1169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠岡市議会 2030-09-11 09月11日-03号

まず,1項目めの笠岡市地域防災計画についてであります。 昨年7月の豪雨災害を教訓に,国から地域防災計画の見直しを求められ,どこの自治体も一斉に今年3月に新計画書を出しております。ひな形に沿ってつくったようで,他市のを見てもよく似た内容であります。 笠岡市の防災計画は,ここにプリントアウトしたんですけど,これです。

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

ただ、これは各地域におりていったときに、並大抵のことでできるものではありませんから、これからこつこつと地域防災計画などをお願いしたりとか、そういう協議をこれから始めていきますので、例えば総社の小学校区であれば、総社全体では考えられないと言われます。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

ため池の管理につきまして笠岡市がすることでございますが,笠岡市地域防災計画において,市管理のものについては,ため池台帳によりそのため池の状態をよく把握するとともに,ため池の決壊を未然に防止するため,必要に応じて改修を行い,適切な維持管理を行うこととしております。

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

その対象者は、地域防災計画が既にございますけども、それに定める者で、消防関係者、民生委員児童委員、真庭市社会福祉議会自主防災組織自治会等ということであります。なお、情報提供を私どもがする際には、情報提供申請書の提出をいただきまして、情報の提供と利用に関する覚書締結ということでみんなで個人情報は守っていこうと、保護していこうということで進めてまいります。 

備前市議会 2023-09-12 09月12日-03号

備前市地域防災計画によりますと、市内88地区に自主防災組織があることになっていますが、いまだに組織化できていない地区や古い組織のままで改定できていない地区もあると聞きます。備前市防災計画では、市は自主防災組織の設置促進、育成強化及び活動活性化を推進するとありますが、組織化や活動実態の把握、指導はできているのでしょうか。 

鏡野町議会 2023-06-13 06月13日-03号

次の鏡野町地域防災計画の見直しについてでありますけれども、現在岡山県では平成30年7月、昨年の西日本豪雨の検証結果、あるいは災害救助法水防法ガイドラインなど、関係法令等の改正を踏まえた修正作業を行っているところであります。本町といたしましても、国の防災基本計画、あるいは県の地域防災計画の内容との整合を図りながら検証を加えた上で見直しを行ってまいります。 

備前市議会 2022-12-04 12月04日-02号

まず、本市の大規模災害の履歴についてですが、議員各位に既に配付させていただいておりますところの備前市地域防災計画の14ページから15ページに記載をしておりますので、そちらをごらんいただきたいと、このように思います。 災害後のハード面における防災対策についてでありますが、基本的に被災した箇所の復旧を優先的に行い、関連する箇所の整備を行っております。

総社市議会 2022-06-03 06月03日-03号

現在、地域防災計画を見直していこうということで、昨年の9月に1度会議を開きました。そのとき私が申し上げたのは、地域防災計画とちょっと外れるんですが、ハザードマップの在り方を考え直してほしいということを、出席している国土交通省河川事務所長の三戸さんをはじめ、これは国土交通省がやるもんですから、強く申立てをいたしました。

津山市議会 2021-12-03 12月03日-03号

ハザードマップ地域防災計画などの定期的な見直しとともに、日ごろから川からの位置関係や周囲と比べて低い土地かどうかなど、市民の皆さんに自分が住んでいる地域地形の特徴を理解してもらう取り組みも重要だと思いますが、当局の御所見をお伺いいたします。 次に、機構改革について再々質問をさせていただきます。 

赤磐市議会 2021-11-29 11月29日-03号

地域防災計画、これは災害のときに赤磐市では災害対策基本法42条の規定に基づいて市民の身体及び財産保護することを、目的として赤磐市防災会議においてこれを実行し、策定し、状況に合わせて改善もしとるという、そういうふうな起きる前の、災害が起きたら被害を少なくするためにやる部分と、それから災害が望まんでも起きた場合、協定なんかは後の部分になると思うんですけども、何かその辺を別々にせずに1つぐらいは考え方をどちらの

倉敷市議会 2021-06-18 06月18日-04号

個別の対策について、2月議会で、ため池マップの作成や地域防災計画への反映は、今年度中に行うとの答弁もございました。それでは、その他の取り組みですが、緊急連絡体制の整備、浸水想定区域図の策定、ハザードマップの策定などはどのように進めていくのか、お考えをお示しください。 先日もハザードマップの関係については答弁がございましたけども、改めてよろしくお願いします。

玉野市議会 2020-12-12 12月12日-04号

我が国の防災計画には国の防災基本計画と、それをもとに自治体地域防災計画があります。それに加え、町内会自治会地域コミュニティなどが自発的に作成する地区防災計画が、平成25年の災害対策基本法の改正で創設され、平成26年に導入をされております。住民の主体的な防災活動の重要性から、地域の実情に合わせた具体策として地区防災計画の策定があります。 

真庭市議会 2020-12-10 12月10日-04号

真庭市は、昨年の災害を契機に、地域防災計画作成事業、防災マップや指定緊急避難場所の見直し、自主防災組織育成強化事業、個別計画策定支援事業等に取り組んでいます。さらには、地域防災説明会を開催して、地域の声を聞く機会も設けていました。 地域防災力の向上のためには、自主防災組織を核とした地域内のコミュニティー連携が重要になります。

笠岡市議会 2020-12-09 12月09日-02号

そういった各種マニュアル等を考慮しながら,毎年地域防災計画修正を行っておりますけれども,この災害を顧みまして地域防災計画に書いてあるとおりのことができていたとは言える状況ではございません。そういったことも踏まえながらの今回の検証といたしております。 以上です。 ○議長(栗尾順三君) 藏本隆文議員。 ◆11番(藏本隆文君) 笠岡市はそういう災害が今までなかったんで,大して。

津山市議会 2020-12-06 12月06日-06号

災害ボランティアの手配につきましては、津山市地域防災計画におきまして、津山市社会福祉議会を中心にボランティアセンターを設置し、ボランティアの受け入れ及び活動支援等を行うとされております。本市といたしましては、ボランティアニーズを正確に把握し、適切にボランティアの募集と派遣が行えるよう、津山市社会福祉議会など関係団体と連携し、災害時の市民の方からの要請に応えていきたいと考えております。