243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

今後もそういった協議、さらには地域の連合町内、そういったところともお話を聞きながら安全対策を講じていくことを考えていきたい、そう思っているところでございます。  以上です。よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 市長に申し上げますが、質問がわからなかって再度聞きたいんであれば、こちらに言ってください。そのようになっとると思いますので、よろしくお願いします。  

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

例えば自治連合会や地元である桜が丘東、西の連合町内への会議を設けるための事前調整などは行っているのか、再質問をさせていただきます。  以上、よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  加藤建設事業部参与。 ◎建設事業部参与(加藤孝志君) 大森議員の再質問にお答えいたします。  9月以降、事業の進捗につきまして、なかなか目に見える形での進捗という形にはなっておりません。

井原市議会 2018-10-05 10月05日-04号

市長の答弁でも、個別プランをつくる流れというものは紹介をしていただいたとこでございますが、このプランは、行政自治会町内、また民生委員さんや自主防災組織の皆さんに協力をお願いして、災害時に援護が必要と思われる高齢者障害者の方々のところに訪問し、趣旨を説明しながら、申し出や聞き取りにより承諾を得た方々を避難行動要支援者として名簿化することとなっております。

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

委員から,今後,床下浸水についても災害義援金の配分対象となるが,対象者への周知,手続の流れなど,被災者にとってどういう方法がよいのかしっかり検討すべきであるとの指摘があり,当局から,床下浸水の場合,何も支援がないと思い,罹災証明書の申請をしていない人が一定数いると思うので,町内にも協力をいただきながら周知を図っていきたい。

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、公園費の草刈作業委託料と遊具安全点検委託料の説明をとの質疑に、執行部は、市が管理している山陽団地、桜が丘地域にある都市公園アメニティ公園、展望公園地、赤坂親水公園の草刈りを町内等に委託している。遊具安全点検については、これらの公園にあるものについて定期的に実施しているものであるとの答弁。  委員より、基金で実施しているのかとの質疑に、執行部は、一般財源であるとの答弁。  

岡山市議会 2018-09-20 09月20日-10号

◎江田美幸市民協働局長  15番の町内集会所修繕補助について,新規となった理由,適用される町内,また罹災証明は必要か,補助率及び上限額はとのお尋ねにお答えします。 この制度は,地域コミュニティー活動の拠点となる集会所の早急な再生に向け,現行補助制度補助率と上限額を拡充しようとするものです。対象となるのは半壊以上の集会所であり,15程度が対象になると想定しています。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

住民参加のまちづくりを進めるという観点から、7月初旬には、山陽連合町内において計画策定の御報告と説明をさせていただきました。そして、8月末からは、各町内においても計画内容等について具体に説明を開始したところでございます。  今後とも、まちづくりを進める上では地域の住民の皆さんにも御協力をいただきながら協議を重ね、具体的な実施計画を策定し、計画的にまちづくりを進めていきたいと考えております。  

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

そうした中で、利用目的からも特に問題ないということですけれども、集会所の維持管理については町内規約等で細かく定められているとは思いますけれども、仮にここが、6丁目の部分が学習塾で特に問題ないということであれば、そしたら他の町内の集会所でも、そういう目的であれば特に問題はないというふうな議論があったのかどうか、そこらあたりの、委員会としてのやりとりがあったのであれば教えていただきたいと思います。

赤磐市議会 2018-06-18 平成30年 6月第2回定例会-06月18日−04号

今後、地区、町内からの空き家に関する相談や情報収集できる仕組みづくりを図ってまいります。  次に、第9条緊急応急措置についてでございますが、これは9条の第1項に具体的には記載をいたしておりますが、空き家等の危険の状態が切迫し、これを放置すれば生命、身体もしくは財産に重大な影響を及ぼす場合に、緊急的に危機を回避するための最低限の措置と考えております。  

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

それで、とうとう2016年、桜が丘東1丁目の町内が動き出しました。町内として市のほうに要望をされたようです。それでも、なかなか動いてくれなかったということをお聞きしてます。とうとう2017年、桜が丘東連合町内から要望を出して、自治連合会を通して市に要望を上げたという状況です。ソーラーパネルができると周りどうなるかというと、不動産会社がおっしゃってました、周りの土地が売れなくなりますと。

総社市議会 2018-06-04 06月04日-04号

それから、ゾーン30もそうですけども、なかなかゾーン30を全部に広めるというのは難しくて、とりあえずハード面ですが、ハード面の場合は通学路の安全について、学校町内、それからPTA、それから土木担当員等々、毎年要望が上がってくるんですけど、去年は42件ありました。そのうち、我々がやらないといけないのが、積み残しにずっとなっておりますけれども、そういうことで、これを早急にやっていくことが大事だと。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

町内やいろいろな問題とひっつけて敬老会助成金を廃止してくださいというのは、別の問題だと思うので反対するとの意見。  委員より、連合町内、自治連合会もあるので、そこで話をしてから上げてくるなら話は聞けるが、1地区だけの話をされても困るので反対するとの意見。  委員より、自治連合会、区長会の中で話をして、他の町内ではないかということを聞きながら、自分のところでよく考えていくべきだと思う。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

また、防犯灯の設置補助金のほうにつきましては、区、町内が管理する防犯灯の新設工事及びLED化に伴う修繕、こちらにつきましては、赤磐市防犯灯の設置及び管理に関する規則に基づきまして、新設工事及び修繕工事に係る事業費に対します3分の2以内の上限を設けた補助を行うものです。全体では290基分の314万円を計上させていただいております。  以上でございます。

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

また、桜が丘西8丁目地内、山陽北小南側の赤磐市が所有する土地と、桜が丘西5丁目地内、ショッピングセンター南側に隣接する大和ハウス工業株式会社が所有する土地交換に向けて、町内等と話し合いも進めております。ショッピングセンターの跡地につきましては、桜が丘の中心部に残された最後のまとまった土地でございます。極めて重要な資産と考えております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

この調査結果を町内の皆さんにいかにして、一部の人じゃなしに全員に周知できるような形をとっていただきたいと思います。どういうふうな形でやるのか、今考えているのかということをお聞きしたいです。  それから、今後の、結果がまだ出てないから、どういう工事をやろうかということは、何通りもの中から選ぶことになると思いますが、これはもともと岡山県が造成した団地であります。

赤磐市議会 2017-11-30 平成29年12月第5回定例会-11月30日−03号

区、町内が管理いたしております防犯灯のLED化につきましては、区、町内が行った工事費に対しまして、1灯につき、防犯灯のみは1万円、建柱と防犯灯を合わせたものにつきましては3万4,000円の補助金額とさせていただいております。その残りの金額につきましては、区、町内の負担ということになっております。