566件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高梁市議会 2022-09-22 09月22日-06号

また、新型コロナウイルス感染に関して、医療現場負担を軽減するためには、国民一人一人の自覚も大切であることなどを考えると、不採択とすべきではないかとの意見も出されました。 採決の結果、賛成少数で不採択とすべきものと決したところでございます。 以上、要点のみを申し上げ、市民生活委員会の報告といたします。            

浅口市議会 2022-09-22 09月22日-05号

歳入の主なものは、総務費新型コロナウイルス感染対応社会的環境整備事業費1,556万5,000円、教育費公共施設LED照明導入事業費3,763万1,000円。 歳入の主なものは、新型コロナウイルス感染対応地方創生臨時交付金1,178万8,000円、公共施設等適正管理推進事業債3,370万円であります。 地方債補正は、公共施設等適正管理推進事業3,370万円を追加するものなど2件です。 

浅口市議会 2022-09-14 09月14日-04号

浅口市では、あさくちメールやLINE、それからホームページを活用して、市からのお知らせとして、先ほど議員がおっしゃいました、新型コロナウイルス感染に関する情報でありますとか、迷子のペット情報、このほか各種イベント手続案内をはじめ、市政運営方針各種施策、それから活動状況など、必要な情報市政に関心を寄せていただきたい情報を分かりやすく、適切なタイミングで周知していきたいというふうに考えております

高梁市議会 2022-09-13 09月13日-05号

次に、その下にあります消費生活集客対策業務委託料でございますけども、これについては成果表では新型コロナウイルス感染影響により停滞した地域経済活性化のため、キャッシュレス決済によるポイント還元事業を実施したということで、確かにこの時期になると大型店については、市内外から大勢の方が来られて買物されたように思いますが、この事業がどういうふうに地域経済活性化につながったのか。

浅口市議会 2022-09-13 09月13日-03号

新型コロナウイルス感染対策についてお聞きいたします。 岸田政権コロナ対策無為無策によって第6波、第7波が猛威を振るい、8月は全国感染者数も最多となり、浅口市でも今までにない感染者数となりました。9月に入っても毎日数十人の感染者が確認されており、まだまだ収まる気配はありません。 そこでお聞きいたしますが、市内の現在の感染状況自宅療養者の数を教えてください。

浅口市議会 2022-09-12 09月12日-02号

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大により感染症対策を最優先に行うべき状況が生じたことから、令和2年5月に新体制のスタートを当面延期とし、検討を中断しているところでございます。 以上でございます。 ○議長伊澤誠) 市長。 ◎市長栗山康彦) それでは、私のほうから、今担当が今までの経緯はお話をさせていただきましたので、支所の在り方の見直しということで答弁をさせていただきます。 

高梁市議会 2022-09-08 09月08日-02号

新型コロナウイルス感染対策についてです。 新型コロナウイルス感染拡大の一途をたどり、私が言うまでもなく皆さん御存じだろうと思うんですけれども、市民生活に大きな不安をもたらしています。高梁市はこの現状をどのように認識し、どのような対策を取ろうとしているのかを聞きます。 国は海外渡航者の緩和をするというのが今日の朝のニュースで出てました。感染症での自宅待機期間も短縮する。

浅口市議会 2022-06-30 06月30日-05号

歳入の主なものは、新型コロナウイルス感染対応地方創生臨時交付金3,075万円、子ども・子育て支援施設整備交付金2,421万6,000円であります。 地方債補正は、緊急防災減災事業を1,090万円増額するものです。 原案のとおり可決すべきものと決定しました。 3、議案第52号令和4年度浅口一般会計補正予算(第3号)(所管分)について。 

浅口市議会 2022-06-22 06月22日-04号

市長栗山康彦) 議案第52号令和4年度浅口一般会計補正予算(第3号)につきましては、新型コロナウイルス感染対応原油価格物価高騰等総合緊急対策事業費を計上するもので、2億4,360万2,000円の増額補正を行うものであります。 詳細につきましては、担当部長から説明をさせます。よろしくお願いいたします。 ○議長伊澤誠) 担当部長補足説明を求めます。 企画財政部長

高梁市議会 2022-06-16 06月16日-03号

では、1問目の新型コロナウイルス感染対策地方創生臨時交付金についての質問をさせていただきます。 (1)の米生産者に対し他市においては何らかの形で支援をしているが、本市はなぜしないのかということでございます。この支援金については全国で3,770人の不正受給が発覚していると言われていますが、急な支援のため隙があったかもしれません。

瀬戸内市議会 2022-06-15 06月15日-04号

コロナ禍に加えてウクライナ情勢などにより原油価格物価高騰等に直面する市民事業者の皆様の負担軽減を実施できるよう、国において新型コロナウイルス感染対応地方創生臨時交付金の中にあるコロナ禍における原油価格物価高騰対応分が創設され、地方公共団体に配分されたところです。本市でもこの限られた財源を有効に活用し、原油価格物価高騰等影響に直面する方などを支援する予定としております。 

高梁市議会 2022-06-15 06月15日-02号

また、ワクチン接種に関しては、高梁新型コロナウイルス感染に係る予防接種実施計画というものがございます。これによれば、初回、2回を含めて、3回目接種令和4年、今年の9月30日までとなっております。残るところ3か月余り。より一層、打ちたいと思われる方の接種漏れがないように、体制の強化が必要なのではないかと考えます。 というのも、一つに市のデータでも、4月と6月を比べれば、接種率が倍になりました。

瀬戸内市議会 2022-06-14 06月14日-03号

公明党は、物価高騰新型コロナウイルス感染の再拡大梅雨期集中豪雨など何が起こるか分からない事態に備えるためにも、補正予算の成立に貢献をいたしました。公明党瀬戸内市議団として川勝議員と一緒に、最大限活用して、必要かつ的確な支援を行い、市民生活を守れるよう、市長に対し地方創生臨時交付金活用要望を提出させていただきました。 その要望から質問をさせていただきます。