43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

これを受けて委員から,横浜遊具の正しい使用方法をマニュアルでわかりやすく説明している例の提示があり,岡山市でも同様なものを作成することで真摯な姿勢を岡山市はアピールすべきではないかとの質問があり,当局から,今回のことを一つの大きなきっかけとして,これからは大人にも子どもにも正しい遊び方をしっかりと伝えて,安全使用していただけるよう取り組んでいきたいとの答弁がありました。 

新見市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 本文

この条例のもととなった中小企業の振興基本条例、先駆けとして制定された議員発議でございますが、これは横浜条例でございます。平成22年にもう施行されておりますが、昨年岡山であった議員の研修会に参加させてもらった折に、横浜基本条例を制定された議員発議を行った市議の方、直接来られてお話を伺う機会がございました。  

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

横浜の例では、自宅で死亡した母親76歳の遺体を放置した息子49歳が逮捕されております。この息子は、長年のひきこもりで他人とほとんど会話ができない状況であり、8050の予備群は非常に多いということでございます。  そこで、質問します。赤磐市の実態把握はされておりますでしょうか。  ひきこもりを抱える家族や本人の相談体制はどのようになっているのか。  以上、お答えをお願いいたします。  

赤磐市議会 2016-09-06 平成28年 9月第3回定例会-09月06日−04号

その方は、横浜では最初に定期券を買っておいていつでも使えるようになってる、それだと使いやすくて、そうすりゃあもっと皆バスに乗るし、外に出る機会がふえると。つまり、介護予防という意味からもそういうことを横浜さんがやってくれてるんだという話がありました。  これも市長も聞かれてると思いますが、市民バスバスは大きいけど、利用率が低い、もったいないという声も多くございます。

赤磐市議会 2015-06-30 平成27年 6月第3回定例会-06月30日−05号

例えば横浜では、市民の選択制度というものが設けられました。市民にとって個人情報を守るために接続をしてほしくないという制度を、その意向を尊重する市民選択制度でした。また、東京の国立市や福島県の矢祭町は、住民の個人情報行政として守れないという理由で接続を見合わせました。また、各地で、杉並区、長野県など憲法上の訴訟も起きています。  過去にこのような住民基本ネットワークということで失敗がありました。

赤磐市議会 2015-06-18 平成27年 6月第3回定例会-06月18日−04号

私は2002年に住民基本台帳の問題で大分あのときは大もめにもめまして、東京やたしか神奈川の横浜ですか、大きな自治体もこれは自治体として住民の個人情報を守れないシステムなのでくみしないということで、大分地方自治体も大きな反響がありましたし、要するに連携に対して拒否すると、システムに連携しないというような動きもありました。

赤磐市議会 2015-03-04 平成27年 3月第1回定例会-03月04日−04号

この介護は家の中のことを今、ヘルパーさんなんかもやっぱり手いっぱいやっておられると思うんですけども、環境課が行う介護サポートとして、その一つとしてこういうごみの収集をやってほしいなあと思うのは、横浜ですねえ、報道されとったやつを僕はちょっと見よったんですけど、非常にきめが細かいサービスをこういうことで、それは環境課のほうがやって、僕がちょっと見た映像の中では、軽四のほろの高いダンプの回収車が玄関のそばまで

赤磐市議会 2014-12-03 平成26年12月第4回定例会-12月03日−03号

一番高いと言われる横浜でも年間8,000ポイント、8,000円であります。軽減やその方法などから見ても、対価的性格を有するものではないと思いますし、ボランティアの本来の意義が薄れることにはならないのではないでしょうか。また、受け入れ側の介護施設等も、この制度の趣旨を丁寧に説明すれば理解をしていただけると確信をしております。  

赤磐市議会 2014-06-12 平成26年 6月第2回定例会-06月12日−03号

それから、横浜では、条例により、一定規模以上の建物やスポーツ施設、駅舎など、AEDなどの緊急資材を整備することが義務化されているということですが、赤磐市はどうでしょうか。赤磐市には、それと相当するような施設は、大きなものはないと思いますが、赤磐モデルみたいなものをこしらえてもいいんじゃあないかと思います。どうでしょうか。  

赤磐市議会 2013-12-03 平成25年12月第5回定例会-12月03日−02号

そういった中で、やはり大阪のほうにもそういうのがあると聞いたんですけど、私が調べたらちょうど横浜が青少年相談センターというんが、こういう立派な施設ですから、大きな市ですからこういうのができるんであろうなあと思ったんですけど、大きな建物の中にいろんな相談を受けれるような体制をつくっております。ほかの市も小さいなりにつくっております。

赤磐市議会 2013-06-13 平成25年 6月第3回定例会-06月13日−03号

一番高いと言われる横浜などでも8,000ポイントとお聞きしております。軽減額やその方法から見て、対価的性格を有するものではないと思います。ボランティアの本来の意義が薄れるものではないんではないでしょうか。  それよりも高齢化が進み、介護サービスの利用も増加しています。また、介護料もアップをしております。そのような状況の中、逆に元気な高齢者の方もたくさんふえております。

赤磐市議会 2012-03-21 平成24年 3月第3回定例会-03月21日−06号

最近、横浜の77歳の母親と重度の知的障害などを抱えた44歳の息子の孤立死のニュースは胸がつぶれる思いです。相次いで発覚した孤立死は、特徴が介護者が病で倒れ、自分で生きることのできない要介護者が後を追って亡くなるという悲劇だと報道されております。障害を個人家族責任とせず、社会全体で見る世の中にする努力が求められております。  

岡山市議会 2012-03-21 03月21日-11号

また,有料化しなくても啓発,市民協働でごみ減量を成功させている横浜などの先進自治体の例も報告し,まずは減量に取り組むことを私どもとして提案をしていました。実質ごみ量は減っていますが,分別方法や啓発など地域ぐるみの努力の結果であり,有料化がごみ減量に有効だったとは言えません。また,コスト削減といいながら環境センター廃止に踏み切らず,継続するお考えを変えようともしていません。

岡山市議会 2011-03-04 03月04日-10号

特に先進的な取り組みとして,横浜や宇都宮市の地域志向CSRなどステークホルダー・エンゲージメントを重視した地域貢献活動が推進されています。 そこで質問ですが,本市でもCSRの地域貢献活動を推進していくサポート体制を整備すべきと考えますが,御所見をお伺いします。 続きまして,農業を活用した障害者雇用の促進についてを質問いたします。これがCSRの一つの形となればとの思いで提案をいたします。 

赤磐市議会 2011-03-02 平成23年 3月第1回定例会-03月02日−04号

一番高いと言われる横浜でも年間8,000ポイント、8,000円であります。軽減額やその方法などから見ても、対価的性格を有するものではないと思いますし、ボランティアの本来の意義が薄れることはないのではないでしょうか。それよりも、先ほど申しましたように、高齢化が進み、介護サービスの利用は増加していますが、逆に元気な高齢者の方もたくさんふえておられます。

赤磐市議会 2009-09-18 平成21年 9月第5回定例会-09月18日−04号

横浜名古屋市東京町田市福岡県大木町、北海道富良野市神奈川県葉山町、上勝町などです。  さらにもう一つ、熊山の建設候補地に当たります岡、石蓮寺、佐古3地区からの要望の周辺整備事業というものを積算して10億円余りの見積もりを組合議会が提案しています。私は、この資料を見てびっくりしました。

赤磐市議会 2008-09-09 平成20年 9月第4回定例会-09月09日−04号

こうした中、女性消防隊の意識啓発等を目的に、横浜にあります日本消防協会中央消防訓練場において平成21年10月ごろ開催予定であります第19回全国消防操法大会へ赤磐市消防団熊山方面隊女性部の出場が決定し、またサラリーマン等の消防団員の増加により、日中の消防力の低下を補い、火災被害を最小限に軽減する初期消火活動の担い手となる女性消防隊のための資機材の整備を行うこととなりました。

岡山市議会 2007-07-02 07月02日-10号

そうして,ビジョンというのは横浜のみなとみらいじゃございませんけれども,私ももう何十年も前からみなとみらいっていうのを見てきましたし,勉強会にも行きましたけれども,やはり多少は変わっております。変わっておりますけれども,東京より変わったまちというのが何十年かかって今でき上がっております。

新見市議会 2006-06-01 平成18年6月定例会(第2号) 本文

税の滞納者の年代別分析はないか、やってないかどうかという質問でございますけども、実のところ、これはコンビニの納付のあり方で出てくるんですけども、横浜とそれからもう一件どこかだったと思うんですけどもちょっと忘れましたけども、私調べたところはその2件の中の対応の中で、やはり若い年代層がやっぱし県民税、軽自動車税、これについて非常にコンビニの支払い確度が高い。