44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第3号) 本文

日本のヒノキ材は韓国においても非常に爆発的な人気で、優良材として高価で取り扱われるということも聞いておりますし、県を通じて中国での取引については丸太材よりもやっぱり日本の強みを出すのは用材として柱材、板材として出すのが効果的だというふうなことも聞いておりますが、市場調査につきましては、市長答弁で申し上げましたとおり積極的に検討してまいりたいと考えております。

総社市議会 2018-07-20 07月20日-01号

一方で、国に対しても災害救助法の適用を求めていくわけでございますけれども、これが罹災証明の現場におきまして1m80㎝以上の水位があったところにおいては、国が今回、即刻、罹災証明を一発でお渡しする、すぐに渡すということが決められておりますが、こと下原地域におきましては水位は1mちょいちょいなんだけれども、アルミニウムの爆発でもう住める状態じゃない、もう大変なことだという状態なのに、総社の場合は水位が足

総社市議会 2018-06-04 06月04日-04号

今回、あのアルミニウム爆発を起こしても死者ゼロだった、あの自主防災組織の在り方を学ぶべきであろうかと思いますので、ここは危機管理室と連動させながら、下原の人に協力をいただいたり、あるいは昭和でも被災して乗り越えてきているわけですから、昭和でどうだったかということも教えていただいたりとか、そういった組織強化ということ、内在する組織の強化、これにできる限り時間を費やして、行ってまいりたいと思います。

新見市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第2号) 本文

国内でも6月16日に鹿児島県の桜島で、今年129回目の爆発的噴火がありました。そして、群馬県においても地震が発生をしております。また、本日も大阪で地震が発生、このように地球全体の気候変動や地殻変動など、日本列島全体も地震の活動期に入ったという見方もあり、豪雨や地震への備えを怠ることは決してできません。

新見市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会(第5号) 本文

核兵器は意図的であれ、事故であれ、1発でも爆発すればその被害は人体のみならず、環境気候食料経済活動などあらゆる分野に及びます。私は、核兵器の廃絶は人類生存に関する緊急死活の課題だと思います。  昨年10月、国連総会第一委員会において、2017年中の核兵器禁止条約の制定の交渉開始に向けた決議が国連加盟国の過半数を超える123の国の賛同によって採択されました。

赤磐市議会 2015-12-01 平成27年12月第5回定例会-12月01日−02号

これら状況を鑑みますと、爆発物や銃火器が入手しにくい我が国内においても、圧縮したガソリンバスなどの車両内で噴霧し、引火させたり車両を暴走させる、あるいは包丁など刃物を振り回すなどの手法を用いたテロリズムが起こる可能性もあり、特にサミットに関係する周辺地域警備が手薄な場所はそのターゲットになりやすいとも言えます。  

赤磐市議会 2013-06-13 平成25年 6月第3回定例会-06月13日−03号

やはりこれも発生をすると爆発的にふえるというようなお話も伺いました。やはりわなの設置場所というのがあって、やはりそのあたりをしっかりとやらないとなかなかとれませんよというようなアドバイスもいただいております。その辺詳しく調べるなりで、また捕獲ができるように努力してまいりたいと思います。 ○議長(小田百合子君) 金谷議員、よろしいか。  8番金谷議員

赤磐市議会 2013-02-13 平成25年 3月第1回定例会-02月13日−02号

アライグマ子育て箇所が何カ所も確認されているのに捕獲がされていないということは、この先爆発的に被害が発生する可能性を秘めていることになります。ぜひ善処をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。  次に、東北大震災の被害地へのその後の支援について質問をいたします。  2年前の3月11日、あの東北での大震災が発生いたしました。

赤磐市議会 2012-12-04 平成24年12月第6回定例会-12月04日−02号

47都道府県で確認され、爆発的に生息数をふやしていると聞いております。岡山県の周辺の県ではたくさんのアライグマが捕獲されていますが、岡山県内ではまだ3頭しか捕まっておりません。しかも、生きたままでの捕獲数はゼロです。  農作物を含め多くの被害が赤磐市内に出る前にみんなの協力で捕獲を実施しなければならないと思いますが、どのようにお考えでしょうか。

赤磐市議会 2012-09-06 平成24年 9月第5回定例会-09月06日−03号

政府が原発から半径20キロ圏の住民に避難指示を出していた昨年3月13日、まさに爆発した日ですが、アオシマ家には別の指示がフランス大使館から届いた。東京より西に行け、可能なから成田に出す迎えの旅客機に乗れ。フランスの友人からは電話が入る、そこにいたら死んじゃうよ。一家は3月23日渡仏。それから2カ月間、フランスから日本政府の後手後手の対応を見続け、覚悟を決めた。

新見市議会 2012-03-01 平成24年3月定例会(第2号) 本文

災害対策基本法の第1章第2条第1項では、災害は暴風、豪雨、豪雪洪水高潮地震津波、噴火、その他の異常な自然現象、または大規模な火事、もしくは爆発、その他、その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいうと定められています。  災害は、原因別に自然災害と人為的災害大分類されています。

赤磐市議会 2012-01-18 平成24年 1月第1回臨時会-01月18日−01号

危険度の、この炉は爆発じゃとか、地震は、余り地震のことは思わんですけど、ちょっとこういうことを言うたらおかしいけど、12月議会のときに同僚の樅野議員が聞かりょうたと思うんじゃ、あの辺はハザード地区で、水没のという話があったでしょう、図面的に。たしかそうじゃったなあ、樅野さん。

赤磐市議会 2011-09-06 平成23年 9月第4回定例会-09月06日−04号

ことしも広河隆一さんのチェルノブイリ原発事故から25年目の写真展の準備をしていたところ、福島第一原発の4基の原発が爆発、メルトダウンを起こし、6カ月たった今でも放射能は放出し続けています。人間の生存を脅かす、はかり知れない放射能の恐怖に今まさに直面させられております。安全神話のもとで原子力政策を推進してきた政府や財界、電力会社産業界、原子力学会などの責任を厳しく追及されるべきです。

赤磐市議会 2011-03-01 平成23年 3月第1回定例会-03月01日−03号

特にアライグマについては、爆発的な被害発生も間近のように、講演の中から受け取ることができました。赤磐市として、部の垣根を超えた取り組みをしていただけると、前回の12月議会では答弁をいただいております。具体的にどのように取り組んでおられるのか、予算の中にどのように反映されているのか、お答えをお願いしたいと思います。  

新見市議会 2010-09-01 平成22年9月定例会(第2号) 本文

この花火は、非常に大きな爆発音を発するため、1名から2名で追い払うときに有効であると考えられますが、猿の追い払いについては、地域ぐるみの防除活動が一番有効であると考えています。保安手帳の登録に係る手数料に対して助成を行うことは個人に対して助成することになりますので、今後地域ぐるみの防除活動を推進する中で、地域の防除活動に対する助成について検討してまいりたいと思っております。  

新見市議会 2010-06-01 平成22年6月定例会(第3号) 本文

宮崎県家畜伝染病口蹄疫の被害が爆発的に拡大をして一向におさまる気配を見せていません。新たな地域でも感染が確認をされています。感染は県内5市6町に拡大をしています。宮崎県などによると、口蹄疫に感染をした疑いのあるそういう県内の牛や豚やヤギの総数が本当にもう30万頭になるのではないかという、そういうことも言われています。

新見市議会 2010-03-01 平成22年3月定例会(第3号) 本文

そうした中で、やっぱりこの健康診査の部分にしっかりと出ていただく、この対策というのもなかなか非常に、今までもそれを進めてきているわけですから、今後爆発的にそれがふえるであろうという期待はなかなか難しいと思います。今、そこの部分をしっかり把握をして、特定の高齢者の方を特定していくという、ここのところにしっかりと力を入れていって予防介護をしていく、そこのところに今力を入れておられます。