306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

本件は津山西川線共同バス運行事業で共同バスの更新のため、取得金額は1,539万4,595円であり、日野自動車株式会社津山支店からの購入で、政令で定める金額を超えているための案件で、共同バス事業でバスの老朽化及び経年劣化などで買いかえをするもので、美咲町が所有し、津山市より負担金としていただくとの説明で、ちなみに津山市の負担額は取得額から過疎債を除いた残りの部分の50%の説明でした。

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

構成団体は4団体になりまして、株式会社コナミスポーツクラブ、三要電熱工業株式会社株式会社研美社、みのる産業株式会社でございます。  管理業務の構成団体の業務分担につきましては、口頭のほうで答弁をさせていただきます。  まず、コナミスポーツクラブが事業統括、施設運営ということでスポーツ施設の管理運営、スポーツ事業の企画実施を行います。

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

その後、業務の内容、調査の内容等の詳細が内閣府のほうから決定され、これまで赤磐市が保有しているストックの資源、既存データ、過去の調査結果等が利用可能と判断した結果、1,998万円で株式会社ウエスコ岡山支社と株式会社日本経済研究所のジョイントベンチャーの企業のほうに契約のほうをさせていただいております。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

宇野自動車株式会社が運行されている赤磐循環バスにつきましては、運輸支局に平成31年3月末をもって運行を休止すると届けが出ております。運行開始以来の赤字と老朽化した車両の更新時期が原因と伺っておりますが、市民の移動手段確保のため、引き続きの運行継続をお願いしているところでございます。  

赤磐市議会 2018-11-27 平成30年12月第4回定例会-11月27日−01号

次に、去る10月16日、株式会社地方議会総合研究所の廣瀬和彦氏を講師に招き議会議員研修会を開催いたしました。  次に、去る11月13日、16日、19日に市内の6会場で議会報告会を開催いたしました。  次に、去る11月14日、議会改革に関する調査のため、佐藤武文議員、岡崎達義議員が視察研修を行いました。  

井原市議会 2018-10-04 10月04日-03号

7月豪雨災害に際しましては、災害協定に基づき緊急物資調達については株式会社イズミ、株式会社ハローズ、大黒天物産株式会社に避難者用食料及び飲料の対応をいただきました。

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

次に、市独自の支援策についてでありますが、7月中旬から下旬にかけて岡山県や株式会社日本政策金融公庫等の災害復旧に係る貸し付けの取り扱い開始を受け、復旧・復興に向け早期借り入れを希望する事業者にもご活用いただくため、去る8月13日に専決処分により元気応援商工業借入資金利子補給金の拡充を行っております。

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

△日程第10 報告第12号 平成29年度赤磐市水道事業会計資金不足比率について ○議長(金谷文則君) 続きまして、日程第5、報告第7号株式会社是里ワイン醸造場の経営状況についてから日程第10、報告第12号平成29年度赤磐市水道事業会計資金不足比率についてまでの6件を一括議題とし、提出者の説明及び細部説明を求めます。  

高梁市議会 2018-08-01 平成30年第4回 8月臨時会

契約の相手方、岡山県高梁市横町1541番地の5、中村建設株式会社・有限会社三宅工務店・大東建設株式会社特定建設工事共同企業体、代表者中村建設株式会社代表取締役中村浩巳。 工期でありますが、変更前は契約締結の日から平成30年8月31日まででありましたが、変更後は契約締結の日から平成30年10月31日までとするものであります。 

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

4月13日から15日まで、中央公民館前を発着点とした約1キロのコースで宇野自動車株式会社とSBドライブ株式会社が自動運転バスの試乗会を開催されましたが、赤磐市といたしましても両者からの依頼に応じ関係機関と調整に努めるとともに、試乗会の準備や当日の受け付けなどにも協力させていただきました。市民の皆様に自動運転というものについて知っていただくよい機会になったのではないかと考えております。  

鏡野町議会 2018-05-08 05月08日-01号

本事業は、鏡野町が名勝奥津溪の景観保護のため、株式会社中国銀行が所有している土地を取得するものであります。 今回、財産の取得予定価格が700万円以上であるため、議会の議決を求めるものであります。 詳細につきましては総務課長より説明させますので、よろしくお願いをいたします。 ○議長(岸泰廣君) 続いて、担当課長から内容細部の説明を求めます。 総務課長藤田君。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

あかいわ地域商社につきましては、今どういう状況なのかというのは、ずっと委員会ごとにいろいろと御説明をしていただいてるんですけども、農カフェを開いたであるとか、そういったAKAIIWAの株式会社だとか、そういったお話もずっと随時あって、先ほど御報告したとおりでございます。済みません。よろしくお願いいたします。  

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

収集業者でございますが、可燃ごみ及びプラスチック製容器、包装類の収集は、市内業者ではなく、瀬戸内市の株式会社東備環境、その他動物死体の回収等は赤磐市シルバー人材センターでございます。  続きまして、焼却灰処分委託料4,439万1,000円はいつまで委託するのかについてお答えさせていただきます。  焼却灰最終処分の委託につきましては、市内に最終処分場ができるまでは継続する必要がございます。

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

また、桜が丘西8丁目地内、山陽北小南側の赤磐市が所有する土地と、桜が丘西5丁目地内、ショッピングセンター南側に隣接する大和ハウス工業株式会社が所有する土地の交換に向けて、町内会等と話し合いも進めております。ショッピングセンターの跡地につきましては、桜が丘の中心部に残された最後のまとまった土地でございます。極めて重要な資産と考えております。

赤磐市議会 2017-12-18 平成29年12月第5回定例会-12月18日−05号

委員より、入札の状況、今後の利用計画について説明をとの質疑に、執行部は、平成29年10月19日に一般競争入札の公告、11月13日に開札、応札は1業者で、東芝メディカルシステムズ株式会社岡山支店、決定金額は2,978万円、履行期間は契約締結日から平成30年3月20日まで。利用件数は月に20件から30件程度を見込んでいる。

赤磐市議会 2017-12-05 平成29年12月第5回定例会-12月05日−04号

開札の結果、応札は1業者で、東芝メディカルシステムズ株式会社岡山支店の応札となりました。  金額は妥当かという御質問でしたが、金額は妥当だと判断いたしております。  今後の利用につきましては、がんの早期発見や高齢者に多い骨粗鬆症による骨折の診断等に活用していく計画でございます。  

赤磐市議会 2017-11-29 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号

この事業の支出におきましては、その性質から、株式会社AKAIIWAを補助金候補対象者として赤磐市補助金等交付規則に基づき実施しております。手続では、年度ごとに事業計画書を提出いただき、実績報告書に基づく補助金の支出を行っております。したがいまして、市と地域商社の間では委託契約書などは作成しておりません。  それから、英国庭園の新施設と駐車場についての御質問をいただきました。

赤磐市議会 2017-11-27 平成29年12月第5回定例会-11月27日−01号

4、契約の相手方、岡山県都窪郡早島町矢尾843、東芝メディカルシステムズ株式会社岡山支店支店長吉田素忠様。  平成29年11月27日提出。赤磐市長友實武則。  これにつきましては、佐伯北診療所にCTを取得、設置し、北部地域の医療体制の充実を図るものです。  入札は、一般競争入札条件つきを実施し、東芝メディカルシステムズ株式会社岡山支店が落札し、11月17日に仮契約を済ませております。  

赤磐市議会 2017-09-27 平成29年 9月第4回定例会-09月27日−07号

業者は株式会社エヌ・イーサポートで、ばいじんの分析調査はひょうご環境創造協会であるとの答弁。  委員より、金額が高いが妥当かとの質疑に、執行部は、入札により業者選定を行っている。一定の資格証明等を持った事業者に委託し、適正なデータ収集、分析を行っているとの答弁。