運営者 Bitlet 姉妹サービス
2826件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 これから平成31年度の予算編成作業を精力的に行ってまいりますが、SDGs未来都市として魅力ある地域づくり、経済の循環、環境、子育てなどに重点を置き、持続可能な地域発展を見据えて積極的な投資を行いながら、人口減少対策に総力を挙げて全施策を展開したいと考えております。   もっと読む
2018-12-19 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月19日−05号 このたびの請願に反対の理由として、一つ、全世代型社会保障制度の構築という観点から、軽減税率の実施で所得の少ない人に配慮しつつ消費税を引き上げざるを得ないこと、一つ、2012年社会保障と税の一体改革によって消費税の増収分は年金、医療、介護、子育て支援に充当されることが決まっていること、一つ、2012年野田内閣時代に民主党、自民党、公明党の3党合意によって2014年4月に8%、2015年10月に10%引 もっと読む
2018-12-18 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号 これに約3年で6億円行政改革施しているわけですけども、そのほとんどは市民生活関連予算になっておりまして、介護、医療、子育て支援、学校教育、地域振興、くらし安全、こういったようなものの項目がずらっと並んでいるわけです。つまり私たち市民の納税者の立場でいいましたら、3年で6億円分削減を受けていると。市民生活のサービスというものの負担が生じているような状態の中で、そこが全く改善されていないと。 もっと読む
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 現在でも、子育て関係など福祉職種を初め、多くの職種において任期付職員の募集を行っても人材確保が厳しい状況にあると認識しており、一時的に臨時雇用で対応していると承知しておりますが、新たな会計年度任用職員制度への移行に当たり、会計年度任用職員の確保は行政サービスを維持する上で極めて重要と考えておりますが、市長の所見をお伺いをいたします。 もっと読む
2018-12-07 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月07日−04号 その一つに東京都板橋区では総合アプリ、板橋防災マップアプリ、観光マップのアプリ、板橋子育てアプリを開発し、細かく区民にそれを流し、喜ばれています。本市も新しくアップしたばかりでございますが、こうしたいい、もっともっといいものを板橋区のアプリを参考に、比較しながらさらによいアプリの作成をお願いしたいと思います。見解を求めます。   もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 大きな2番目、ひとり親家庭に対する子育て支援についてお伺いいたします。  離婚後の未払い養育費の問題について、子育て支援に積極的に取り組む兵庫県明石市がまた1つ新たな挑戦を行います。 もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 これ関連の質問なんで結構なんですけど、やっぱり第2希望で受け入れていただけなんだのが6人桜が丘の辺へおるというんで、できればこれも市立の保育園とよくお話しさせていただいて、早急に、選んで行くんは誰が、保育園と行政も選ぶんでしょうけど、そのときになるべく期待に沿えるようにして、待機児童はゼロというふうに、子育てするなら赤磐というんじゃからそういうふうにやっていただきたいと思っております。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 これらの中から、まず子育てしやすい環境を整備し、若い世代の結婚、出産、子育ての希望をかなえるについてお聞きしたいと思います。  この創生総合戦略の中から3点ぐらい特に重点的なものがあると考えておりますので、質問したいと思います。  まず1点が、先ほど申し上げました観点からお聞きしたいと思います。  人口増の観点から、2015年備前市の特殊出生率1.49と聞いています。 もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 このようなことを踏まえ、平成31年度予算は、中山間地域における地方分散型のモデルを目指すSDGs未来杜市として、安全・安心で魅力的な地域づくり、力強い循環型の地域経済づくり、持続可能な真庭の環境づくり、夢ある子育て、「ひと」づくりと豊かな文化づくりに重点を置くこと、CAPDサイクルによる行政評価を十分踏まえた上で、持続可能な地域発展を意識し、将来に向けた投資は積極的に行い、総力を挙げて人口減少対策に もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 安心・安全の赤磐市、子育てするならあかいわ市、これを標榜するならここは考えどころだと思いますが、市長の答弁を求めたいと思います。  次に、流行性耳下腺炎、いわゆるおたふく風邪ですが、これもムンプスウイルスというウイルスが原因の疾患です。かかっても軽症の場合が多いのですが、重い合併症を引き起こすことも多いので、ワクチンによる予防が重要とされています。 もっと読む
2018-12-01 笠岡市議会 平成30年  第 6回12月定例会 子育て世代も脱サラの人も,また多様な層の市民が議員に挑戦し,議員報酬だけで安心して生活できる,本気で市民の声に耳を傾け,市政に生かしていく,市民の暮らしや思いに寄り添って市民福祉向上のために全力投球できる,そのことは重要だと私も考えております。しかし,議員報酬の原資は市民の税金でありますから,可能な限り市民の理解を得ることが重要だと考えます。 もっと読む
2018-12-01 笠岡市議会 平成30年  第 7回12月臨時会 幼稚園費は,子ども・子育て支援法に基づく認定こども園等施設型給付費に1,543万円としております。 歳入につきましては,歳出の各経費に充当すべき国庫及び県支出金を充当いたしました結果,新たに一般財源として3,633万3,000円が必要となりますが,これにつきましては諸収入を充当いたしております。  もっと読む
2018-12-01 美咲町議会 平成30年第 9回(12月)定例会 生徒からは、そのことの対策は、今現在どのような政策が行われているのかと聞かれ、子育て支援、高齢者福祉政策、健康通いの場、高校卒業までの医療費無料化などなど、また今後の公共交通のあり方、福祉政策の充実、子供からの質問には人口減少における税収の減は、また財源は十分にあるのか、今後合併はあるのかなど多くの問題点について質問をされました。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 これでは子育て支援に逆行しているのではないでしょうか。この国保税の引き下げをという質問であります。  2つ目です。公共交通網の充実をということです。  先ほども北川議員が質問されました。宇野バスが平成31年3月末で循環バスを休止します。その代替措置をどう考えているのか、お尋ねいたします。以前、山陽老人福祉センター、これを拠点に福祉バスを循環しておりました。 もっと読む
2018-11-27 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月27日−01号 13ページに参りまして、同款2項児童福祉費、1目児童福祉総務費では、平成29年度子ども・子育て支援交付金と子ども・子育て支援整備交付金の確定に伴う返還金1,499万9,000円を増額、平成29年度障害児通所給付費の確定に伴う返還金423万9,000円、合わせて1,923万8,000円を増額いたしております。   もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 委員からは、子育て支援が孤立することのないよう引き続き必要な支援を継続して実施するよう要望いたしました。 目7霊園管理費、公園施設管理委託料487万円について、霊園の清掃や除草などの業務について委託している緑化協会の管理状況についてただしました。  もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 まちづくり、移住・定住、空き家対策、PRを総合的に進めているもので、子育て施策等を含めて今後効果が出てくるものだと思うとの答弁。  委員より、電子計算費の内部情報系パソコン更新について使用が困難となった職員用のパソコンの入れかえを行ったとあるが、具体的にはどのような状態かとの質疑に、執行部は、老朽化して使用できなくなったもの及びOSの更新に伴うものであるとの答弁。   もっと読む
2018-09-21 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月21日−05号 財源につきましては、合併特例債のほか、子ども・子育て支援整備交付金──放課後児童クラブ分になります──を活用いたします。  以上、簡単でございますが、議案第71号の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(原野健一議員) 報告第11号及び議案第71号の提案理由、内容の説明が終わりました。   もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 しかし、末端の自治体でできることは、昨日からも議論しております住んでよかった、住み続けたい備前市をどうつくっていくのか、それを考えるときに、小さな子供たちから義務教育、高校、大学まで、この備前市で子育てすることが非常にいいことだ、本当に安心して子育てできると、そういう政策の一環ではないかと捉えております。   もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 次に、大きな4番目、世代を超えた公園整備のニーズについてでありますが、備前市では少子・高齢化が進む中、子育て世代から高齢者の方まで世代を超えた市民が集える公園の整備は有意義なことと考えております。しかしながら、2点目の3月一般質問の答弁以降、具体的な調査、方針については具体的なことについてはまだ発表できる状況ではありません。引き続き検討をしてまいりたいと、このように考えております。   もっと読む