403件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

備前市議会 2019-03-08 03月08日-04号

直近の売買価格の比較ということでございますが、直近では11月定例会で議案上程をいたしました畠田香登西団地で、これが平米単価が1万7,378円でございます。今回の香登本団地が1万6,938円ということで、平米単価につき440円の減額となっているものでございます。 以上です。 ○議長立川茂君) よろしいか。 中西議員の質疑を終わります。 以上で通告による質疑は終わりました。 

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

家をのけてくれとかという話じゃなしに、私は個人的な苦情の部分について窓口でいろいろ、移住・定住、空き家に関係するようなことを進められとると思うんですけども、山陽団地なんかは家が物すごく隣接、近隣の家がひっついとりますもんで、空き家になって放置されたら周りの人が随分困っておられると、そういうふうな状況が起きております。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

これまでのところ、山陽団地から1件、上がってきております。これは、建設課を通じて所有者に改善をお願いし、既に修繕が完了しております。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 友實市長。 ◎市長(友實武則君) 申しわけございません。再質問への答弁漏れでございます。  防火水槽の考え方を市長にということでお尋ねでございます。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

次に、新しい工業団地の確保について。  本年度造成中の小瀬木の工業団地には、市内で操業している化学薬品会社の進出が決定いたしました。現在は好景気にも恵まれ、企業設備投資とともに新たな進出用地を探しているとも聞いております。しかし、今後、企業誘致をしようにも、赤磐市内にはまとまった工業用地が存在しないという状況になっています。

井原市議会 2018-10-12 10月12日-06号

年度井原市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について    認定第4号 平成29年度井原市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について    認定第5号 平成29年度井原市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算について    認定第6号 平成29年度井原市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について    認定第7号 平成29年度井原市介護保険事業特別会計歳入歳出決算について    認定第8号 平成29年度井原市産業団地開発事業特別会計歳入歳出決算

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

18号 市は直ちに越境した擁壁の位置を厳重に正しい調査をし直した上で,擁壁を撤去するよう求めることについて 陳情第19号 市は直ちに原状回復(勧告)の水路敷を杭打,縄張りして保存し,使用禁止にするよう求めることについて 陳情第20号 市は直ちに国土調査の成果不備で市と隣人らにより無断で隣人へ所有権移転されたことを詳細に調査し回答するよう求めることについて 陳情第21号 市が山陽高速道瀬戸IC入口に団地計画

赤磐市議会 2018-09-07 平成30年 9月第3回定例会-09月07日−05号

この会計の中にあります小瀬木工業団地の事業見込みについてというお尋ねであったかと思います。現在、小瀬木地内におきまして工業用地の造成工事を進めており、今年度中の完成を予定としております。この委託料につきましては、造成工事完了後に確定測量、こうしたことをする必要がございますので、今年度末の完了見込みということになります。  立地企業の応募のお話をいただきました。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

そのコンセプトは、「団地」から「まち」へ~多様な世代が支えあい循環するまちへ~としており、団地全体が「まち」としてさまざまな機能を有し、子供から高齢者まで多様な世代の人たちが支え合い、世代循環を行いながら安心して楽しく一生を過ごせる「まち」の実現を目指すとしております。  かつての県下ナンバーワンの規模を誇り、各地から羨望を集めた住宅団地でございます。

浅口市議会 2018-09-04 09月04日-04号

について     認定第 5号 平成30年度浅口市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について     認定第 6号 平成30年度浅口市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について     認定第 7号 平成30年度浅口市畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算の認定について     認定第 8号 平成30年度益坂財産特別会計歳入歳出決算の認定について     認定第 9号 平成30年度浅口市工業団地開発事業特別会計歳入歳出決算

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

バスを基軸と考えとって、市民の移動の基本になるということが、昨今から山陽団地の高齢化が出ております。山陽団地の高齢化も、そこまで持ってくればバス交通ができて非常に体系的にはスムーズになる。私の住んでおる吉井のほうまではちょっと恩恵はなかなか難しい。それは別建ての恩恵を考えていかなければならないと思っておりますが、そのことについて、何かあれば教えていただきたい。  

赤磐市議会 2018-08-31 平成30年 9月第3回定例会-08月31日−02号

安岡、仁堀、大池、中河内の4団地でございまして、現在の保有区画数といたしましては34区画であり、昨年の販売実績についてはございませんでした。  次に、決算書のほうに移っていただきまして、376ページ、377ページをごらんいただければと思います。  歳入歳出決算事項別明細書により御説明を申し上げます。  

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

土地開発公社の事業実績としては、仁堀工業団地のモリマシナリー株式会社への売却が平成26年度で全て完了するため、平成29年度の土地売却実績はゼロとなりました。また、それに伴う借入金残高もゼロ円となっております。  次に、報告第9号平成29年度赤磐市の健全化判断比率について御報告いたします。  

浅口市議会 2018-08-28 08月28日-01号

浅口市では、広域交通網の特性を生かした工業用地の確保を行い、優良企業の誘致を進め、雇用の拡大や定住の促進を図ることを目的に浅口工業団地の第2期事業に着手いたしました。第1期事業A地区については、ことし、平成30年2月に明星産商株式会社へ売却し、現在新工場が建設される中、7月に第2期事業の概要や事業スケジュールなど、地元関係者を対象に説明会を実施をいたしました。

浅口市議会 2018-08-27 08月27日-01号

23 認定第 5号 平成30年度浅口市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について  第24 認定第 6号 平成30年度浅口市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について  第25 認定第 7号 平成30年度浅口市畑地かんがい給水事業特別会計歳入歳出決算の認定について  第26 認定第 8号 平成30年度益坂財産特別会計歳入歳出決算の認定について  第27 認定第 9号 平成30年度浅口市工業団地開発事業特別会計歳入歳出決算

赤磐市議会 2018-06-18 平成30年 6月第2回定例会-06月18日−04号

また、新しい住宅団地ができたことに伴い、区の広報用掲示板の新設も必要となっております。  次に、昨年宝くじコミュニティ助成事業を活用して新築いたしました桜が丘東6丁目集会所の経過はとの御質問でございます。  こちらの事業につきましては、平成28年10月14日財団法人自治総合センターへ助成申請書を提出、平成29年3月27日付で助成決定通知を受けております。

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

続きまして、山陽団地の活性化の取り組みについてお伺いをいたします。  かつてニュータウンと呼ばれ、地域の発展を支え続けた山陽団地も約50年がたち、高齢化、空洞化などの多くの課題が山積しています。このオールドニュータウン問題と称される課題は、山陽団地だけでなく、全国的にも解決すべき社会的な大きな課題の1つであります。