99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第3号) 本文

今でも厚生労働省文科で分かれとるように、もともとの考え方が違うものを、その保育園のあり方検討会で議題があったんならわかりますけど、幼稚園のあり方検討会での答申を持ってくるのはいかがなもんかと思うとともに、やはり委員会であったように応募が10人を切れば休園。休園ということも、やはり市民へわかるような形で出してもらっておれば、これほど問題はなかったかと思うんです。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

文科から都道府県教育委員会などに7月27日を最終報告とする安全点検等状況調査が依頼され、また学校施設が常に健全な状態を維持できるよう適切な管理について通知もされたとお聞きしていますが、赤磐市におきましても子供たちを守るための迅速に適切な安全点検、安全対策が重要であると考えます。  

新見市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第2号) 本文

他市においては、文科から示されている学校の標準規模というのがございますが、市町によって学校の規模について一定の基準を設けようというようなことも文科からの指導も受けております。県教委からも、そういう指導もいただいておりますので、一定の基準を設けるということは今後一つ考えないといけないことではないかと考えております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

◆4番(佐々木雄司君) 国、文科さんのほうに、担当部署のほうにお尋ねをいたしましたら、平成20年だったと思うんですが、国のほうからは、県下市町村に対して通学路の安全確保に努めなさいよと、その安全確保の基準としては、交通量の多いところは省きなさい、歩道がないところはだめよと、好ましくないよ、ガードレールがないところもそうですよということで、国のほうから指示はさせていただいているんですよという、そういったお

赤磐市議会 2017-09-08 平成29年 9月第4回定例会-09月08日−06号

しかしながら、放課後児童クラブといったら大きい意味でいうたら、文科管轄になるんじゃないかと思いますが、それがこういうことができるというのは、できるという法律でやっとんで運用しとるんだからいいと思いますが、ぜひこういう、もしそこの保育所がやられるところでありましたら、大変申しわけないですけれど、私も今回は決算審査委員にならないつもりでしたがなり、委員長を受けさせていただきました。  

赤磐市議会 2016-09-29 平成28年 9月第3回定例会-09月29日−06号

委員より、他市がしている教育特区についてどう考えるのかとの質疑に、執行部は、各学校が国の決めた授業時数を超えて行う場合は文科許可が要る。近隣では和気町が英語特区ということでやっている。先般報道のあった総社市の場合は体育特区、音楽特区ということで、これは市内の学区制をなくして市内のどこからでも特定の学校へ通えるというものであるとの答弁。  

新見市議会 2016-09-01 平成28年9月定例会(第2号) 本文

41 ◯教育部長(安藤暢重君) 運営方針につきましては、図書館の設置及び運営上の望ましい基準文科が示しておりますが、これに当然基づいてということになろうかと思いますが、先ほどお話がありましたように、策定の中では、図書館議会であるとか一般の市民の方々にこれまでも聞いてはきておりますが、そういったものを踏まえまして策定していくというように考えております

新見市議会 2016-09-01 平成28年9月定例会(第3号) 本文

136 ◯産業部長(安達悦久君) お話のとおり、この事業は3省、文科農水省、それから総務省、この3省の合同事業でございまして、全国2万3,000校の小学校が対象の事業でございます。目的の趣旨は、学ぶ意欲や自立心、思いやりの心、規範意識などを育み、力強い子供の成長を支える教育活動として行うんだと。

新見市議会 2016-06-01 平成28年6月定例会(第4号) 本文

一昨日から文科では、世界記憶遺産を世界の記憶と呼ぶように変わったようでございますので私は世界の記憶と申し上げさせていただきますが、本市での世界の記憶の新見庄に関連した観光振興事業といたしましては、東寺ゆかりの荘園をめぐる新見庄田んぼバスツアーなど開催しているところです。本年度策定に着手する観光戦略において新見庄を一つの柱に位置づけ観光振興につなげてまいりたいと考えております。  

赤磐市議会 2016-03-18 平成28年 3月第1回定例会-03月18日−06号

例えば、せんだって勉強しましたけど、今、学校地域支援会議という体制が非常に文科も進めています。地域の人たちが学校運営にかかわって、地域の中で学校をどういうふうに運営していくか、どう盛り上げていくか、地域をどう活性化するかっていう形で学校地域支援会議ができています。例えば、吉井中でそれができないのか。

新見市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会(第3号) 本文

文科の調査によると、全国では平成26年公立学校保護者が負担する給食費は、小学校中学年で月額約4,266円、中学校は月額約4,882円だそうです。1食当たり300円弱のところが多く、昔からの上がり幅も物価の上昇に比較して緩やかです。新見市では、各共同調理場と新見学校給食センターによって給食費が違うようです。  

赤磐市議会 2015-09-04 平成27年 9月第4回定例会-09月04日−04号

そして、文科の調査では、既に実施している実践校のうち9割近くが中1ギャップの解消、子供たちの学力や生活態度の向上、小中学校教員同士の交流による授業内容の改善等々成果が認められていると高く評価されております。本市におきましても、もっと積極的にこの小中一貫教育に取り組んでいくべきと考えます。  そこで、以下2点お伺いいたします。  

赤磐市議会 2015-06-12 平成27年 6月第3回定例会-06月12日−03号

ことしの1月19日、小中一貫校による統廃合をさらに促進させるであろう文科公立小学校中学校の適正規模配置等に関する手引き、これ案、が公表されました。これに対して、和光大学教授の山本由美教授は次のように言っております。  今回の文科の手引きには別の可能性があります。統廃合を行わない選択肢についての記載が極めて充実していることです。

新見市議会 2015-06-01 平成27年6月定例会(第3号) 本文

財政面では、文科から学校施設環境改善交付金として、屋内運動場を含む普通教室等全ての部屋に冷暖房設備を設置するための経費の3分の1を交付金措置するとしているものもあるようですので、エアコン設置に向けて取り組んでいただきたいと申し述べさせていただき、御答弁は結構です。  2点目に、熱中症対策についての学校での取り組みはどのように指導しているのかをお尋ねします。  

新見市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第3号) 本文

今年の1月でしたか、文科が指針を出しましたね。1学年に1クラスのとこがある学校は統合を検討しなさいと。最低でもクラス替えができるような考え方を持ちなさいというふうに、指針を出してきとると思います。そうすれば今、西方、高尾、上市、69名ずつです、全員で。ということは、1学年1クラス。それは早急に検討する余地が、僕はあるというふうに思ってます。千屋小学校が今21名です。

赤磐市議会 2014-12-02 平成26年12月第4回定例会-12月02日−02号

◆8番(金谷文則君) 小中一貫ということについてこの教育の中で大きな問題っていうか大きな焦点、これは文科のホームページを見ても相当量取り上げられておられます。それから、新聞等も取り上げてきている。ほんから、うちの同僚議員の治徳議員からも公明党新聞の中にこういう記事があったんだといって2回ぐらい私のほうにもお届けをいただきました。