53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

隠れ待機児童をふやすような岡山市保育施策の抜本的見直しを求めて,この予算条例改正案に反対します。 次に,甲第59号議案岡山市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について。 これは,家庭保育事業の給食に第三者による外部搬入を導入しようとするものです。家庭保育とは,子どもを5人まで預かる保育事業です。

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

また、これにつきまして待機児童は今赤磐では解決できとるそうですが、やっぱり例えば私が長男としてAという保育所へ行っとった。松田さんが弟でAという保育所へ行きたいんじゃけどAは行けれない、Cの保育所へ行かにゃいけないというのが前あったと思います。そのようなことが今どのようになっておるか教えていただきたい。  

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

保育待機児童の数については,今年度から認可外保育施設である企業主導型保育や特認登録保育施設に入った子どもを待機児童から外して減らしはしましたが,そもそも数字のマジックでしかありません。市立幼稚園保育園の廃止,民営化は,保育園不足に逆行するものです。 今議会で市は,国が来年から行う幼児教育の無償化による需要増を保育園約1,000人,幼稚園約200人と予測するということでした。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

委員より、保育園運営事業の保育所施設整備補助金について、さんこう保育園の屋根、外壁、給水管等の改修と説明を受けたが、待機児童が出てくる可能性があると聞いている。増築は入っていないかとの質疑に、執行部は、床面積の増築、定員拡大の改修はない。また、さんこう保育園は施設面積に対して定員に余裕があるとの答弁。  

赤磐市議会 2017-11-29 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号

以前待機児童はそういう問題はありませんでした。ここ何年かでは入れないという待機児童が出てきている状況です。やはり将来を見越してそういう保育園も要るのではないか。こういうことについて御答弁を市長に願いたいと思います。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) それでは、福木議員質問にそれぞれお答えをさせていただきます。  

岡山市議会 2017-03-17 03月17日-09号

また,ことしも2次調整後でも1,636人という待機児童の数です。深刻な結果です。しかし,認定こども園待機児童問題の解決にはほとんどなっていません。認可保育園をつくるほうが市の負担が明らかに少ないこともわかっています。市は,高い税金を使って認定こども園をふやすより,何よりも今保育園に入れず困っている方々への対応を最優先にするべきです。

赤磐市議会 2017-02-06 平成29年 3月第1回定例会-02月06日−03号

待機児童の発生についてということで、待機児童を発生させない取り組みとして、本市、赤磐市のほうではどんな努力をしていただいておりますか。お尋ねをしたいと思います。  現在、もし待機児童の数が、いらっしゃるのでありましたら、その数を教えてください。  現在、地方創生人口をふやす、あるいは子育てするのならばあかいわ市ということで、子育て世代をふやそうと努力をしていただいております。

赤磐市議会 2016-06-28 平成28年 6月第2回定例会-06月28日−05号

それからもう一点につきましては、桜が丘東が保育園用地とか幼稚園用地が残ってるということで、これから開発をしていくのがふえていくんではないかと思って、市長は桜が丘東地区にも今後も増加していくと考えてるという、待機児童とか行きたいとこへ行くというのがこれによって解消できるのか、まだ解消は不十分なのか、そのようなお話があったかなかったか、どのようにしたら解消できるかあったか、また行きたいとこへ行けるいうのがあったか

赤磐市議会 2016-06-15 平成28年 6月第2回定例会-06月15日−04号

それから、その絡みの中で90名の定員で、今はやり言うたらおかしいですけど、はやり言葉じゃねえけど、待機児童があったりするのがあります。赤磐では待機児童というのはそう少ないかもしれんですけど、なかなか桜が丘のほうでいうたら同僚の議員が言われたりする中で、思ったとこへ行けないとか、思った保育所ですな、幼稚園とか認定こども園

赤磐市議会 2016-06-09 平成28年 6月第2回定例会-06月09日−02号

まず初めに、保育園の待機児童対策についてお尋ねいたします。  桜が丘地域内の保育園では昨今、待機児童がふえているとお聞きします。子育てするならあかいわ市と言ってもらいたい、安心して住んでいただくためにも早急な対策を行っていくべきではないでしょうか。市としての対応策とあわせて次の3点についてまずお尋ねいたします。  

赤磐市議会 2016-03-04 平成28年 3月第1回定例会-03月04日−05号

保育所待機児童とかいろいろの問題等がある中で何もなくて、こういう年金生活者とか高齢者にはするということで、何か意図があるのかないのか、わかればそれも関連性も教えていただきたいと思います。  次に、ページ数、25ページの衛生費の塵芥処理費の13節のダイオキシン類測定分析検査委託料、ごみ処理基本計画等策定業務委託料、へえから周辺環境調査委託料、この3点について説明願いたいと思います。

赤磐市議会 2015-06-12 平成27年 6月第3回定例会-06月12日−03号

その大きな課題の一つが全国的には待機児童の解消という問題なんだろうと思ってます。  本市におきましては、過去の一般質問では待機児童はゼロというふうにお聞きしていますが、しかし女性の社会参加等で入所児童の低年齢化が進んでいるとともに、延長保育等の特別保育の充実が求められるなど、保育ニーズも多様化しており、保育行政のさらなる充実を図っていく必要があります。

赤磐市議会 2015-06-11 平成27年 6月第3回定例会-06月11日−02号

その結果、東の保育園も待機児童が出てるんですよ。私は赤磐市になって保育待機児童ないと僕は信じておりました。ところが、桜が丘においては待機児童があるんです。入れなくって困ってる方がたくさんおられるというのを初めて知りました。幼稚園も一緒なんですよ。でも、先ほど申したように、これがどんどんどんどんまだ伸びていくわけじゃないと思うんです。

赤磐市議会 2014-12-02 平成26年12月第4回定例会-12月02日−02号

そういった中で赤磐市独自の施策をいち早くやり、そしてどんどん発信をしていって、住むなら赤磐市がいいよと、岡山市に住むんだったら赤磐市のほうが住みやすいよと、待機児童もないよというどんどんアピールをしながらやるべきだと私は思うんですけど、再度、市長、答弁お願いします。 ○議長(小田百合子君) 答弁を求めます。  友實市長。

赤磐市議会 2014-09-26 平成26年 9月第3回定例会-09月26日−06号

待機児童が発生する状況の中で、申請が出てくれば対応していこうと考えているとの答弁。  委員より、利用者と施設が利用に関して契約を結ぶということになるのかとの質疑に、執行部は、契約支払い先は利用する施設により異なる。認定こども園幼稚園公立保育園を利用する場合は、利用者は施設、事業者と契約して保育料を施設、事業者へ支払う。

赤磐市議会 2014-03-06 平成26年 3月第1回定例会-03月06日−04号

本市におきましては保育所17カ所が運営され、入所希望者はほぼ全員入所でき、全国的には深刻な問題である待機児童はないとお聞きしていますが、しかし女性の社会参加等で入所児童の低年齢化が進んでいるとともに、延長保育等の特別保育の充実が求められるなど保育ニーズも多様化しており、保育行政のさらなる充実を図っていく必要があります。

赤磐市議会 2014-02-27 平成26年 3月第1回定例会-02月27日−01号

今後においても、待機児童が発生しないよう保育園と連携をとりながら定員管理に努め、受け入れ態勢の充実を図るとともに、岡山市との広域連携についても検討していきたいと思っております。  また、市内児童クラブ、子育て支援センターの運営についても引き続き支援を予定しておりますし、中学生までの医療費無料化につきましても引き続き実施してまいります。