7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新見市議会 2011-09-01 平成23年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

  │       │   や取り組みは行っているのか  │       │ │  │  │       │ (3) 市民サービスの向上を目指し、職│       │ │  │  │       │   員に政策・事業を提案させ市政に│       │ │  │  │       │   反映しては          │       │ │  │  │       │ (4) 市民安全安心のために消防職員

新見市議会 2007-03-01 平成19年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

安全・安心への取組みは     │市長、総務企画│ │  │  │       │ (1) 消防本部の統合広域化、またデジ│部長消防長 │ │  │  │       │   タル化はどのように考えているか│       │ │  │  │       │ (2) 消防職員の半数が退職する今後10│       │ │  │  │       │   年間の採用計画は(研修期間の前│       

新見市議会 2005-06-01 平成17年6月定例会(第5号) 本文

こういった面も含めまして、何とか体制がとれないかということも協議をしていきたいと思いますけれども、ただ県外への搬送となりましたり、それから夜間市外への搬送となりますと、救急にかかわる消防職員、これを除いて非番の職員もおるわけですけれども、これが出ていくその後ほかの救急があったりとか、火災があったりとか、いろいろな万一事件が起きた場合に対応するためには、どうしても非番の招集をかけなければならないと、待機

総社市議会 2005-03-28 03月28日-01号

次に、869ページ、承認第213号 総社市消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例につきましては、消防職員及び消防団員に支給する賞じゅつ金の支給要件、種類、金額等について定めたものでございます。 次に、873ページ 承認第214号 総社市火災予防条例につきましては、火を使用する設備の位置、構造及び管理の基準等並びに危険物等の所蔵及び取り扱いの基準等について定めたものでございます。 

岡山市議会 1983-12-21 12月21日-11号

委員から,特殊な技能や法的裏づけのあるものを除いて職員を半減するという本会議での市長答弁を受けて,今後の消防職員の採用計画はどうなのかとの質問があり,当局から,現場職員を減らさずに,事務職員については再任用職員や嘱託職員を活用するなど,工夫することも必要ではあるが,今後とも退職者については採用により補充し,職員定数を維持していきたいとの答弁がありました。 

高梁市議会 1982-01-10 01月10日-04号

2点目としては、各種行事に合わせた予防広報を行って、文化財予防であるとか、危険物安全週間、林野火災予防デー、防火の日等々、消防職員、団員による訓練と宣伝活動を行っているところであります。 3点目としては、自主防災組織育成ということであります。いわゆる自分たちの地域は自分たちで守るということで、各家庭から火災を防止すると。

  • 1