95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉敷市議会 2020-09-11 09月11日-04号

この新たに導入した記号自然災害伝承碑といいまして、過去に発生した津波洪水火山災害土砂災害など、自然災害の当時の様子を伝える石碑やモニュメントのことであります。まず、ウエブ上の地理院地図での位置表示を6月に158基からスタートし、9月からは紙の地図にも自然災害伝承碑記号として掲載を始める旨の報道がありました。 

笠岡市議会 2020-09-08 09月08日-02号

日本世界的に見ても災害の多い国であり,ますます近年では,地震火山はもちろん,線状降水帯による長期間の大雨災害リスクをひしひしと感じているところであります。 昨年,笠岡市においても,線状降水帯による大雨で尾坂川の決壊等大きな被害発生をいたしました。このことにより国,県の取り組みもあり,内水排除については意識を持って取り組みが行われていると思います。

玉野市議会 2019-02-28 02月28日-04号

(1)昨年7月の西日本豪雨日本各地発生する地震災害火山噴火等々、重大な自然災害が次々と人間に襲いかかっている現状。今後発生が想定され、甚大な被害をもたらす南海トラフ巨大地震も、約20年の間に100%発生が想定されます。市民みずからも、みずからの命と財産を守る自己防衛災害対応準備が必要でありますが、行政としては、大規模災害時に市民の命を守り、救援、救護機能を守るための準備が必要です。

総社市議会 2018-09-10 09月10日-03号

また、災害は、今回の水害だけではなく、地震台風、竜巻、火山噴火、猛暑、豪雪、また感染症等パンデミックなど予想外のことも発生いたします。市民の皆様には、今はもう安全な場所などどこにもないんだということを認識をしていただきまして、お一人お一人が危険察知能力を高めていただきたいと、そう願うところでございます。 

倉敷市議会 2018-06-13 06月13日-02号

世界各地において、火山噴火などの災害発生しております。また、日本においても、ことしに入ってから草津白根山や霧島山の噴火鳥取県西部や長野県北部を震源とした地震と、数多くの災害発生しております。本市におきましては、幸いなことに大きな地震発生しておりませんが、南海トラフ巨大地震がいつ発生してもおかしくないと言われており、さまざまな対応が必要だと私も思っております。 

真庭市議会 2018-03-13 03月13日-04号

御存じのとおり、日本災害多発国で、最近特に九州の新燃岳初め、火山活動とか含めていろんなことが起こっております。こういう日本ですから、自然再生エネルギーを高めていく、そして地域の中でできるだけエネルギーを自給していく、エネルギーの自立、それも地方自治の私は一つだと思っております。そういうことを目指すために、自給率100%ということを申し上げてるわけです。

真庭市議会 2018-03-12 03月12日-03号

21世紀社会は少子・高齢化を迎え、コミュニティーが弱体化していく反面、地震火山噴火、大規模台風による風水害など自然災害の危機が増大しています。近隣では、平成28年10月21日に鳥取中部地震発生し、住宅被害発生しました。さらに、真庭市でも昨年10月の大型台風の到来によって風倒木や土砂崩れなど、数件の被害発生いたしました。

倉敷市議会 2017-03-08 03月08日-08号

国連の環境計画の報告によりますと、水銀及び水銀化合物は、火山活動、岩石の風化等自然現象化石燃料の燃焼、廃棄物焼却等人間活動、土壌、水域及び植物に蓄積されたものからの再放出等によって環境中に排出されるとのことです。産業革命前から現在までの約1世紀半の間に、北極圏の海洋動物中の水銀濃度は数十倍に増加しており、この増加は人為的排出に起因していると考えられております。 

岡山市議会 2016-12-15 12月15日-07号

火山帯の上にある日本は,言うまでもなく地震の国です。近くは,阪神・淡路大震災東日本大震災熊本地震鳥取地震と例を挙げるまでもないと思います。火山噴火も島原,御岳,阿蘇,桜島と続いております。また,東南海南海東海のそうした南海トラフ地震も30年以内と予測されてから既に何年も経過しております。この狭い国土のどこであっても,原発が安全に稼働できる場所はないと言っても私はいいと思います。 

玉野市議会 2016-12-07 12月07日-03号

既に想定されている首都圏直下地震東海南海地震に加え、気候変動の影響による気象災害など、火山噴火もあると思いますけども、日本にはさまざまな災害リスクがあります。玉野市においても自然災害自分事と捉え、正面から向き合い、備えていかなければならないと思います。 自治体と地域がうまくかみ合っていなければ、大規模な震災後の災害対策がうまく働かないことが強く認識されています。

総社市議会 2016-09-09 09月09日-02号

小さい④の災害時の防災機能充実させるため、シャワーの設備等も必要と感じるがということなんですが、本当に日本火山列島地震列島と言われまして、熊本も大変な被災に遭われました。本当に心から御冥福を申し上げますとともに、お悼み申し上げたいと思います。 想定外でもないでしょうけれども、熊本だけに限らず、北海道もすごい被害を受けられました。

赤磐市議会 2016-09-06 09月06日-04号

私たちの住む日本は、気象、地形、地質などの自然条件から地震津波台風洪水土砂災害火山噴火等々の災害が起こりやすく、これまでもたびたび大きな災害に見舞われているのは承知のとおりです。特に、世界の陸地の1%にも満たない国土日本ですが、世界地震の10%が日本とその周辺で発生していると言われており、深刻なものがあります。

岡山市議会 2016-06-17 06月17日-03号

また,日本ではここ最近,火山活動活発化,そして大きな地震も頻発しております。ことし4月,熊本県において大地震発生し,今なお余震も続いていますので,大変に憂慮いたしております。亡くなられた方,被害に遭われ今なお避難生活を続けておられる方々に,心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。 それでは,通告に従い質問させていただきます。 大きな1つ目岡山市における防災対策について。