06-09 06月09日-02号

しかしながら、最新の状況や知見、検査や受診に関する権限は、役割として相談業務を担っております県が持ち合わせておりますことから、岡山新型コロナウイルス受診相談センター、または、新型コロナウイルス感染症電話相談窓口への相談をしていただくことが、的確な対応が行われるという面において、また早急な対応が図られることから、相談者にとって望ましいものと考えております。 以上、お答えといたします。