79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高梁市議会 2020-08-31 08月31日-05号

我々高梁市消防といたしましても、まずは操縦する操作員養成、それから機種についても様々ございます。ですので、そういった機種の選定、それからどういったことで消防の中で、例えば救助であるとか、捜索であるとか使えるのかというのは今検討している段階でございまして、これからも検討していきたいと思っております。以上です。 ○議長小林重樹君) 以上で通告による質疑は終わりました。 

真庭市議会 2019-09-09 09月09日-03号

ところが、今はこれは日進月歩ですから、今のドローン操縦機体カメラ映像を手元のディスプレーで見ながら簡単に操作できるということでありますけども、使いにくいということで現実にはだんだんというか、そういうデモンストレーションはしましたけど、実際になかなか使いにくいということで今の状態になってるということです。 

岡山市議会 2019-06-20 06月20日-06号

最後に,訓練のカリキュラム,場所についてですが,ドローン操縦,安全運行に関する外部講習職員を派遣するほか,指名した職員に対し当局訓練要領に定める10時間以上,8項目にわたる訓練消防教育訓練センターなどの局内施設で行い,操作技術向上を図ってまいります。 以上です。     〔12番柳迫和夫議員登壇〕 ◆12番(柳迫和夫議員)  御答弁ありがとうございました。 

真庭市議会 2019-06-06 06月06日-03号

それから、1項目めで効果があるということがわかったときに、ドローンのオペレーターの操縦養成、それとか幾らかテスト的にドローンを購入していただき、その対応をしてみたらということもありますので、そこら辺市長の御見解をお伺いしたいと思います。 それから、周辺部に出向きまして一番声が出ますのが、さっきの猿の問題と、それから、私らはもう捨てられとんだというような寂しい声が出ることがあります。

高梁市議会 2019-03-11 03月11日-02号

例えば、アメリカのほうでありますけれども、そういうドローンを操作して競争する、体育館とかにコースをつくってドローンでレースをするような、例えば学校単位でそういったチームをつくって、選抜してみんなでそれを競い合うというようなことがあれば、少しでも早くどうやったらうまく操縦できるのか、どうやったら少しでも速くドローンを飛ばせるのかとかそういったものにもなりますし、そういう競技性を持たせたり、あとはカスタマイズ

笠岡市議会 2019-03-07 03月07日-04号

政府は,ドローンのさらなる用途拡大に向け,操縦者が目で直接確認できなくても機体を飛ばせる目視外飛行を認めるなどの規制緩和を積極的に進めております。ドローンによる遠く離れた場所への荷物搬送も始まっております。国土交通省によれば,2017年度のドローン飛行許可承認申請数は約1万9,000件と非常に多い。それだけにドローンの普及で経済発展をもたらす「空の産業革命」への期待は非常に大きいと思われます。 

倉敷市議会 2019-03-04 03月04日-05号

この件は要望としておきますが、日ごろからゴムボートの組み立て、操縦訓練なども必要と考えますので、ぜひとも前向きに御検討をお願いいたします。 次に、遠隔操作避難所鍵ボックスの鍵を開錠できるシステム導入についてお尋ねします。 大地震や津波などの災害時に、住民に避難指示を伝えるのと同時に避難所の鍵を自動であけるシステムが開発されました。

瀬戸内市議会 2019-02-28 02月28日-04号

ローン操縦するにはドローン機材の購入と操縦技術者の確保が必要となるため、岡山県内の幾つかの自治体ではドローン事業者災害応援協定を締結しています。災害時には応援協定に基づき自治体から事業者にドローン機材操縦技術者の派遣を要請し、被害状況調査緊急物資の輸送、人命捜索などへの協力を依頼することとされています。

高梁市議会 2018-12-10 12月10日-02号

しかし、そんな折、川上町方面から何台かの車が冠水区間の手前まで迫り、1台は無謀にも突進し、あえなく水に飲み込まれ操縦を失われ、放っておけず団員で引きずり上げたということがありました。これも各地域局、本庁や消防団等情報が迅速にでき得る限りリアルタイムで共有され、更新されていたなら防げたことなのかもしれません。 

岡山市議会 2018-09-19 09月19日-09号

ローンについては,今年度内に総務省消防庁から無償で配備される予定となっており,本年10月から操縦隊員の養成を始めることにしております。現在,運用方法などについて検討を行っているところで,早ければ来年4月から災害現場における情報収集などに活用してまいりたいと考えております。 以上です。 ◎荒島茂樹市民生活局長  スポーツ環境向上に向けての御質問に一括してお答えいたします。 

岡山市議会 2018-09-10 09月10日-03号

初めに,長野での事故を受けて国からの提言の有無と取り組みについてですが,本年3月,国からの検討会報告書の中で2人操縦体制導入ヒヤリ・ハット事例共有化などを求める提言がありました。ヘリの運航に関しましては,操縦士の体調変化ヒューマンエラー,気象の急変などさまざまなリスクがありますことから,当局では既に2人操縦体制を確保し,安全教育の徹底も図っております。 

岡山市議会 2018-06-20 06月20日-04号

消防活動用バイクは,大規模災害発生時の情報収集初期消火救助や救急などの初動活動に効果的であると考えておりますが,単独行動危険性,高度な操縦技術の習得,積載装備など検討すべき課題が多くありますことから,今後調査研究してまいりたいと考えております。 以上です。     〔13番太田栄司議員登壇〕 ◆13番(太田栄司議員)  御答弁ありがとうございました。 

笠岡市議会 2018-03-08 03月08日-04号

ローン技術日進月歩ですし,価格は安価となっていることや操縦も簡単であります。先日,私も操縦させていただきました。行政の日常業務として効率かつ効果的な活用方法を数多くあると思われますが,導入の考え方についてお尋ねします。 例えば,災害時など人が着けない場所や高所などの危険場所及び農林水産業や観光,または行事ごとなどに活用できると思います。

備前市議会 2018-03-07 03月07日-02号

ちょっと操縦ミスがあったんじゃないかなあ。ですから、私よく言うんですけど、今でも岐路はあると。ですから、その岐路をよう見てもらって、何もできん、何もできんじゃなしにやっぱりデータ持って分析して操縦してほしい。