55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2017-09-27 平成29年 9月第4回定例会-09月27日−07号

その中で、本会議でも申されたようなことを若干申したんですけど、委員があるとか、いろいろあるときにも、こういうことをやったらできて処理できるんじゃないかというふうなお話はありましたが、今回の委員会では8月にありましたから、この9月の定例ではそのことについては詳しくはなく、今案件もありませんということでした。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 原田議員、よろしいか。  9番原田議員

赤磐市議会 2017-02-24 平成29年 3月第1回定例会-02月24日−06号

振り返れば2年前の松竹映画もスタートがスタートであり、その後の展開も展開であり、突然議会議決した事案を議会が自分たちで潰してしまうというとんでもない経緯の中で委員が潰されるという、非常に苦渋の私たちは経験をしてきてる前提で、また今回のこの地域商社問題はそれに近いといいますか、それと同じような経緯を踏むのではないかという危機感の立場から御発言したいと思うんですが。  

赤磐市議会 2016-09-29 平成28年 9月第3回定例会-09月29日−06号

また、費用対効果はあったのかとの質疑に、執行部は、委員弁護士である。法的な部分で専門的な指導を受けており、効果はあったと考えているとの答弁。  委員より、議長交際費18万9,592円はどういうことに支出しているのか。また、端数は何かとの質疑に、執行部は、主に各地域のイベント等に支出している。端数については、物品を購入して激励に持参したものであるとの答弁。  

赤磐市議会 2016-06-09 平成28年 6月第2回定例会-06月09日−02号

エネットから、委員をいたずらに長引かせることで映画の完成、公開が遅延するなどしたら、エネットは損害について法的措置をとらざるを得ないと議長宛ての書面が委員に提出されました。議会法律で立ち上げている委員を民間企業が法的措置をとると恫喝してきたことについて弁護士の判断は、法律法律で裁けないので訴状成立しません、そもそも訴えることはできないということですとの回答でした。

赤磐市議会 2016-06-03 平成28年 6月第2回定例会-06月03日−01号

◆7番(原田素代君) 先ほど北川議員が御指摘をしたとおり、まさに委員会の議論で議会議決を得られるなどといまだにまだ友實市長は思ってらっしゃるのであれば、あの映画に関する委員の結果について友實市長がまとめられた文書の中にも議会との両輪で一生懸命やってまいりますとおっしゃった決意表明は、まさに口だけのリップサービスだったなあっていうことがよくわかりました。こんな専決事項なんてありませんよ。

赤磐市議会 2016-03-04 平成28年 3月第1回定例会-03月04日−05号

◆7番(原田素代君) まず、最初の上から行きたいと思いますが、弁護士の内訳が奥田弁護士と小林とおっしゃいましたか、弁護士さんが92万円と64万円というふうに明細がありましたが、奥田弁護士は赤磐市の顧問弁護士として長年お世話になってると聞いておりますが、小林さんという新しい弁護士さんが、たしか私が知る限りでは、委員が設置されたことにより友實市長が御自分の弁護のために弁護士を雇われたというふうに聞

赤磐市議会 2016-03-01 平成28年 3月第1回定例会-03月01日−04号

そうなったときに、現在、よく言われないというんか、委員を、特別委員会を設置していろいろ協議しておる。よく言われる、悪いように言うんですけども、私はこれは非常に赤磐議会としたら、ああ、問題があることに議会が正常に反応して働いとると。だから、百条そのもんは別に悪いことはない。

赤磐市議会 2015-12-18 平成27年12月第5回定例会-12月18日−05号

予算説明書によりますと、委員設置により、法律相談等にかかわる弁護士費用として計上されております。9月定例議会において、市制施行10周年劇場映画「種まく旅人3(仮題)」製作にかかわる赤磐市の調査に関する決議案が賛成多数で可決されました。その後、委員が設置されました。このことは自治法第100条の誤った解釈であります。

赤磐市議会 2015-12-01 平成27年12月第5回定例会-12月01日−02号

去る11月9日に開かれた委員のマスコミ報道におきまして、市長は市民の信頼を損ねるようなことは一切ないとコメントいただいておりますが、また真摯に調査に応じていただけるともおっしゃっていただいております。果たして、その真意はどちらにあるのかちょっとはかりかねておりますところがございますので、市長に真意をお尋ねしたいと思います。  

赤磐市議会 2015-11-27 平成27年12月第5回定例会-11月27日−01号

まず、1款1項1目議会費では、職員人件費267万5,000円の減額と、委員の設置により、13節委託料に弁護士委託料37万4,000円を追加するものです。  2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費では、職員人件費310万6,000円を減額するものです。  2項徴税費、1目税務総務費では、職員人件費511万9,000円を減額するものです。  

赤磐市議会 2015-09-29 平成27年 9月第4回定例会-09月29日−06号

皆様方も御承知のように、委員におきましては、前回の議会委員を取り上げてやりました。そのとき、中心になって取り組んでやらせていただいた私は一人でございます。その経験の中から非常に厳しい経験、あるいは私の知らなかったいろいろな経験もさせていただきました。

赤磐市議会 2014-03-20 平成26年 3月第1回定例会-03月20日−06号

その観点で現在のありさまを見ると、どうして委員調査に正義があるのか理解できない。本件は誰しもがあがなえない権利を数の論理で正当化し、私怨を晴らすために自己活用しているのではないかと疑念を持っている。もしそうであれば、民主主義を悪用したあしき制度利用だと言わざるを得ない。  そこで、以下の9点の項目について問題を提起する。  1、本件委員調査実務は法規順を満たした実務であったのか。  

岡山市議会 2013-12-20 12月20日-11号

東京都議会では,猪瀬知事が徳洲会から5,000万円を受け取ったことに対し委員の設置まで決めました。これにより,辞任をせざるを得なくなりました。こうしたことが議会存在意義を有権者に示すことになるのではないでしょうか。 市民文教委員会傍聴して,多くの委員も十分納得している感じではないと思いました。 一度立ちどまり,今議会での斎場用地費等の計上は見送るべきと考えます。

赤磐市議会 2013-09-03 平成25年 9月第4回定例会-09月03日−01号

市長が就任される前ではございますが、委員政治倫理審査会というのが赤磐市議会で行われました。報告書も出ております。この両方についてお読みになっているかどうかお尋ねします。 ○議長(小田百合子君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) 百条の委員会が開催され、その大まかな内容については存じ上げてはおりますけども、詳細に議事録等を読み込んでいる状況ではございません。