365件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

まず、歳入ですが、款14国庫支出金では、現年公共社会教育施設災害復旧費として885万4,000円を追加するものです。 そして、款17寄附金では、ふるさと納税へ400万円を追加しています。 また、款17町債におきましては、7,570万円を災害復旧費の財源とするために追加しています。 そして、歳出の内容ですが、全体に職員給与に係る精査をしております上に見直しを行っております。 

赤磐市議会 2018-12-18 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号

委員より、社会福祉総務費の国庫支出金返還金107万1,000円について内容説明をとの質疑に、執行部は、29年度に社協に委託して実施した生活困窮者自立支援事業の負担金で、29年度は消費税がかからなかったため、委託料の不用分を精算し返還するものであるとの答弁。  

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

重要路線としております、そのうち11.4キロ、11.9%が早急な対応が必要であると考えておりまして、その中で平成30年度以降、国庫補助事業としまして5年間で随時計画的に2.6キロ、これは早急に対応が必要なものの22.8%の整備を今後5年間でさせていただこうというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 一括しての答弁が終わりました。               

赤磐市議会 2018-11-27 平成30年12月第4回定例会-11月27日−01号

次に、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金は、子どものための教育・保育給付費負担金1,282万3,000円を増額するものです。  次に、同款2項国庫補助金、8目災害復旧費国庫補助金は、7月豪雨による国庫補助金で、770万円の減額でございます。  同じく3項委託金、2目民生費委託金は、国民年金の制度改正によるシステム改修に係る国庫委託金で、27万円の増額でございます。  

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

しかし、今回の豪雨災害につきましては7月24日付で激甚災害として指定されることが閣議決定され、国庫負担の率についてもかさ上げが見込まれているものでございます。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  加藤建設事業部参与。 ◎建設事業部参与(加藤孝志君) それでは、北川議員の交通体系の整備についての御質問にお答えいたします。  

赤磐市議会 2018-08-31 平成30年 9月第3回定例会-08月31日−02号

次に、352ページから3款国庫支出金から5款財産収入、6款繰入金、いずれも調定額どおりの収入済額でございます。  7款繰越金は、前年度決算及び繰越事業充当分によるものでございます。  次に、354ページをお開きください。  8款諸収入につきましては、調定額どおりの収入となっております。  次の9款市債につきましては公共下水道事業債で、いずれも調定額どおり3億7,580万円の収入でございます。  

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

今まで公社で先行投資をしていましたのは、メリットでは緊急の対応、また国庫補助事業の対応で市にとって有利な点もございました。また、地価の上昇を見込んでの先行取得を行っていたところでございます。現在、例えば解散するには議会の議決を経て県知事の許可が必要になり、期間も1年解散までに至ります。また、再度設立しようとすれば議会の議決を経て定款を定め、県知事の許可が必要で時間もかかります。

高梁市議会 2018-08-01 平成30年第4回 8月臨時会

第14款国庫支出金につきましては、市営住宅または学校施設の災害復旧事業に係ります国庫負担金でございます。 第4節の公共施設災害復旧費負担金は、近似住宅、長屋住宅の国庫負担金として548万8,000円を、負担率は地域優良賃貸住宅である近似住宅については3分の1、長屋住宅については2分の1でございます。 

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

第1は、国保への定率国庫負担の引き上げ、2つ目は子供の医療費無料化の国の制度の創設、3つ目は子供の均等割の軽減、4つ目は障害児者、ひとり親家庭などを含む、自治体の医療費無料化の取り組みに対するペナルティーの全面中止であります。  私たちは国保税ですが、この国保税は健康保険料の2倍以上の開きがあるわけです。

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

続いて、同款3項の上水道の経営効率化促進事業は国の補正予算による国庫補助事業といたしまして実施するため、国の補助金交付決定が3月となったため、全額を繰り越したものでございます。  次に、6款1項の小規模土地改良事業は、市道八ツ塚中央線改良工事の繰り越しに伴い並行して実施される八ツ塚水路改良工事も繰り越しを行うものであり、既に事業は5月31日に完了しております。  

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

また、この事業についてでございますが、100%の国庫補助事業でございます。事業採択が認められない場合、これについては内容等の見直しなどによって最小限で実施してまいりたいと考えます。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  作間総合政策部長。 ◎総合政策部長(作間正浩君) それでは、私のほうからは、ふるさと納税の関係でございます。  

高梁市議会 2018-03-01 平成30年第2回 3月定例会

次に、議案第63号「平成30年度高梁市一般会計予算」では、委員から、普通建設事業費について、財政が厳しい状況で予算が減っている中ではあるが、引き続き国庫補助事業が採択されるよう努力してもらいたい。また、国庫補助事業のみならず、ほかのさまざまな制度事業を活用するなどして、事業費を確保すべきではないかという意見が出されたところでございます。 

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

また、実験の費用については、現在国土交通省を含めてさまざまな省庁で自動運転に対する関心が高まり、国庫補助、交付金等の予算措置を検討されていると聞いております。その補助金等を確保するよう、今後も働きかけを行ってまいります。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  藤井教育次長。

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

14款国庫支出金、1項国庫負担金は、1目民生費国庫負担金から21ページの2目衛生費国庫負担金、合わせまして17億6,790万4,000円を計上しております。障害児自立支援給付費負担金や子どものための教育・保育給付費負担金の伸びなどによりまして4.8%、8,089万1,000円の増となっております。

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

次に、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金の障害者福祉費負担金では、決算見込みにより障害者自立支援給付費負担金を244万4,000円増額、国民健康保険基盤安定負担金では交付額確定により28万1,000円の増額、児童扶養手当給付費負担金は決算見込みにより208万8,000円を減額するものでございます。  

赤磐市議会 2017-12-05 平成29年12月第5回定例会-12月05日−04号

このシステム改修は国の指示によるもので、費用につきましては国庫補助対象となっております。補助率は、総務省の関連費用は10分の10、厚生労働省の関連費用は3分の2でございます。  2つ目といたしましては、子ども医療費助成を償還給付から現物給付に変更する準備に伴います住民情報オンラインシステムの改修費用91万8,000円でございます。  

赤磐市議会 2017-11-27 平成29年12月第5回定例会-11月27日−01号

また、国庫支出金、県支出金では、障害者自立支援給付費、障害児施設支援給付費、子どものための教育・保育給付費、児童手当の各負担金を増額し、マイナンバー制度改正や個人番号カード交付事業に伴う国庫補助金や障害者総合支援事業の国庫補助金も増額計上いたしております。  

赤磐市議会 2017-09-08 平成29年 9月第4回定例会-09月08日−06号

そして、お金は赤磐市が国へ国庫返納した。そういうことがあったんですよ。だから、言よんですよ。もし途中でやめられたら、誰が責任とるんですか。やはり契約の中へ、5年しても例えばできなあ、責任を持ってやっとるとこへ返すとか。倒産してしもうたら仕方がねえですよ。しかしながら、そういうこっちゃなくて、これ今皆格好ええ、こりゃええ、ええって言ようるけど、企業がどうなるかわからんのですよ。

赤磐市議会 2017-09-06 平成29年 9月第4回定例会-09月06日−05号

一級河川両宮川は県管理河川でありますが、県において国庫補助による災害復旧事業採択に向けての手続中でございます。現時点では、事業採択されるまでの被害拡大防止に向けた応急復旧工事、右岸が56.3メーター、左岸が136.3メーターの施工延長で大型土のうを2段積みする工事でございますが、こちらのほうに着手されておりまして、事業採択がなされた後に速やかに本復旧工事に取りかかることとされております。