376件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠岡市議会 2020-12-09 12月09日-02号

そういうこともありまして,各報道機関とか,そして本の出版物とか,そういうところからの取材の申し込みがありましたら積極的に御案内させていただいたり,そして受け入れるようにしております。多くの方に来ていただく,そして知っていただくためには,報道機関そしてそういう冊子に載ることが重要だと思います。

津山市議会 2020-09-09 09月09日-04号

吉井川水害タイムラインとは、吉井川流域自治体、県、警察、自衛隊、気象台、ダム管理者等関係行政機関、電力などのライフライン、鉄道、バスなどの公共交通機関報道機関など37の機関情報を共有し、連携協力して的確に災害に対応するため、国土交通省中国地方整備局岡山河川事務所が主体となり取りまとめた行動計画でございます。

里庄町議会 2020-06-10 06月10日-03号

そのほかにも、飛沫防止シート対策、それから職員体温チェック、微酸性次亜塩素酸電解水配布学校等への手づくりマスク配布医療機関等への不織布マスク配布などを行うとともに、これまで対策本部会議を8回開催し、幼、小・中学校の休校等について、公共施設使用制限など、協議を重ねながら、それらの各種情報文書あるいはホームページへの掲載、さらには報道機関等へも発信はしてまいりました。 

玉野市議会 2020-03-05 03月05日-04号

議員御指摘の点につきましては、捜査等の進捗が公となっていない中で、1月臨時議会で報告する内容を含め、関係機関等と相談しながら大変悩んだ結果、当時お答えできる内容は全て1月の臨時市議会で盛り込んで、市民の代表である市議会皆様にまず報告をさせていただいたところでございまして、当該内容に対する報道機関からの質問に対しては、臨時会での発表内容を記載したブリーフィング資料等を用いながらお受けしたところでございます

津山市議会 2019-10-01 10月01日-08号

総務部長梶岡潤二君)  決算書は230部作成しておりまして、その配布先は、議員皆様のほか、市立図書館、内部の各部署、報道機関等にも配布いたしております。 ○議長岡安謙典君)  7番、三浦議員。 ◆7番(三浦ひらく君)  決算書1部当たりの製作単価は幾らでしょうか。 ○議長岡安謙典君)  会計管理者

岡山市議会 2019-09-17 09月17日-05号

恐らく一部報道機関でそういうことが出たからだと思いますけれども,もともとそうは言っていません。1報道機関だけそう言っていて,ほかの報道機関はそう言っていないので,それは我々は言っていないんですが,恐らく勘違いしてお書きになられたんじゃないかと。

浅口市議会 2019-09-12 09月12日-05号

その席で、秘密会議だといって、今の新聞社報道機関をシャットアウトして、議員市長、副市長、そしてまた教育長、次長、そこで説明を求めましたけれども、はっきりとした説明がなかったので、私が再度説明を求めたら、その10万円の金よりほかに、数十万円の金がまだ不明確なんだという説明を受けました。それはきちっとしたことかと言うたら、職員は否定しとると。

津山市議会 2019-09-09 09月09日-02号

県による体育館床等施設の改修に加えて、津山市として、市及び市教育委員会による後援、ゴール等備品の購入、施設利用調整広報報道機関等への周知、岡山県に対して施設利用料の一部減免協議スポーツ団体等への働きかけなどの支援を予定しております。なお、これ以外にもできる支援につきまして、先進地の状況について研究をしてまいりたいと考えております。 ○議長岡安謙典君)  28番、岡田議員

真庭市議会 2019-03-08 03月08日-02号

こういった一応報道機関として認知されておる、そういったところにこの様子が記事になり出るということ、このことは私はこの時点で契約行為がなされたというふうに捉えることもできるんではないかなというふうに思いますが、市長はどのように思われてるんでしょうか。 

笠岡市議会 2019-03-07 03月07日-04号

私どものほうも常に報道機関へはオンタイムで情報が出るという仕組みはできておるんですけれども,いささか報道機関のほうではやっぱし,言い方はちょっと雑かもしれませんけど,派手なところほど取り扱いをしていただけるというのもございます。我々の反省すべき点ではありますけれど,もっとアピール力を持って,最低でも地元市内の人には伝わるような方法を考えていきたいと思います。 以上です。

玉野市議会 2019-02-26 02月26日-02号

これらの検証結果につきましては、先月28日に総務文教委員会協議会にて御報告させていただきました後に、今月15日には学識経験者を始め金融機関報道機関、関係団体等推薦者及び一般公募委員から構成するたまの創生総合戦略懇談会を開催いたしまして、検証結果を踏まえた今後の施策の方向性等について意見集約を行いました。 

津山市議会 2018-12-18 12月18日-07号

会議中はもとより、年間を通じまして、議員皆様を初め執行当局報道機関関係者並びに市民各位の御協力に対し心から感謝の意をあらわす次第でございます。 さて、本年もあとわずかとなりましたが、皆様方には今後とも健康に十分御留意されまして、よりよき新年を迎えられますよう心からお祈りを申し上げますとともに、市政振興に一層の御尽力を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、挨拶とかえます。 

津山市議会 2018-12-03 12月03日-02号

一部には義援金の受領は辞退するといったお話も聞いておりますが、申請期間を本年12月28日までとしており、引き続き報道機関などの協力もお願いしながら広報に努めてまいりたいと考えております。 また、岡山県は、今後の募金状況に応じて追加配分を行うとしており、引き続き連携し、迅速に被災者の方へ義援金をお届けしてまいりたいと考えております。 以上です。 ○議長河本英敏君)  農林部長