3678件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2030-09-13 09月13日-04号

がん患者に限ったものではありませんが,要介護1以下でありましても,ケアマネジャーの判断と医師医学的所見等によって,例外的に福祉用具のレンタルを認める場合はございます。 次に,総合事業について,アンケートにより,事業所がふえない理由と課題,通所型と訪問型でどう整理しているのかとのお尋ねです。 

鏡野町議会 2025-12-13 12月13日-03号

住民への医療サービス提供と経営の安定には医師数が必要となります。現在、鏡野町の医師の確保に向けた取り組み活動と今後の鏡野病院医師数の動向をお尋ねをいたします。 4番目といたしまして、医師の確保に向けた重要な要因となるのが、医師の働き方改革であります。

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

また、市内の病院歯科医師会と連携をして、入院中から口腔ケアを実施しているところでございます。また、愛育委員や栄養委員による口腔機能維持体操である、かみかみ百歳体操というのですけれども、各公民館で普及啓発や低栄養防止のための食事の普及啓発も、あわせて地域でも行っているというところが現状でございます。 ○議長(劒持堅吾君) 三宅啓介君。 ◆6番(三宅啓介君) 分かりました。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

その中で,このたび6月5日,倉敷中央病院,笠岡医師会,笠岡市の3者は地域医療連携に関する協定書を締結したとあります。それで今日,山陽新聞とか中国新聞を見ましたら,実は載っていませんでした。確認の意味で質問しますけども,市民病院のほうからしてこの協定書はどういう意味があるのか,この協定書ができたから,今後,市民はどういういい面があるのかということも含めてお尋ねします。

笠岡市議会 2024-09-12 09月12日-04号

笠岡市民病院はいつも医師が必ず1人は常駐しているということで救急体制をとっております。ここ数年の救急の状況ですけれども,時間外患者数で見ますと,これは救急車以外の方も含んだ数ですけれども,平成28年は1,700人ちょっと,それから29年が2,000人,それから30年が2,200人と,時間外の救急患者の方の市民病院の受け入れは増えているという状況でございます。 

津山市議会 2023-10-01 10月01日-08号

医師の診断により精神疾患の一つとして捉えられることが多かった医学用語であり、身体的な性と心の性に差があるトランスジェンダーと極めて近い概念として理解されてきた経緯があります。 しかし今や、性同一性障害精神障害ですらありません。ことしの5月には、WHO世界保健機関性同一性障害精神障害の分類から除外しています。

倉敷市議会 2023-06-19 06月19日-05号

また、参考に用水路などへの転落事故を調べてきた倉敷中央病院救命救急センターの市川 元啓医師にも協力を得て、倉敷中央病院への搬送数と死亡者数を入れさせていただいております。 この3年間の消防局の出動件数と死亡者数を合計してみますと、先ほど御答弁いただきました385件と、20名が用水路に転落してお亡くなりになっております。

備前市議会 2022-12-04 12月04日-02号

個別検診については、本年度岡山市医師会、岡山市内の医師会連合会、赤磐市医師病院と新たに契約を結び、前年度まで9医療機関だったものを54機関に拡大をいたしております。また、検診バスにより集団検診についても23会場で実施をしております。 普及啓発につきましては、愛育委員が各戸に訪問して手渡ししている検診ガイドによる周知のほか、6月号広報医療機関一覧を折り込み配付をいたしました。

玉野市議会 2022-09-12 09月12日-04号

全国的に医師不足と言われているが医師確保に向けての活動は。また、泌尿器科等常勤医師の確保に向けての活動はどうなっていますか。 それから、6月議会で産婦人科についての議論があったが、岡山県内での国公立病院の産婦人科の状況について教えてください。 そして、現在199床の市民病院は、看護師不足のため159床が利用可能と聞いています。本年度の稼働病床数は。 

岡山市議会 2022-06-17 06月17日-03号

里親やファミリーホームに対しては,こども総合相談所の児童福祉司,児童心理司医師による児童へのかかわり方の助言や一時保護所で児童を預かることで里親が一時的に休養をとれるレスパイトなどの支援を行っております。また,各施設里親支援専門相談員や児童家庭支援センターによる養育相談のほか,里親会が里親同士で気軽に相談し合える交流会を開催するなどの支援が行われています。 

笠岡市議会 2022-06-07 06月07日-03号

笠岡市立市民病院には常勤医師が1名おり,平日は毎日午前中診察を行っております。また,第3土曜日の午前中も診察を行っております。整形外科の診察を希望される場合は,当院にもお越しいただければと思います。ただ,当院でもある程度の待ち時間はございますので,御理解を賜りたいと存じます。 以上でございます。 ○副議長(大月隆司君) ただいまの執行部の答弁に対し,再質問ありますか。 藤井義明議員

倉敷市議会 2021-12-13 12月13日-05号

日本医師会は、拙速に議論を進めるのではなく、国民生活への影響を見きわめる必要があると訴えています。高齢者の受診抑制は高齢者の命にかかわる問題であり、結局、重症化によって医療費が一層増加することにもつながります。倉敷市として国に対して、負担増をやめるよう意見を上げるべきと考えます。 もう一つは、介護保険の改悪です。 

倉敷市議会 2021-12-12 12月12日-04号

また、高齢者肺炎球菌ワクチンは、医師が必要と認めた場合には10月から接種を開始しているインフルエンザワクチンと同時接種も行うことができると国が定めているため、医療機関に接種勧奨していただくようお願いしてまいります。 今後も、定期接種の対象となっている方に個別通知を行い、あらゆる機会を捉え周知するとともに、医療機関と連携して一人でも多くの方に接種していただけるよう努めてまいります。

倉敷市議会 2021-12-10 12月10日-02号

市民病院事務局長(島田旭君) 市民病院では、発災後の対応といたしまして、医師看護師などの医療チームを避難所に派遣いたしました。 ○副議長(三村英世君) 続いて、1番 田口 明子議員。            (1番  田口 明子君  質問者席登壇) ◆1番(田口明子君) (拍手)皆さんお疲れさまです。日本共産党倉敷市議会議員団の田口 明子です。 

総社市議会 2021-12-05 12月05日-02号

昨日も医師が亡くなったということがありますけれども、こういうふうな犯罪被害者が出る事件、殺人事件ですが、これを市長はどう捉えられておりますか。 ○議長(劒持堅吾君) 市長。 ◎市長(片岡聡一君) この犯罪については、もう時代とともに変わっていると思います。例えば江戸時代の話をしてもいけませんが、昔は恨みつらみで、やられたらやり返すということを許すという制度がありました。