38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

赤磐市議会 2017-09-04 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号

それから、市内の一元化の考え方ということでございますけども、赤磐市における就学前の教育、あるいは保育については、山陽地域と熊山地域では私立保育園と公立幼稚園で、赤坂地域と吉井地域では公立保育園で行っております。この10月より、赤坂地域には、施設を整備して統合する形で新たに認定こども園赤坂ひまわりこども園が開園する予定でございます。

赤磐市議会 2017-06-12 平成29年 6月第3回定例会-06月12日−02号

3、市内一元化の考え方について。  赤磐市の就学前教育の状況を見るとき、合併から十数年が経過した現在においても保育環境の統一化は進んでいません。実態として山陽、熊山地域幼稚園保育園が設置されています。赤坂地域認定こども園が開園間近でありますが、吉井地域には保育園しか設置されていません。そこで、吉井地域においても今後の保育施設再編計画等の中で検討すべき課題と考えます。

赤磐市議会 2016-03-18 平成28年 3月第1回定例会-03月18日−06号

それから、この中にあります、これ1つ忘れとったんじゃけど、委員より保育所の処遇改善のということで本会議とか一般質問でも言われてきたんですが、赤磐には保育士をやっていくのは一元化を図ってきて、吉井も幼稚園保育所がありました、吉井地域のときは。一元化を図るというて、それで今現在の大概の方は幼・保一元の幼稚園教諭保育所資格、両方持っております。

赤磐市議会 2014-06-27 平成26年 6月第2回定例会-06月27日−05号

その中で1点言われるのが、前回も言いましたが、小中一貫校とか、これ小学校中学校とは全然違いますが、やっていくときに、一元化とかいろいろやっていく中で、これは近くへ来ていいと思うんですが、なぜこの皆さんが言われるのは池とかというのを使うんならということを言うてこられております。

赤磐市議会 2014-06-16 平成26年 6月第2回定例会-06月16日−04号

私は上側の赤坂中学の、同僚議員の金谷議員が言われた小中一貫校とか一元化に一緒にやっていくというのも大変すばらしいことだと思うて。なかなか小学校授業中学校授業とは違います。小学校は各担任がおってやりますが、中学校も担任おりますが、専門科で数学、国語理科とか、授業分担が分かれております。なかなか一元化するのは難しいと思います。

赤磐市議会 2013-09-27 平成25年 9月第4回定例会-09月27日−06号

委員より、一元化の動向はどうかとの質疑に、執行部は、この秋に子ども・子育て会議を子育て支援課を中心に開き、赤磐市の今後の方向性について検討する予定であるとの答弁。  委員より、人権教育推進委員の状況はとの質疑に、執行部は、規則では30人以内となっており、現在は23人の方に委員になっていただいている。小・中学校代表幼稚園代表など、報酬の出ない委員もいるとの答弁。  

赤磐市議会 2013-06-17 平成25年 6月第3回定例会-06月17日−04号

また、一元化等で、これは私の担当なるんですが、幼稚園のほうはどうなるのか。これは部長のほうへ聞かせていただければ。せえ、私立だけだということですが、私立だけがよくって公立はいいのかということになれば、どうも今までの私立に対しての運営管理が悪かったんではないか、指導する立場のこの市町村がいかに指導していたのか、指導不足があったのかということが聞きたいと思うんです。よろしくお願いします。  

赤磐市議会 2011-03-04 平成23年 3月第1回定例会-03月04日−05号

山陽西、ひかり、山陽幼稚園工事の理解はできていますが、他の幼稚園一元化ということ、保育所の状況はどのようになっているのか。ほかにも当然というか、これが最初の空調設備をつけていくのか、これが最後で終わるのか、今現状なっとるか、わかれば教えていただきたい。  それから、10、5、3の11の図書館費の中の消耗品なんですけど、団体貸出用資料整備外になっています。

赤磐市議会 2010-03-18 平成22年 3月第2回定例会-03月18日−08号

せえで、ちょっと本当子ども手当のことについては、子ども手当は頭から厚生じゃと思うとるから、これこの赤磐市がこの定数が22人の議員なってからがおかしゅうなって、どこへつけるかというこって総務文教についとるから、保育所一元化とか言いもっておかしげなこと、おかしいというんがなっとるからどっかで分けにゃあおえんのんじゃけど、大幅な見直しかけてねえから、ぱさっぱさっと分けとるからなっとるからおかしいんで

新見市議会 2010-03-01 平成22年3月定例会(第3号) 本文

89 ◯16番(榎 日出男君) (2)につきましては、そういう方向が最良の策であろうというように私も認識しておりますので、ぜひともそういう形の中で一元化、これは以前からうたわれてきた問題ですが、なかなかその辺が進まなかった問題も今こうして認定こども園という形の中で進めておられる、そのスタイルで十分だろうと私も思っておりますので、その方向で進めていただきたいと

赤磐市議会 2009-12-03 平成21年12月第6回定例会-12月03日−05号

それで、そのことについては納得しとんですけど、あわせて言わせてもろうたら、これね、私は一元化というようなことを考えて、本当にこういうとこを統合するのは、統廃合ですか、統廃合って言ようるから統合ですな、合併じゃのうて統合する場合、やはりこういう一つをするんじゃのうて、地域性に合わせにゃいけんかもしれんですけど、赤磐市全体のことを考えてやるべきじゃないかと思うとんですよ。

赤磐市議会 2009-09-15 平成21年 9月第5回定例会-09月15日−01号

例えば保育所一元化やっとる保育所の措置費の中の保育料の中でも減免する措置のとこへ出たり、いろいろな相談もやるんですよ。その方が今度は教育長で受けて、どうもちょっとここらが、こういう兼務されとんのがどうかと思うんですよ。ちょっとこの民生児童委員されとるんがよいのかどうか、道義的にも考えて。せえ、今やめとんじゃったらいいんですけど。  

赤磐市議会 2009-06-26 平成21年 6月第4回定例会-06月26日−05号

それから、これは委員長報告の中で、今年4月から幼稚園教諭保育士との人事交流にも取り組んでいると答弁があったということなんですけど、やはり一元化というのも一つの方法であるんですが、幼稚園幼稚園資格、今、保育所保育所資格。もちろん管轄厚生省文部省と違います。ということも踏まえて、保育士保育所の園長とか保育所職員ですよ、保育所で。そしたら、教諭とやっぱり違うと思うんですわ。

赤磐市議会 2009-04-27 平成21年 4月第2回臨時会-04月27日−02号

たら、これは市長知られんかもしれんけど、一元化の流れが一時期はやったときに幼稚園にするか保育所にするとか、幼稚園はもちろん就学前に児童教育をするこってあって、保育所厚生省の関係で、厚生省なんかで保育に欠けるということが大前提で預かっていくのが、結果的には一元化になったら旧吉井町で言うたらもう一元化というて保育所しかないんです。

赤磐市議会 2009-02-27 平成21年 3月第1回定例会-02月27日−04号

結果的には、一元化もあったりして保育所になったとこもあり幼稚園になったとこもあると思っとるわけです。特に、この本庁のある山陽におかれては、私学が、私立が保育所をし、公共が市立の幼稚園をやっとるような感じがあっとんじゃねえかと思われとんです。その中があるんで、どうしてこういうことが起きるんかなあと思うて。

新見市議会 2008-12-01 平成20年12月定例会(第2号) 本文

現在、大佐、哲西は既に一元化となっておりますので、そういった面では逆にあまり必要ではないのかというふうに思います。それより、神郷の地区のように、幼稚園機能がないところこそ必要なのではないでしょうか。前回の答弁では、神代保育所では施設的に問題があり、今後、検討するというふうに答弁されておりますが、実際のところ、そういった実現ということは可能であるか。

新見市議会 2007-09-01 平成19年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

ま│        │ │  │  │       │   た、一元化に向けた「認定こ│        │ │  │  │       │   ども園」への取り組みはどう考え│        │ │  │  │       │   ているのか          │        │ │  │  │       │ (2) 新見保育所における幼児教育はど│        │ │  │  │       

新見市議会 2007-09-01 平成19年9月定例会(第2号) 本文

もう一点は、一元化というような言葉をあちこちで最近聞くようになりました。その方向性とすれば、認定こども園というようなやり方で各地で行われてきておりますが、そういった意味合いで認定こども園についての取り組みはどういうふうに考えておられるのか、その辺もお尋ねいたします。  2番目に、新見保育所は、現在112名の4、5歳児が保育に預かっております。

  • 1
  • 2