296件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-18 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号

続きまして、厚生常任委員会の委員長報告を求めます。  9番原田委員長。 ◆厚生常任委員長(原田素代君) それでは、厚生常任委員長報告を行います。  去る12月5日開会の本会議におきまして、厚生常任委員会に付託されました議案6件について、12月11日厚生常任委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その経過と結果の主なものについて御報告いたします。  

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

それから4番目、厚生常任委員会にて決定金額の変更はないというふうに答弁しているというふうに私は記憶しているんですけれども、この答弁は間違いでうそだったのかどうか、御答弁をお願いします。  5番目、この増額分は反社会的集団の資金源になる可能性がゼロと言えるのかどうか、明言をお願いします。

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

最初に、市長もおられたと思うんですけども、厚生委員会の中で私はきちっと調査して報告をしてくれと、ちょうど議会報告会に行く前の段階で、この質問がどこへ行っても出てくるのは想像がついたので、私たち説明をせにゃおえん立場の者が何にもないということじゃったら何も話せないという話をしたんですけども、そのとき現状では今の話と一緒で、これについてはまだわかりませんと。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

検診が隔年となりましたのは、がん検診のあり方に関する検討会において、がん対策推進基本計画に基づき検討を行い、厚生労働省がまとめた平成27年9月のがん検診のあり方に関する検討会中間報告書において、対象年齢は50歳以上、検診間隔は2年に1度とする提言がございました。この提言を踏まえ、赤磐市が実施する胃がん検診は29年度より2年に1度といたしたものでございます。  

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

厚生労働省は、ひきこもりへの支援策として平成22年から取り組んでおり、現在の課題としては、ひきこもりの長期化、高齢化やそれに伴うひきこもりを抱える家族や本人からの相談への対応、また関係機関、例えばひきこもり地域支援センターと保健所児童相談所等との一層の連携に対する早期支援が必要であるとの認識がなされております。

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、感染症予防事業について子宮頸がんの接種状況はとの質疑に、執行部は、定期の予防接種として定められているが、25年に厚生労働省より積極的な接種の勧奨を差し控えるという通達が来ており、29年度の接種者はゼロ人であるとの答弁。  次に、産業建設常任委員会の所管部分について審査を行いました。  

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

生活保護制度において、厚生労働省はエアコンなどの冷房機器を購入する際の費用、上限を5万円と設置費用の支給を認めるように生活保護に関する実施要領を改正し、6月27日に通知がございました。具体的には、今年4月1日以降に生活保護の受給を始め、世帯内に熱中症予防が特に必要とされる者がいることを要件とされております。  

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

その段階について、この協議があって、その次の直近の厚生常任委員会にもその内容を御報告させていただいた状況でございます。これについては、まだまだこれから緒についたばかりでございます。段階を追って、議会のほうにも御報告をさせていただき、協議、相談もさせていただくことにいたします。そういったところで、御理解よろしくお願い申し上げます。  

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

これは、厚生労働省令の改正により国の基準に準じて条例の一部を改正するものでございます。  次に、議第49号赤磐市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてでございます。これは、内閣府令の改正に伴う改正で、引用条項を修正するものでございます。  

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

続きまして、厚生常任委員会の委員長報告を求めます。  9番原田委員長。 ◆厚生常任委員長(原田素代君) おはようございます。厚生常任委員長報告を行います。  去る6月18日開会の本会議において厚生常任委員会に付託されました議案4件及び請願1件について、6月21日厚生常任委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その経過と結果の主なものについて御報告いたします。  

赤磐市議会 2018-06-18 平成30年 6月第2回定例会-06月18日−04号

それから、先ほどの説明で上限50万円5件と、こういう話、3分の1かとこういう話なんですけど、この3分の1という金額は50万円とは関連せんのんかということと、それからもう1点は、先ほど説明もあったんですが、今までの総務委員会でも空き家については関係しとるし、産建が実行部隊と、こういう形になるんですが、先ほどの話では環境の問題でいえば厚生も係るということで、3委員会に係るんで、これの受け付けが今度は話になったときに

総社市議会 2018-06-04 06月04日-04号

今、せっかく厚生労働省から吉田氏を招聘して、次長としているわけですから、全ての保険加入者のデータを総括して、そしてこれをやったから医療費が全体的にはこうなりましたよ、疾病状況はこうなりましたよ、死亡原因はどうなりましたよという、全市民を対象にした結果報告ができるように、そのような方向に向けて進めていきたいと考えております。 ○議長(加藤保博君) 保健福祉部長

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

続きまして、厚生常任委員会の委員長報告を求めます。  9番原田委員長。 ◆厚生常任委員長(原田素代君) それでは、厚生常任委員長の報告を行います。  去る3月2日開会の本会議におきまして、厚生常任委員会に付託されました議案19件及び請願1件について、3月8日厚生常任委員会を開催し慎重に審査いたしました。その経過と結果の主なものについて御報告いたします。  

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

今まで厚生労働省令に規定されていましたが、改正されたことに伴い、指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等の一部を改正する省令に関する基準条例に規定し直すものでございまして、内容についてはおおむね省令と同じでございます。  要点のみの説明とさせていただきます。  それでは、初めに目次でございます。  第1章、総則の第1条、条例の趣旨でございます。

赤磐市議会 2017-12-18 平成29年12月第5回定例会-12月18日−05号

初めに、厚生常任委員会の委員長報告を求めます。  9番原田委員長。 ◆厚生常任委員長(原田素代君) おはようございます。  それでは、厚生常任委員長の報告を行います。  去る12月5日開会の本会議におきまして、厚生常任委員会に付託されました議案8件について、12月7日厚生常任委員会を開催し、慎重に審査いたしました。その経過と結果の主なものについて御報告いたします。