311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

 四ケ郷組合議会議員選挙について第9 六ケ郷組合議会議員選挙について第10 西一郷半組合議会議員選挙について第11 決議案第1号 「多様性尊重社会の実現に向け,世代にわたる取り組みを推進すること」を求める決議第12 常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査について 1 継続審査  〇 保健福祉委員会    平成28年陳情第40号 安全・安心の医療介護の実現と夜勤交替労働

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

先月末に政府閣議決定された過労死等防止対策白書の中では、過重労働が顕著な重点業種といたしまして、教職員などの5つの業種があげられておりました。全国の教職員約3万5,000人から回答があった調査の中では、約80%が業務に関するストレスや悩みを抱えていると回答をされております。この抱えているストレスや悩みの内容では、複数回答の中で長時間勤務の多さが約45%という、最も多い回答がございました。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

厚生労働省は、ひきこもりへの支援策として平成22年から取り組んでおり、現在の課題としては、ひきこもりの長期化、高齢化やそれに伴うひきこもりを抱える家族や本人からの相談への対応、また関係機関、例えばひきこもり地域支援センターと保健所児童相談所等との一層の連携に対する早期支援が必要であるとの認識がなされております。

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

魅力ある企業として認知されれば、若者の流出防止、UIJターン者の受け皿となり、雇用並びに労働力の確保につながるものと確信いたしております。 いずれにいたしましても、先ほど申しました積極的な企業誘致と地場産業の応援により若者が出ていかない、若者が帰ってくる井原を目指してまいりたいと考えております。 ○議長(西田久志君) 坊野公治君。

倉敷市議会 2018-10-02 10月02日-06号

請願の趣旨は、任用制度の移行に当たっては必要な財政支援を国に求めること、また現に雇われている臨時非常勤職員雇用労働条件が維持、改善されるように求めているものであります。 委員長の報告は不採択ですが、請願者の意思を尊重して採択されるべきものであり、不採択に反対をいたします。 以上で討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手) ○議長(斎藤武次郎君) 討論を終わります。 

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

号 人権擁護委員候補者の推薦について第6 意見書案第3号 教育の一層の充実を図るための2019年度政府予算に関する意見書第7 議員派遣について第8 常任委員会及び議会運営委員会における閉会中継続審査及び継続調査について 1 継続審査  〇 保健福祉委員会    平成27年陳情第22号 心身障害者医療費公費負担制度の改善について    平成28年陳情第40号 安全・安心の医療介護の実現と夜勤交替労働

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、感染症予防事業について子宮頸がんの接種状況はとの質疑に、執行部は、定期の予防接種として定められているが、25年に厚生労働省より積極的な接種の勧奨を差し控えるという通達が来ており、29年度の接種者はゼロ人であるとの答弁。  次に、産業建設常任委員会の所管部分について審査を行いました。  

岡山市議会 2018-09-20 09月20日-10号

国の制度に,平成30年7月豪雨による災害に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が一時的に休業等を行い労働者の雇用の維持を図った場合に休業手当賃金などの一部を助成する雇用調整助成金があります。 以上です。 ◎桐野眞二下水道河川局長  排水ポンプユニットについて一括してお答えします。 能力,台数につきましては,市民ネットの羽場議員の再質疑にお答えしたとおりです。

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

生活保護制度において、厚生労働省はエアコンなどの冷房機器を購入する際の費用、上限を5万円と設置費用の支給を認めるように生活保護に関する実施要領を改正し、6月27日に通知がございました。具体的には、今年4月1日以降に生活保護の受給を始め、世帯内に熱中症予防が特に必要とされる者がいることを要件とされております。  

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

これは、厚生労働省令の改正により国の基準に準じて条例の一部を改正するものでございます。  次に、議第49号赤磐市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてでございます。これは、内閣府令の改正に伴う改正で、引用条項を修正するものでございます。  

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

次に、請願第5号「協同労働協同組合法(仮称)」の速やかな制定に関する意見書の提出を求める請願書について。  まず、紹介議員に趣旨説明を求め、その後紹介議員に質疑を行った。  委員より、NPO法人にもなれると思うが、なぜしないのかとの質疑に、紹介議員は、NPOという形をとりたくなく、協同組合としての法人にしたい。また、法人格を持つことによって就労者は労働者としての保障が得られるとの答弁。  

総社市議会 2018-06-04 06月04日-04号

今、せっかく厚生労働省から吉田氏を招聘して、次長としているわけですから、全ての保険加入者のデータを総括して、そしてこれをやったから医療費が全体的にはこうなりましたよ、疾病状況はこうなりましたよ、死亡原因はどうなりましたよという、全市民を対象にした結果報告ができるように、そのような方向に向けて進めていきたいと考えております。 ○議長(加藤保博君) 保健福祉部長

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

所得税法第56条の廃止は中低所得者層に重く課税する日本の税制に突破口を開くものであり、廃止を求める運動は全労働者の利益にもつながっていますと、このように言っています。  昨年の12月末時点でこの請願の採択自治体は全国で495自治体となっております。岡山県内の自治体でも最新の資料で14市町村で採択されております。

新見市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

       │ │  │  │       │   「産業のまち」』の施策について│       │ │  │  │       │  1) 市内消費を喚起する取り組みの│       │ │  │  │       │    具体策は          │       │ │  │  │       │  2) 新たな観光戦略及び市内外から│       │ │  │  │       │    の労働力確保