283件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2021-12-18 12月18日-06号

まず最初ですが、11ページのところに原子力発電所の問題が触れられています。ここの記載が、原子力発電所から100キロ圏外赤磐市は位置するので、発電所事故による被害可能性が低い地域ですという記載がございます。発電所事故による被害、これは何を指しているのか。放射能汚染であれば、100キロ圏外であろうが大変深刻な放射能汚染被害が報告されております。

倉敷市議会 2020-12-11 12月11日-03号

住民避難措置等訓練で、島根原子力発電所の原子力災害により屋外退避を指示された松江市の持田、本庄、美保関の避難訓練実施地区住民約120名が、原子力災害に備えた島根広域避難計画であらかじめ定められた倉敷市の避難所にバスで移動され、先ほど梶田参与の御答弁にもありましたけれども、避難経由所避難所として、計画上の避難経由所である水島緑地福田公園仮想地として倉敷市の中国電力株式会社水島発電所を経由して

玉野市議会 2020-12-11 12月11日-03号

東京電力がなぜ都内に原子力発電所を建設しないのか、それは100%の安全が保証できないからであります。災害時には市民の生命を守る最前線として機能しなければならない施設が、浸水地域候補地として挙がること自体、組織としてのリスク管理ができていないのかと感じております。 このことについて、市の内部でどのように検討されてきたのか、お尋ねします。

玉野市議会 2020-12-05 12月05日-01号

また、当面する緊急かつ重要課題については決議をもって対応することとし、東日本大震災からの復旧復興並び福島第一原子力発電所事故からの復興等に関する決議国土強靱化防災減災対策等充実強化に関する決議地方創生推進分権型社会実現に関する決議都市税財源充実強化に関する決議、持続可能な社会保障制度構築等に関する決議参議院議員選挙制度改革に関する決議をそれぞれ決定し、適切な措置を講じるよう

赤磐市議会 2020-12-04 12月04日-05号

周辺の原子力発電所から100キロメートル圏外なので赤磐市は心配はないと、そういう書き方をしているんですが、私の質問は、100キロメートル圏外放射線被曝の安全・安心の距離だと思っているんでしょうか。どのような根拠で100キロメートル圏外心配がないというふうにしたのか、その根拠をお示しください。 それともう1つですが、関連して、島根県と岡山県は既に原発災害の協定を結んでいます。

岡山市議会 2020-03-06 03月06日-06号

授業では,原子力発電等のメリットやデメリットについて学習する際,副読本を資料の一部として活用されることが考えられます。 この項最後に,文科省放射線教育に関する調査結果についてでありますが,今回の調査結果についてはまだ公表されておりません。 以上でございます。     〔34番下市このみ議員登壇〕 ◆34番(下市このみ議員)  それでは,一問一答で再質問させていただきます。 

鏡野町議会 2018-12-14 12月14日-03号

その避難についてでありますけれども、中国電力株式会社島根原子力発電所におきまして原子力災害が発生したときに広域的な避難が必要となる場合に備えまして、住民避難計画といたしまして、平成24年11月、原子力災害に備えた島根広域避難計画が策定をされております。平成28年3月には避難所等候補施設が示されたところであります。

津山市議会 2018-12-07 12月07日-06号

また、首都東京のすぐそば米原子力空母が常駐している、つまり原子力発電所が首都そばにあるのと同じことです。世界のどこにもこのような国はありませんよ。異常です。 米軍機による事故、兵隊、軍属による強盗、婦女暴行交通事故も、いわゆる公務中であれば、米側が第1次裁判権を有し、日本側は何もできない。立入調査もできない。それが米軍日本の関係の一部です。 

玉野市議会 2018-12-06 12月06日-01号

また、当面する緊急かつ重要課題については決議をもって対応することとし、東日本大震災からの復旧復興及び福島第一原子力発電所事故への対応に関する決議国土強靱化防災減災対策等充実強化に関する決議地方創生推進分権社会実現に関する決議都市税財源充実強化に関する決議、子ども・子育てに関する決議公立小中学校施設等整備のための予算確保に関する決議参議院選挙制度改革に関する決議をそれぞれ決定

鏡野町議会 2018-09-14 09月14日-03号

具体的には、人形峠にあります廃棄物につきまして、総称してウラン廃棄物と申しますが、原子力発電所から出る廃棄物とは異なり、半減期が極めて長い反面、放射能レベルが極めて低い廃棄物が大部分を占めておるという特徴がございます。 高レベル及び低レベル放射性廃棄物につきましては、既に国におきまして埋設のための法整備がなされております。ウラン廃棄物につきましては、いまだ法整備がなされておりません。

真庭市議会 2018-06-12 06月12日-03号

真庭市では、UPZが30キロ圏内ですが、その倍の60キロからさらに離れておりまして、全国で見て原子力発電所のところから非常に遠いところに位置しているということであります。ただ、風の向きとか諸要素によって、そんな60キロがどうなんだというようなことは、それは確かにありますから、安全性ということについて留意していく必要があると思います。 

里庄町議会 2017-09-08 09月08日-04号

まず、この事業は、東日本大震災被災地域復旧復興福島第一原子力発電施設事故を契機とした電力供給の逼迫への対応のため、再生可能エネルギー等地域資源を徹底活用し、災害に強い自立分散型のエネルギーシステムを導入し、災害に強く、低炭素な地域づくりを目的とした事業ということで進めてきたところでございます。 

玉野市議会 2017-06-08 06月08日-01号

さて、6つの決議事項でありますが、まず東日本大震災からの復旧復興及び福島第一原子力発電所事故への対応に関しましては、被災者生活再建支援地域産業復興再生に対する支援及び公共施設復旧支援などに対しまして必要な財政支援措置拡充制度設計を行うなど、特段措置を講じることを国に求めることとしております。 

浅口市議会 2017-06-05 06月05日-02号

それでは続きまして、私たちを取り巻く環境といいますか、大気ということにもかかわるんですけれども、質問になりますが、偏西風による原子力発電所事故危機管理について伺います。 このパネルですけれども、これはことしの5月の時点での現状でございます。我が国には、現在稼働している原子力発電所は3カ所、合計4基あります。

玉野市議会 2017-03-13 03月13日-06号

今回「たまの魂」を掲げさせていただいたのは、一つの理由としては、昨年市長会福島第一原子力発電所へ行かせていただいたときに、これは個人になるかもしれないですけど、感じる部分が強かったところがあります。