5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

赤磐市議会 2010-06-14 平成22年 6月第3回定例会-06月14日−02号

岡山県環境省の名前で出された、アユモドキってなあにとスイゲンゼニタナゴを知っていますかというパンフレットや岡山県生活環境から出された岡山県希少動植物保護条例指定希少野生動植物の追加のお知らせのパンフレットも事務所の中の棚の上に置いてあるだけでした。これらのパンフレットはいつ、何枚くらい配布され、それをどのように活用されたのかお答えください。  

赤磐市議会 2008-12-04 平成20年12月第5回定例会-12月04日−04号

しかし、今のやっとるとこのこの基金積んだからもう会社基金で、今に聞きょうりゃあ、お金は赤磐市が責任持って基金条例見ると、管理やっぱり今までどおりエスクさんじゃと、業者、事業者じゃということになっとんで、たまには環境のほうで課のほうで、抜き打ち検査じゃねえけど、1カ月に1遍とか2カ月に1遍とか検査をしにいくとか指導をしにいくとかというのがあってもえんじゃねえかと思う。

赤磐市議会 2008-03-03 平成20年 3月第2回定例会-03月03日−03号

次に、原油の高騰対策でございますけれども、岡山県ではガソリン灯油等の高騰を受け、ことし2月6日に生活環境担当の副知事本部長として原油価格高騰対策本部を立ち上げられております。この対策本部は生活福祉資金の貸付制度の活用や、中小企業農業者向けの低利の融資制度の活動等推進を行っております。

真庭市議会 1981-06-01 06月01日-02号

環境先進都市真庭、こういうようにやっていこうということを目指しておりまして、これは当然地球環境ということ、CO2の削減ということも含めてのことではあるんですが、そういうことでとりわけ環境問題にここ一、二年、特に私の強い意欲があるもんですから、だから部の名前も市民環境環境というのをつけて、その決意を持って臨んでいきたいと思っておるわけであります。 

  • 1