8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

さて、ことしを振り返りますと、4月の桜まつりに始まり、棚田きんちゃいまつり、柵原DonDon祭り、久米郡ふるさと夏まつり、そしてたまごまつりにぽっぽまつりと、美咲町民皆様の元気な姿と笑い声が印象に残っています。

赤磐市議会 2013-09-06 平成25年 9月第4回定例会-09月06日−04号

近隣市町では、美作市においては都市住民が中心となって、NPO法人を設立し、棚田をテーマに地域の活性化に取り組んでいるとのことです。活動は都市農村の交流のほか、耕作放棄地となっていた棚田の再生にも取り組んでおられます。耕作放棄地の再生に限らず、地域活性化のモデルとして、本市において参考になる部分もあると思われますので、調査させていただきたいと思います。  

赤磐市議会 2013-06-13 平成25年 6月第3回定例会-06月13日−03号

また、質問でも御指摘のとおり、2つのNPO法人から障害者及び高齢者就労支援事業と英田の棚田再生に関連してフューチャーセンターを設置したいという活用案が寄せられましたが、岡山県が譲渡または賃貸借条件として提示した金額が提案主の思惑と大きく開きがあったため、以降の進展はございません。

赤磐市議会 2012-06-29 平成24年 6月第4回定例会-06月29日−05号

農山村棚田地域“農力”再生事業として行う。市としても耕作放棄地対策及び担い手対策について今後も市全体で取り組んでいくということで、機会があるごとに区長なり関係団体と協議しながら取り組んでいきたいと思っている。今後もこういった施策については可能な限り全市的に取り組んでいけるよう、PR等も含めて推進していきたいと考えているとの答弁。  

赤磐市議会 2012-06-12 平成24年 6月第4回定例会-06月12日−02号

遠くは瀬戸内海から四国を望み、西の谷には棚田の風景を見ることができます。残念なことには、頂上に近づくにつれ道路はがたがた、道路の端は崩れ、あげくの果てには倒木が道路をふさぎ、車の離合場所も少なく、せっかくのすばらしい場所も台なしです。この山を今はやりのトレッキングコースなどとして活用してもらいたいと思います。

赤磐市議会 2011-12-02 平成23年12月第6回定例会-12月02日−03号

6次産業というのは、私のほうから言うのは釈迦に説法ですけど、お隣の美咲町では耕作放棄地棚田が多いんです。美咲町は、棚田が売りなんです。観光地でもあり、棚田を見に来る人がおる。ところが、最近棚田がもう耕作放棄地になっとる。こりゃいけんというので、その放棄された棚田へ全部ソバを植えてですね。

岡山市議会 1974-12-13 12月13日-08号

当該地は,山間棚田の形状でありまして,市のほ場整備地域から除外された農地であったため,約10年間ほど作付をしないで保全管理を行ってまいりましたが,再び作付するためには,大型機械の利用が不可欠であり,みずからが形状を整える必要性から,埋め立てを行い,その後農地として利用しようと計画しているものでございます。 

  • 1