315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

それを受け委員から,本当に当事者が願っている相談窓口や学校生活への配慮,さらには医療現場でのパートナーとのやりとりなど,性的マイノリティーの方々の人権を守りながら環境を前に進めるということはこの条例改正だけでは限界があり,別の制度が必要であるとの意見があり,当局から,例えばパートナーシップ制度についても受け手側で理解されないことがあるかもしれないので,まずは意識の醸成を図るための啓発を行っていきたいとの

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

また、交通安全教育推進費で高齢者先進安全自動車購入費補助金200万円でありますが、40件ほどの追加を見込んでいるということで、住民の安全意識が高まっているようであるとの説明でありました。 産業観光課関係では、有害鳥獣駆除費150万円については、県補助が野猿、鹿が通年となり町補助も同様に対象としたため、有害鳥獣の捕獲頭数が増加の見込みをしている。 

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

役所に届けていただきましたら即座に総務省のJ−LISのほうに報告をするようになっておりまして、そこで一旦もうすぐに停止という措置をするようにはなっておりますので、そこのところは御本人がどのような意識を持っていただくかということにはなってまいりますが、もうそちらのことは徹底して窓口でも御説明をさせていただいておりますし、コンビニ交付以外でも他のものに使われるおそれがありますので、そのあたりはさらに周知徹底

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

入浴中に意識障害を起こすと声を上げることもできずに溺死してしまうという事例が後を絶たないそうです。その理由として、風呂場と脱衣場の温度差が引き起こすヒートショック、これは急な温度変化による血圧や脈拍の変動が原因と考えられています。その他に熱中症、心筋梗塞、脳梗塞、アルコールによるものなどさまざまな要因が上げられています。それにしても、年間1万9,000人というのは穏やかではありません。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

最終退校時間を設定するなど、時間を意識した働き方が浸透してきたからというふうに分析をされておるんですが、その時間までに最終退校時間までに業務が終わらなかったら、自宅に持ち帰って残りをすることになるとかというふうになってくると思うんですけれども、そうなると個人情報とかの情報を持ち出すようになってきますから、情報が漏えいする可能性もあり危ないので、それを考えるとやっぱり学校に残って仕事をしたほうがいいのかなというふうになってくるんで

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

また、この計画の基本理念は、「人とまちをつなぎ、くらしを支え続けるみんなの公共交通」であり、この基本理念を支える3つの基本方針は、持続可能な公共交通の仕組みづくり、それからまちづくりにつながる公共交通整備、それから市民行政が共に公共交通をつくるという意識づくりとしております。

総社市議会 2018-10-17 10月17日-01号

今後、二度とこのようなことが繰り返されないよう、片岡市長をはじめとする職員が一層高い意識を持って再発防止の強化を図るよう、この後、厳重なる注意を行うことといたします。 これをもって、10月臨時市議会閉会いたします。              閉会 午後1時19分 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。              

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、市地域公共交通会議負担金について説明をとの質疑に、執行部は、市地域公共交通会議において市の公共交通の指針となる公共交通網形成計画を策定する基礎資料として、市全体の地域公共交通に対する住民の意識調査や需要を確認するためのアンケートを行った事業に充てたものであるとの答弁。  

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

こういう認識を変えない限り、済いません、赤磐市の学力向上しませんよ、問題意識を持ってないから。持ってください、問題意識を。  それで、質問します。  1番目、35人以下教室とかベネッセのタブレット教育していただいてます。効果が出てません。なぜですか。お答えください。  市長は5年前に就任されてると思いますけれども、そのころから児童・生徒の学力低下が叫ばれてたというふうにお聞きしてます。

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

中学生海外研修事業については、AMDAが中学高校生会の事業として実施している、スリランカにおける平和構築プログラムに参加することで、スリランカの学生と平和教育を初めとしたさまざまな活動を通じて交流を深め、社会貢献意識の高い人材を育てることを目的としており、まさにこの理念に合致するものと考えております。  また、グローバルキャンプ事業につきましては、環太平洋大学との連携協定に基づく事業でございます。

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

認定特定非営利活動法人AMDAが民族の相互理解に向けて取り組む事業に市として社会貢献意識の高い人材育成目的として参加者を募集し実現したものでございます。  8月11日には、赤磐市花火大会が開催されました。市内外から約2万3,000人もの人々が訪れ、2,000発の打ち上げ花火や仕掛け花火に歓声を上げておられました。

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

でも、やはり社会の機運が子育てに対して優しくないと、理解がないと、女性の方として、やっぱり子供を産んで育てるということは厳しいと思うというようなところで、徹底的に住民といいますか、国民意識啓発っていうところ、こういったようなところに力を入れていきましたよというような話がありました。今、そのお話を、自分の子供が1歳6カ月になりまして振り返ってみましたら、まさによくわかるなと。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

一概には比較することは困難であり、想定外の災害に対して対応策を講じることは非常に難しいことではありますが、学校現場における教職員は常に危機意識危機管理意識を持つことが必要と思います。  そこで、お尋ねいたします。  現在、学校現場において、当然のことながら避難誘導マニュアルは作成されていると思いますが、それぞれの地域の状況、特色を踏まえた避難誘導マニュアル作成の見直しが必要ではないかと思います。

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

今以上に安全運転の徹底と業務遂行の危機意識を常に持つように日々注意喚起を行っておるところでございます。今回の事故につきましては、まことに申しわけございませんでした。 ○議長(金谷文則君) 塩見建設事業部長。 ◎建設事業部長塩見誠君) 先ほどの道路の穴の件でございますが、道路パトロールにつきましては、現在週2回半日でパトロールのほうをいたしております。

総社市議会 2018-05-27 05月27日-01号

そして、議会の皆様とともに相談した上でのことでありますが、できれば7月6日をそうじゃ防災の日とし、災害の記憶を決して忘れることなく、後世へ語り継ぎ、防災意識を高める取組を行っていきたいと考えております。今年は、様々な場面でお力添えをくださった皆様方をお招きをいたしまして1周年の式典を開催し、お亡くなりになられた方々への追悼を行うとともに、復興の誓いを新たにしたいと考えております。 

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

◎市長(友實武則君) 財政調整基金の繰り入れの考え方でございますけども、国の動向、合併特例債や財調の見方について意識は当然しております。しかしながら、財政調整基金というのは、柔軟に財政運営するために財源不足を補ったり、そういった柔軟な財政運営をするためにこの財政調整基金を積み上げているものでございます。

新見市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

各種事務事│福祉部長産業│ │  │  │       │  業にコスト意識と合理化や事業の目│部長建設部 │ │  │  │       │  標数値を掲げ、より効果を高めるこ│長、教育部長 │ │  │  │       │  とを求めて次の各部署の事務事業に│       │ │  │  │       │  ついて質す           │       │ │  │  │