1792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

なぜなら、議員が口ききをし、賃金について指示をし、金が議員に流れてるという証言があるのですから、議員及び職員損害賠償を求める告発をするべきです。そうでないと赤磐市の400万円か700万円は、要するに損害があっただけです。だったらいいですよ、三役で払ってください、700万円。それでもいいですよ。そんなことあり得ないでしょ、責任の所在を明らかにしなきゃいけないんだから。

笠岡市議会 2024-09-17 09月17日-06号

続きまして,議案第57号損害賠償の額を定めることについてを議題とします。 これより質疑に入ります。 ただいまのところ質疑の通告はありません。 御質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長栗尾順三君) 質疑を終結します。 お諮りします。 ただいま議題となっております議案第57号は,会議規則第35条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。

倉敷市議会 2023-09-03 09月03日-01号

バス専用駐車場)  議案第124号 工事請負契約について(倉敷市庁舎低層棟耐震補強建築工事)  議案第125号 工事請負契約について(倉敷市立穂井田認定こども園園舎建築工事)  議案第126号 路線の廃止について  議案第127号 倉敷市琴浦公民館建替事業委託契約について  議案第128号 物品購入について(大型高所放水車)  議案第129号 物品購入について(高規格救急車)  議案第130号 損害賠償

倉敷市議会 2023-06-10 06月10日-01号

について  報告第 6号 平成30年度倉敷下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書報告について  報告第 7号 平成30年度倉敷市一般会計事故繰越し繰越計算書報告について  報告第 8号 平成30年度倉敷財産区会繰越明許費繰越計算書報告について  報告第 9号 平成30年度倉敷水道事業会計予算繰越について  報告第10号 平成30年度倉敷市立市民病院事業会計予算繰越について  報告第11号 損害賠償

玉野市議会 2022-12-16 12月16日-06号

条例 議案第84号 玉野介護保険条例の一部を改正する条例 議案第85号 玉野成年後見制度利用促進審議会条例 議案第86号 指定管理者指定について(サンライフ玉野) 議案第87号 玉野建設関係手数料条例の一部を改正する条例 議案第88号 契約の締結について(玉野学校給食センター整備運営事業)(議会の委任による専決処分報告報告を受けて終了)第2 報告第19号 専決処分報告について(和解及び損害賠償

瀬戸内市議会 2022-12-05 12月05日-04号

認知症の方が起こした事故に対する損害賠償保険加入費用補助制度についての検討結果は。 これもまた、以前質問したときに今後検討していくということを言われたと思うんですが、その後どのようになったかお教えください。 それから、③高齢者の見守りにも寄与している配食サービス事業に対する助成金をもっと手厚くしては。 

備前市議会 2022-12-04 12月04日-02号

赤穂線香登周辺整備について  ⑦ 高齢ドライバー事故防止の「安全運転装置設置補助について市長 教育長5 介護認知症対策について  ① 介護予防調査員拡充について  ② 次年度地方交付金確保施策は十分か  ③ 認知症サポーター拡充について  ④ 認知症チェックリストの活用で早期発見を  ⑤ 認知症等高齢者徘徊支援にQRコード付き見守りシールの導入について  ⑥ 認知症等高齢者事故救済のための損害賠償保険補助

赤磐市議会 2021-11-29 11月29日-03号

例えば少し前に認知症高齢男性が列車にはねられて鉄道会社から遺族に対して高額な損害賠償を求められたニュースが大きく報道されて覚えている方がいらっしゃるかもしれません。そうなると、加害者被害者も家族も大変な状況になります。そこで、認知症高齢者に対して救済を目的に賠償保険補助などを行う自治体が全国的に多くなっております。お隣の瀬戸内市も来年度から始めるとしました。

備前市議会 2021-09-13 09月13日-04号

平成30年度備前市病院事業会計決算認定について厚生文教付託議案第112号 平成30年度東備農業共済事務組合農業共済事業特別会計決算認定について総務産業付託議案第113号 財産取得について総務産業付託議案第114号 財産取得について総務産業付託報告第 10号 継続費精算報告書報告について──報告第 11号 平成30年度健全化判断比率及び資金不足比率報告について──報告第 12号 専決処分損害賠償

瀬戸内市議会 2021-09-05 09月05日-03号

認知症の方が起こした事故に対する損害賠償保険加入を推進するために、加入費用に対する補助制度を設けてはということでございます。 これは6月議会一般質問のときに高齢者交通事故ということを質問させていただきました。それにも関連するような格好でございますが、結局事故を起こした方が認知症の方であるかどうかというのは事後に検査なりそんなんも含めてしないといけない部分がございます。

鏡野町議会 2021-06-25 06月25日-05号

ア、寄附をしたのは個人であり、町と違って損害賠償責任を負う立場ではないので、寄附した者は法律上、犯人に弁償を請求できない。 イ、社協損害寄附によって実質的には回復されているが、行われたのが賠償ではなく寄附なので、社協損害は法的にはなくなっていないと考えられる。 (4)総合所見。 ア、鏡野町は、もともと社協損害を町の公費で賠償する義務がある。

津山市議会 2021-06-17 06月17日-01号

         ││     │議案第 3号 津山災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例  ││     │議案第 4号 津山建築関係手数料条例の一部を改正する条例        ││     │議案第 5号 津山過疎地域固定資産税の特例に関する条例        ││     │議案第 6号 津山執行機関付属機関設置条例の一部を改正する条例    ││ 第 4 │議案第 7号 和解及び損害賠償

真庭市議会 2021-05-31 05月31日-01号

市長太田昇君) ただいま上程いただきました報告第2号専決処分報告については、地方自治法第180条第1項の規定により、真庭市議会の議決を経て指定された市長専決事項として、市の義務に属する損害賠償の額の決定及び和解につきまして専決処分したものを同条第2項の規定により別紙のとおり報告するものであります。