448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2021-06-15 06月15日-04号

最後に,令和2年のイノシシ,鹿の捕獲頭数捕獲ネットの見直しが必要ではについてですが,令和2年の捕獲頭数は,有害,狩猟を合わせて,イノシシが3,874頭,鹿が301頭です。 また,捕獲ネットについてですが,ネットランチャーは,射程距離が短いことや,近くに人がいる場合では使用できないなど使用できる機会が限られています。

津山市議会 2021-06-15 06月15日-03号

令和年度鳥獣被害対策実施隊連絡会議におきまして、新規狩猟免許取得者実施隊員として駆除活用に参加したい意向をお持ちの方の対応について協議いたしました。 その結果、令和3年4月から、実施隊への加入条件につきまして狩猟活動期間を通算2年以上から1年以上に緩和し、実施隊加入時には各班で捕獲に関するノウハウや安全講習を十分行うことで、実施隊員確保、育成に努めることとされました。 

里庄町議会 2021-06-07 06月07日-01号

狩猟免許取得に係る有害獣捕獲強化対策補助金及び荒廃農地再生利用促進補助金です。 7目の教育費県補助金追加の110万円の補正をお願いし、合計で555万1,000円となります。小1グッドスタート支援事業補助金です。 18款の繰入金、2項の基金繰入金、5目の財政調整基金繰入金追加の49万7,000円の補正をお願いし、合計で1億4,618万1,000円となり、歳入歳出財源調整を行っています。 

玉野市議会 2021-03-09 03月09日-07号

一方、イノシシ捕獲隊農地被害を軽減するために、地区からの提案、要望にお応えし、狩猟期間以外においても1年を通じてイノシシ捕獲できるよう手法を研究し、地域住民がその地域被害軽減のため、市の捕獲活動と連携、協力したいとの協働思いも受けまして制度設計したものでございまして、活動の成り立ちに違いがございます。

里庄町議会 2021-03-08 03月08日-02号

内訳としましては、まず市と町で同額の部分といたしまして、国費が7,000円、県費が非狩猟期として4,000円、次に市町単費になりますが、浅口市では1万円、里庄町では1万3,000円と、浅口市よりも当町のほうが3,000円多く支出いたしている状況ではございます。 以上でございます。 ○議長眞野博文君) 5番小野光章君。 ◆5番(小野光章君) 〔登壇〕 はい、ありがとうございました。

備前市議会 2021-03-04 03月04日-03号

おりわなでの駆除が比較的安全であるため、改めて農家の方に自衛のための狩猟免許取得を呼びかけてはどうかという御指摘でございますが、免許取得の奨励につきましては毎年広報にてお知らせ等行っております。また、先ほどの議員のお話にもありますおりでの捕獲に関しましては、おりでの捕獲も決して安全なものとは言えません。

岡山市議会 2021-03-02 03月02日-05号

まず,昨年度イノシシ捕獲頭数は,有害捕獲狩猟捕獲を合わせて4,564頭であります。 次に,農家に対する侵入防止柵設置補助については,本市では原則2戸以上の受益農家設置資材費の3分の2を補助しております。令和年度では19件で約720万円の補助金を交付し,設置された侵入防止柵の延長は約20キロ余りとなっております。 

井原市議会 2021-02-26 02月26日-01号

有害鳥獣対策につきましては、被害防止計画の推進を図るとともに、被害防止のための講演会を実施するほか、引き続き防護柵捕獲柵などの設置新規狩猟免許取得への補助を実施してまいります。 このほか、森林保全事業につきましても、危険木の伐倒処理事業や松くい虫予防事業を推進してまいります。 次に、観光振興についてであります。 

玉野市議会 2020-12-10 12月10日-04号

また、鳥獣被害対策実施隊の課題についてでございますが、実施隊の職務は、猟友会駆除班によるイノシシ捕獲活動に対する補助業務をはじめ、住民へのイノシシ対策啓発活動イノシシ出没時における警察からの出動要請による緊急出動狩猟への関心のある方へのPR活動による人材確保侵入防止柵設置維持管理捕獲活動に関する現地指導など、専門的な知識経験が必要な場面が多くございますが、専門的な知識経験を積んだ人材

真庭市議会 2020-12-04 12月04日-02号

また、個人で狩猟わなの資格を取り、イノシシ捕獲している人もおられます。近年、有害鳥獣が増えていることと、猟友会のメンバーの高齢化が進んでおり有害鳥獣駆除が追いついてないと思われます。 そこで、駆除を行うハンターを市の職員として雇用して有害鳥獣駆除するという方法を検討されてはいかがでしょうか。真庭ライフスタイルの半農半Xの一つです。 この場からの質問は以上です。

備前市議会 2020-12-02 12月02日-02号

狩猟免許取得補助金をもっと出せないかとのことですが、現在、新規狩猟免許取得者に対しまして、免許取得経費の2分の1の4,600円を補助しております。増額につきましては、特に今は考えてはおりません。多くの方に狩猟免許を取っていただいて、猟友会に所属し、有害鳥獣駆除をお願いしたいという思いから、狩猟免許取得経費補助しております。

浅口市議会 2020-11-30 11月30日-02号

捕獲では、猟友会と連携し、新規狩猟免許取得費補助、銃の所持許可補助わな購入費補助地域に方々に対する柵の貸し出し、農作物被害が増加する時期に猟師が市内を見守るパトロール事業を行っております。防護捕獲、どちらかだけでは効果が薄く、同時に行うことによって、令和年度には578頭のイノシシ捕獲しております。 以上でございます。 ○議長井上邦男) 沖原議員、どうぞ。

真庭市議会 2020-09-10 09月10日-02号

ジビエカーを入れたから、これで鹿の被害が急速に減るというものではないですけども、これを活用することによって鹿も有効に、また肉も使うというようなことも含めて、市民や狩猟者に対する啓発ということにもつながってるということであります。