運営者 Bitlet 姉妹サービス
4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-03-10 真庭市議会 平成27年 3月第2回定例会-03月10日−02号 非婚のひとり親家庭の寡婦控除のみなし適用について伺います。  市長は、所信表明の中でもひとり親家庭の支援の充実に言及をされております。夫や妻と死別や離婚した後、結婚せず子供を育てている場合などは、所得税や住民税を軽減する制度として寡婦控除がありますが、同じように結婚せずに子供を育てていて、婚姻歴のないいわゆる非婚のひとり親家庭は寡婦控除を受けることが現在できません。 もっと読む
2014-09-12 倉敷市議会 平成26年第4回 9月定例会-09月12日−05号 本市において、未婚のひとり親に対する寡婦控除のみなし適用についてはどのように考えているのか、お尋ねいたします。 ○議長(松浦謙二君) 生水保健福祉局長。 ◎保健福祉局長(生水哲男君) まず、寡婦控除とは、配偶者が死亡または離婚した後に婚姻していない人で、扶養親族がいる人が受けることのできる所得税や市民税における所得控除のことで、税制上の優遇措置のことでございます。   もっと読む
2014-06-09 総社市議会 平成26年 6月定例会-06月09日−03号 格差ゼロは法の壁ということで、これで岡山市が全国に先駆けて17年前に寡婦控除のみなし適用を始めたということです。県内では、岡山市、笠岡市、井原市、美作市、奈義町の4市町だけが実施しております。この中で、現在笠岡市が最も手厚いとあります。このことを市長、御存じでしたでしょうか。 ○議長(劒持堅吾君) 市長。 ◎市長(片岡聡一君) 知っておりました。 ○議長(劒持堅吾君) 小川進一君。 もっと読む
2014-06-02 総社市議会 平成26年 6月定例会-目次 市長(2) 寡婦控除のみなし適用について、対応はどのように考えるか。市長1116名木田 正 昭1 市長の政治姿勢について(1) 官製談合防止法違反事件について  ①事件の発端となったのは、いつ頃で最大の理由は何か。  ②「総社市再出発制度改革委員会」の立上げについてどのように考えるか。  ③指名業者選定基準を見直す考えはないか。 もっと読む
  • 1