9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

瀬戸内市議会 2020-09-20 09月20日-06号

瀬戸内市立瀬戸内市民病院で発生した医療過誤による損害について、次のとおり賠償額を定め、和解するものとする。1、和解の相手方は、ごらんのとおりでございます。2、医療過誤内容につきましては、平成29年7月14日、瀬戸内市立瀬戸内市民病院を受診した相手方に対し、同病院医師がんを疑う所見を見落とし、その結果、治療が1年おくれるなどの損害をこうむらせたものでございます。

鏡野町議会 2015-03-23 03月23日-04号

ます、請願項目1つ目ウイルス性肝硬変、肝がんに係る医療費助成制度を創設することに関してでありますけれども、国の医療過誤等々に基づくものと自己責任においてこういった疾病にかかってしまったことを峻別すべきではないかといった御意見だったように思いますけれども、現状におきましても、国の研究において50万人といわれておりますこの肝硬変患者について、国の責任として認められたものは1万件しかございません。

鏡野町議会 2011-03-03 03月03日-02号

私としては一番には医療過誤、医療ミスのないシステムづくりをお願いしたいと思いますけども、そういうことがこの電子カルテ導入によりまして解決していくのかどうか、またその辺もこの電子カルテ導入がどういうふうに効果を出すのか、その辺を病院事務長にお尋ねしたいと思います。 以上です。 ○議長(河田紘君) 産業観光課長長石君。

鏡野町議会 2010-09-14 09月14日-03号

質問では3番になりますが、鏡野町立病院医療過誤が起こりそうになったと聞きますが、その後の対策は万全なのでしょうか、町長に対してお尋ねいたします。 次に、産業観光、文化の総合的振興によるまちづくりについてお尋ねをいたします。 質問では4番目であります。我ら鏡野町は、少子・高齢化社会がますます進み、高齢化率も40%を超える地区もあると聞いています。

備前市議会 2006-12-05 12月05日-04号

まず1点目、非常に初歩的な質問でありますけども、医療ミス事故医療過誤の違いが私には到底わかりません。このものについてわかりやすく教えていただきたいと思います。 それから、メディアで報道されている造影剤の誤注射というのは本当なのでしょうか。カルテの記載を見逃したのも事実でしょうか。 

備前市議会 2006-12-01 12月01日-02号

病院とも施設等が違っており、基本的に具体的なマニュアルは個々の病院で作成されるべきと考えておりますが、3病院とも医療事故防止対策委員会を毎月1回開催し、それぞれの現場での報告問題提起を行い、医療過誤事故を防止する会議を行っております。 吉永病院で今回事故が発生したことは非常に残念であり、再発防止に向け委員会内容充実や細かいマニュアル見直し等の改善を早期に行ってまいります。 

井原市議会 2005-03-10 03月10日-02号

さらに、17年度には第2次オーダリングとして、注射、点滴、病名、処置、画像、手術申込、リハビリ、医療過誤の7オーダーの導入を計画しております。これをもってこのオーダリング導入計画は完了するということになります。 電子カルテ導入につきましては、補助制度動向把握操作仕様などの検討が必要かと考えており、現段階では導入時期の特定はしておりません。

  • 1