521件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

  │       │    えはないか、考えた場合の予算 │       │ │  │  │       │    想定額は           │       │ │  │  │       │ (2) 放課後児童クラブの運営について │       │ │  │  │       │  1) 放課後児童クラブ運営の課題は │       │ │  │  │       │  2) 経理事務委託

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

指定管理者制度、その根底からになりますが、公の施設の管理権限を当該指定を受けた者に委託するものでございますが、自治体施設の設置者としての責任は継続いたします。これを果たす立場であることで、指定管理者を監督することになります。  そのほか、修繕などの詳細については、この後教育次長のほうからお答えさせていただきます。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  藤井教育次長

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

これは、委託期間のほうが平成31年2月末となっております。今回、抽出した改善策の実効性、運用性を検討を進めて、今回の効率的な経営改善を進めていくという検討を行っていこうと考えております。時期的なものは現在のところ持ち合わせておりません。  最後5点目としまして、老朽化した水道管、その関連施設の改良工事のパーセンテージをお尋ねの件です。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

不正防止など危機管理についての職員研修の徹底についてお尋ねをさせていただきますのと、内部通報者制度の外部委託について御説明、お話をさせていただくんですが、御答弁のほうで、外部の弁護士等にお願いをしているような状況であるので、外部委託の必要性はないと考えていますというような御答弁をしていただく予定になっていらっしゃるようですけども、これ弁護士さん以外にも何名か構成メンバーというのがあると思うんですけども

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

委託先は、特定非営利活動法人岡山ホームレス支援きずなという団体で、岡山市内に居室を確保してございます。市として施設を整備する予定はございませんが、火災により焼け出された被災者は一定の住居を持たない生活困窮者に該当するため、この事業により支援をすることができると考えております。  私のほうからは以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  塩見建設事業部長

赤磐市議会 2018-11-27 平成30年12月第4回定例会-11月27日−01号

同じく3項委託金、2目民生費委託金は、国民年金制度改正によるシステム改修に係る国庫委託金で、27万円の増額でございます。  次に、15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金については、国庫支出金と同様に……。 ○議長(金谷文則君) 私語を慎んでください。 ◎総務部長(前田正之君) 子どものための教育保育給付費負担金の増額について県負担金641万1,000円を増額するものです。  

井原市議会 2018-10-04 10月04日-03号

建設部長橋本良啓君) 水門の管理をお願いしています方々にそのような説明等の講習会を開いているかということですが、現在のところずっと継続して同じ地元の消防団や水利組合等にお願いしていたり個人の方も大体継続の方が多いので現在はいたしておりませんが、今回の災害を受けまして議員さんの言われるように経験されていなければご不安な点が多いかと思いますので、委託していますところにお声がけをいたしまして、要請があれば

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

そのような自治会で草刈り、支障木の伐採というふうになりますと、報奨金云々ではなくして、マンパワー、人力が必要であるというふうに私は思うわけで、例えば高齢化率の高い自治会には、50%を超えるような自治会には先ほど言われた報奨金の補助率のアップを検討していただき、そうすることによって50%を超える自治会では委託もできるんではないかと、委託してその自分らの生活道路をきれいにすることもできるんではないかなというふうにちょっと

赤磐市議会 2018-09-07 平成30年 9月第3回定例会-09月07日−05号

まず、赤磐市環境センター運転管理業務委託料についてと、それから赤磐市ごみ収集等業務委託料についてでございます。  まず、赤磐市環境センターについては、これが、業者が決まるときにいろんな問題がありまして、いろいろ説明をいただきながら決定をしたという経過がございます。今回の委託に関しても前回と同様の内容なのか、それと業者がどういうふうになるのかというのもお聞かせ願いたいと思います。  

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

遊具に関しましては、学校を含め、社会体育施設におきましても毎年専門業者に点検を委託し、修理の必要な箇所につきましては修繕を行っているところでございます。また、非構造部材につきましては、学校体育館、格技場の大空間の吊天井につきましては撤去を完了しております。その他につきましては、順次対策を講じてまいりたいと考えております。  以上でございます。

赤磐市議会 2018-08-31 平成30年 9月第3回定例会-08月31日−02号

不用額の主なものは、管理費では359ページ、11節需用費、医薬材料費の執行残と13節委託料、水質分析や環境調査委託料の入札残によるものでございます。事業費では、361ページの15節工事請負費の入札残、補償金の執行残によるものでございます。  次に、3款特環公共下水道費は支出済額1億2,543万5,349円で、執行率は77.43%でございます。

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

それから、ワイン委託してるのはどこで委託を、どのようにして委託が、ここへ在庫が委託が残っとるか。もう当然在庫した委託は、在庫元に返さにゃあいけん、毎年これ言ようることなんで、どうしてこういうやり方をするのか、わかれば。  それと、これは社長であります市長にお尋ねいたしますが、代表取締役社長の友實市長にお尋ね。  

高梁市議会 2018-08-01 平成30年第4回 8月臨時会

現年公共、単独合わせまして5億5,684万円でございますが、早急に対応を求められました修繕、また工事を初め、災害査定に向けた測量設計委託料を計上いたしております。 次の13ページ、文教施設災害復旧費の第2目公立学校施設災害復旧費でございますが、委託料162万円につきましては、富家小学校、高梁小学校、高梁中学校の復旧工事に係る測量設計委託料でございます。 

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

委員より、基本的には民間委託すべきと考えている。視察へ行った津山市の給食センターでは、HACCPの考え方に基づき給食をつくっており、官公庁では考えつかない手法だと思う。外部からも認定されるような基準に基づいてつくる給食、いわゆる民間委託はすべきだと思っているので反対するとの意見。  委員より、基本的には民間がよいとか直営がよいという問題ではないと思う。視察へ行って民間のよさや問題点も理解できた。

赤磐市議会 2018-06-18 平成30年 6月第2回定例会-06月18日−04号

これは、次にある8款土木費、4項都市計画費、1目都市計画総務費の13節委託料30万円、この緊急応急措置委託料と一対のものと思われます。今回上程された条例の8条の8項に関係してくるものだと思いますが、この両方についての説明をお願いいたします。  それから、同じく歳出で、土木費、都市計画総務費です。

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

御指摘のとおり、行財政改革の取り組みに当たっては、組織内部、中でも行政の守備範囲について検討をすることとし、無駄を排除し、民間で担うことができる業務については限定的に民間委託を進めるなど、行政のスリム化を図ることとしております。  また、予算については、毎年度、予算編成方針に従い、各所属から提出のあった予算要求に対し厳しい査定を行い、最終的な予算計上を行っているところです。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

次に、学校給食センターの一部民間委託について。  学校給食センターの一部民間委託については、これまで議会の一般質問や担当委員会においてもさまざまな観点から議論がされております。本市においても、既に配送業務の一部は民間に委託がされております。教育委員会が言っておられる安全・安心の確保が担保される学校給食が提供されるのであれば、一部民間委託による運営についても検討する余地があると思います。