運営者 Bitlet 姉妹サービス
187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 審査に当たっては、制度の運用状況及び近隣自治体の動向などについて、執行部からの参考意見の聴取を行うため、生活環境、健康福祉部の出席を求め、参考意見聴取を行った後、審査を行いました。  参考意見といたしましては、執行部からは次のような報告、説明をいただきました。   もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 次に、生活環境関係についてでありますが、11月25日に「DV被害者の支援と子どもの心理〜女性と子どもの人権を守ろう〜」と題して、岡山県の女性相談所、児童相談所の嘱託医である中野善行先生の講座を開催したほか、12月1日には人権週間の取り組みとして、NPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会の原憲一理事長、山陽放送の会長ですが、を講師にハンセン病をテーマとした講演会を開催しました。 もっと読む
2018-09-28 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月28日−06号 2日目の21日は生活環境、産業観光部、建設部、湯原温泉病院関係の決算について、それぞれ関係部長、課長から説明を受け、その後多くの質疑がなされ、説明を求めて慎重審査いたしました。  決算審査の概要を申し上げます。   もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 やっぱり学校給食調理場は市が所管する中で生ごみを減らさなくちゃいけないというのは環境のほうでもすごい研究をしてやっている中で、ごみを減らすためにはある程度の投資が必要だというのは出ているにもかかわらず、ここで更新をしないという方針を出して、もう運びますというようになってるんです。 もっと読む
2018-09-06 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月06日−02号 次に、生活環境関係についてでありますが、これまで行われてきた成人式については、2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられることに先立ち、来年度の式典から名称を「20歳の集い」に改め、主権者意識の醸成やふるさと、故郷を思う心、同窓生のつながりなどを目的に開催することとしました。なお、18歳となる時点では、主権者意識の醸成について選挙管理委員会が対応することとしております。   もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 コミュニティの課題は、危機管理部が所管する防災に関することや、環境関連のごみ、環境に関すること、産業建設部関連の道路、水路に関すること、保健福祉部関連の子育て、高齢者の見守りに関することなど、市役所のさまざまな部署が対応すべき課題であると認識しております。 もっと読む
2018-08-29 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-08月29日−01号 環境関係です。  新火葬場の整備について。  新火葬場整備事業につきましては、6月19日、29日に、地元自治会に対し、事業計画等の説明を行いました。さらに、7月12日には、関係地権者に事業計画及び用地測量調査について説明し、7月23日から境界立会を実施しました。また、岡山市とは、現在、事業の進捗状況、連携手法等について協議しています。 もっと読む
2018-06-13 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−03号 このような活動を市内沿岸部全てに実施することは困難であり、今後は港湾管理者である県や環境など関係機関とも協議し、対策を検討してまいりたいと、そのように考えております。   もっと読む
2018-06-07 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月07日−01号 次に、生活環境関係についてでありますが、国民健康保険事業は今年度から岡山県が財政運営の主体となりました。この制度の安定化には、市民一人一人が疾病予防に努め、医療費の適正化につなげていくことが必要です。市では、平成29年度に策定した第3期特定健康診査等実施計画及びデータヘルス計画に基づいて、特定健康診査や特定保健指導の受診勧奨やジェネリック医薬品の普及推進に努めてまいります。   もっと読む
2018-06-04 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月04日−01号 環境関係です。  環境フェスタinせとうちの開催について。  6月10日にゆめトピア長船において環境フェスタinせとうちを瀬戸内市消費生活問題研究協議会、岡山県備前県民局と共催します。 もっと読む
2018-03-23 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月23日−05号 審査経過といたしましては、太田市長挨拶の後、吉永副市長同席のもと、議会事務局、監査事務局、会計課、消防本部、各振興局、市長直轄組織、総合政策部、総務部、教育委員会、健康福祉部、生活環境、湯原温泉病院、産業観光部、農業委員会、建設部の順で関係部長、各課長などから説明を受け、その後多くの質疑がなされ、慎重審査いたしました。   もっと読む
2018-02-27 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月27日−02号 私のほうから質問事項2、要旨1について、環境関係でございます。  第2次瀬戸内市総合計画後期基本計画に掲げております新火葬場整備事業につきましては、本年度に実施した測量、設計等の業務を踏まえ、事業用地を確定し、保安林解除申請などの関係法令に係る諸手続を進めるとともに、用地の買収に向けての準備を進めたいと考えております。   もっと読む
2018-02-21 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月21日−01号 続きまして、環境関係の追加のほうへ移らせていただきます。  新火葬場について。  新火葬場整備事業につきましては、ご承知のとおり、瀬戸内市と岡山市での広域整備を目指し、昨年6月に岡山市・瀬戸内市新火葬場整備推進検討会議を設置し協議を進めているところです。   もっと読む
2017-12-08 真庭市議会 平成29年12月第5回定例会-12月08日−03号 例えば、生活環境の環境課、産業観光部の農林土木課、農業振興課、そして建設部の建設課等々の横の庁舎内協議を十分に行って、説明のときには、全ての疑問や懸念に対して説明ができる体制を構築してから市民の皆様方に説明を行われたほうがいいんではないかと、このように感じたわけであります。 もっと読む
2017-12-01 真庭市議会 平成29年12月第5回定例会-12月01日−01号 次に、生活環境関係についてでありますが、国民健康保険事業の広域化については真庭市からも医療費適正化に関する意見を提出しておりますが、各市町村の意見を踏まえて岡山県国民健康保険運営方針が11月に決定されており、平成30年1月末までに各市町村の国保納付金の本算定額及び標準税率等が通知される予定であります。   もっと読む
2017-09-29 真庭市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月29日−05号 1日目の21日は市長挨拶の後、市長直轄組織、総合政策部、総務部、健康福祉部、各振興局、教育委員会、消防本部、会計課、監査事務局、議会事務局関係の決算について、2日目の22日は生活環境、産業観光部、建設部、湯原温泉病院関係の決算について、それぞれ関係部課長から説明を受け、その後多くの質疑がなされ、説明を求めて慎重審査をいたしました。  決算審査の概要を申し上げます。   もっと読む
2017-09-15 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月15日−04号 火葬場は環境、片や産業振興課ということで、縦割りで違うかもしれませんが、ぜひ一緒に建設を検討していただきたいなあというのが私の一番ここで言いたいことです。方式も、微生物分解がいいのか焼却がいいのか、そこはしっかり検討をしていただいて計画をしていただきたい。市長、いかがですか、お考えをお聞かせください。 ○議長(原野健一議員) 市長。 もっと読む
2017-09-08 真庭市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月08日−01号 次に、生活環境関係についてでありますが、平成30年度から広域化される国民健康保険事業について、このほど岡山県から各市町村の国保税率等の試算が公表されました。これによれば、真庭市の1人当たり国保税額は増額しません。年明けに正式な国保税額等が公表される予定ですが、保険が県単位になっても税率の決定や徴収の主体は市町村であり、これまでどおり真庭市単位での健全な国保財政の運営に努めなければなりません。   もっと読む
2017-09-06 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月06日−01号 環境関係です。  新火葬場整備事業について。  新火葬場整備事業の進捗状況を報告します。地権者の皆様への説明会を7月20日に敷井公会堂で開催し、基本計画書及び今年度に実施する測量等の概要を説明し、所有地への立ち入りについて承諾をいただきました。また、当日会議に出席できなかった方へは、自宅等を訪問し、会議内容を報告し、所有地への立ち入りの承諾をいただきました。   もっと読む
2017-07-11 瀬戸内市議会 平成29年 6月第2回定例会-07月11日−資料 (2) 環境福祉常任委員会 7人   市民部、環境、保健福祉部及び病院事業部の所管に関する事項(予   算常任委員会及び決算常任委員会が所管する事項は除く。)  (3) 産業建設水道常任委員会 6人   産業建設部及び上下水道部の所管に関する事項(予算常任委員会及   び決算常任委員会が所管する事項は除く。)   もっと読む