311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鏡野町議会 2020-12-14 12月14日-03号

視察先は山梨県身延町でありまして、選定理由PFI事業電気通信事業を行っている唯一の先進自治体であったということであります。議会への説明でありますけれども、本事業は合併当初に4地域にありました情報格差の解消を目指す中で平成23年度末に担当課内で基本構想を策定いたしまして、最初の議会への説明平成24年3月でございました。

玉野市議会 2020-12-10 12月10日-04号

しかしながら、一度使用した袋が改めてごみ袋として使用されることになりますので、買物後の運搬時に裂けたり、破れたりすることにより、市民の皆様に必要以上の負担が生じる可能性がありますほか、スーパー等事業者におきましてもレジ等において袋が破損しないよう適切に保管する必要があるなどの負担も考えられますので、これらの課題や懸念に対する先進自治体対応状況を十分に検証する必要があると考えております。 

玉野市議会 2020-12-08 12月08日-02号

本市公共施設再編整備につきましては、先進自治体取組状況などを情報収集しつつ、従来からの手法にとらわれることなく、より効率的、効果的な手法検討しながら推進しているところでございます。 具体的には、学校給食センターではPFI競輪施設では包括業務委託消防施設ではデザインビルドといった民間連携の代表的な手法を取り入れて整備を進めております。 

津山市議会 2020-12-07 12月07日-02号

導入については先進自治体運用実績等を検証し、その有益性を確認しながら検討していく。スケジュールについても今後の取組の中で組み立てていくと答弁されました。現状をお知らせください。 続けて、地方分権改革提案募集方式についてお尋ねをいたします。 2020年の地方分権改革提案の93%が実現対応可能との記事を目にいたしました。

備前市議会 2020-12-03 12月03日-03号

今後の見込みといたしましては、先進自治体導入効果や費用対効果検討しながら取り組んでまいりたいと考えております。 また、民間委託が可能な業務につきましては、積極的に検討もして実施していきたい、このように考えております。 2番目の1点目、移住者受入れ振興策についてですが、教育や子育て環境の充実は大きな要因であると思います。

浅口市議会 2020-12-02 12月02日-04号

こうした状況下において、拙速な対応というのは、オンライン化に伴う関連システムカスタマイズ等に係る経費の重複投資というようなこともありますので、国の動向を注視いたしまして、先進自治体動向等情報収集を行いながら、市民サービス向上及び業務効率化省略化、こういったものを目的に検討を進めていきたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○議長井上邦男) 山下議員、どうぞ。

玉野市議会 2020-09-23 09月23日-07号

また、三井病院との統合問題につきましては、両病院とも医師の不足、確保に苦慮している、市民病院は常に赤字経営に苦慮してきましたし、三井病院造船事業斜陽産業となっていることから、先進自治体である倉敷事例参考にすべきです。第2次産業は20世紀産業であることから、倉敷市の場合、JFE病院倉敷中央病院へ売却、三菱自動車病院は廃業しています。

玉野市議会 2020-09-08 09月08日-02号

今後、御紹介いただきました人感センサーを組み合わせた、より高度なシステム導入については、先進自治体の例を参考調査研究をしてまいりたいと考えております。 最後に、福祉電話設置事業の拡充についてでございますが、現在携帯電話を保有する高齢者等に対しては、既に連絡手段確保されているなどの理由から、福祉電話貸与は実施しておりません。

玉野市議会 2020-06-11 06月11日-04号

先進自治体取り組み状況なども情報収集しつつ、従来からの手法にとらわれることなく、より効率的、効果的な手法も含めた協議をさせていただいているところでございます。 本市といたしましては、厳しい財政状況には変わりはございませんので、公共施設再編整備に関する検討を行う際には可能な限り一般財源負担が軽減できるよう、具体的な事業手法財源等について精査をしてまいりたいと考えてございます。 

玉野市議会 2020-03-23 03月23日-09号

当局の説明によりますと、先進自治体状況を見ながら課題の抽出に努めており、どういった統廃合が可能か研究しているところであるとのことでありました。 委員会といたしましては、本議案を別段異議なく可決すべきものと決定いたしました。 

玉野市議会 2020-03-05 03月05日-04号

次に、5点目の箱わな貸与制度及びその貸与数制限の根拠についてでございますが、捕獲隊制度に参加した場合は必ず箱わなが必要になることから、地域への支援策検討する中、先進自治体事例において、国庫補助を活用して鳥獣被害防止対策協議会わなを調達し、狩猟者貸与していたものを参考にしたものでございます。 

玉野市議会 2020-03-03 03月03日-02号

今年度は、各市町の情報意見交換先進自治体職員大学教授による勉強会研修会として、計3回実施しております。また、この連携中枢都市圏以外にも倉敷市や笠岡市などの近隣自治体との情報交換や他県の先進自治体取り組み事例などの情報収集を行ってございまして、そうした調査研究を重ねた結果、本市イノシシ捕獲隊制度の創設につながったものと考えてございます。 以上、お答えといたします。

玉野市議会 2019-12-13 12月13日-05号

しかし、全国先進自治体では、ボトムアップによって公共再編整備が行われるようになってまいりました。岩手紫波町、香川三豊市、東京周辺都市、鎌倉市等や首都圏23区の一部です。 私は、21世紀平成元年に、平成維新を本会議場で訴えました。令和元年の本議会でも、令和維新を掲げて質問を行います。 各施設再編整備についてであります。 

津山市議会 2019-10-01 10月01日-08号

職員の方からは、ひきこもり支援先進自治体である総社市を見習って、追いつけ、追い越せの気持ちで取り組んでいくとの言葉も聞かれました。スタートしたばかりの津山市独自のひきこもり支援の今後には期待しております。 一般質問でも述べましたが、思いやりこそがあらゆる施策に必要不可欠な要素です。

岡山市議会 2019-09-17 09月17日-05号

あわせて,公会計化参考となるよう先進自治体事例も紹介されています。 学校給食費公会計化等により見込まれる効果として,教員の業務負担の軽減,保護者利便性向上学校給食費徴収管理業務効率化が挙げられ,そのほかの効果として,学校給食費管理における透明性向上学校給食費徴収における公平性確保学校給食の安定的な実施が見込まれるとあります。