66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

総社市議会 2018-10-17 10月17日-01号

なお、本件事故に関し、相手方と本市との間に一切の債権債務関係がないことを確認しております。 この和解及び損害賠償の額の決定につきましては、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定に基づき、市議会議決を得て定めようとするものでございます。 このような事故が発生いたしましたことにつきまして、深くおわびを申し上げる次第でございます。

高梁市議会 2016-08-31 08月31日-05号

先ほど御指摘ありましたように、不納欠損処理につきましては当然自主財源を確保するというふうなこと、それから債権の適正管理、市民負担の公平を図るというふうなことについて強化していかなければいけませんけど、不納欠損をする場合、大体全体的には9,000件ぐらいなデータが毎年出てくるわけでありまして、それを精査するということでやむを得ない場合は不納欠損でありますけど、不納欠損の理由といたしまして大きなものにつきましては

瀬戸内市議会 2015-12-04 12月04日-04号

いただいた資料では、基金残高88億円のうち50億円を20年以上の超長期債権、通告では長期債券と書いてますけど、10年以上のものは超長期債券というそうですが、超長期債券を購入しています。30年、40年という超長期の債券もあります。それぞれの基金目的に沿って計画的に事業を行うだけでなく、災害等いざというときに対応できるのか、お考えをお聞かせください。 

瀬戸内市議会 2014-02-28 02月28日-02号

税法に基づいて財産調査とか自治体への実態調査、これは市外の方という話になりますが、資産、動産債権等の調査を実施いたしまして、これに基づきまして滞納者に応じた対応を行いまして、自主納付の内示的には勧告といいますか、そのような勧告を行っておるところでございます。 また、財産調査によりまして、納税における財産のない滞納者、また関係課からの情報提供による生活保護費等の受給対象者等もいらっしゃいます。

瀬戸内市議会 2012-09-14 09月14日-05号

(2)本件事故に関して上記以外、市及び相手方の間に債権債務関係の存しないことを確認する。 以上で議案第99号の説明を終わります。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(堤幸彦議員) 追加議案の提案理由並びに内容の説明が終わりました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程2 質疑 ○議長(堤幸彦議員) 日程2、議案の質疑を行います。 

瀬戸内市議会 2011-12-22 12月22日-06号

また、清算に向けて大きな課題でありました借入金と未払金、約4億6,000万円弱については、全債権者より全額債権放棄のご理解をいただき、書類手続もできたとの内容でありました。なお、決算報告書によれば、会社の残余財産はゼロ円であること、また株式1株当たりの分配額についてもゼロ円であることを定めて、去る12月10日に清算業務が終了したと報告されております。

瀬戸内市議会 2010-03-05 03月05日-04号

現在の作業状況としては、債権者集会等々、さまざまな動向をつぶさに注意深く見守りながら将来像をメンバー間で共有をすると、具体的なイメージを持ちながらということでございますが、一つは今後の目標達成に向けたスケジュール感、これは当然外部環境によって前後いたしますけれども、こういったものをイメージをメンバー間で共有をしていくということ、もう一つは今具体的に行っている作業としては、1点目が問題点の掘り起こし、

岡山市議会 2008-03-25 03月25日-13号

2月には,8日,15日,26日と計3回の委員会を開催し,当局から,シルバー人材センターの現状と再建への取り組みについて,1,シルバー人材センター危機的状況として3,600万円相当の大口未払金の債権者が存在し,最悪の場合は法的手段に訴えられる可能性も否定できない。また,大口借り入れを受けている厚生会,岡山市公園協会からは平成19年度決算期を迎えており,強い返済要求がある。

瀬戸内市議会 2007-03-09 03月09日-07号

あと償還計画でございますけれども、銀行等の資金であることから債権者との協定によるということになりますけれども、通常財政融資資金等、国の資金の場合におきましては、道路整備でございますので、大体起債としては15年償還となっておりまして、これを基準にしていきたいというふうには考えております。 以上でございます。 ○議長中村勝行議員) 企画部長

瀬戸内市議会 2005-03-02 03月02日-01号

決算審査意見書の監査委員の意見でも申し上げるが、滞納、未納についてはその者の債権にも注目すべきである。表⑤は、国民健康保険税の滞納者のうち、その者に対する高額療養費の支給状況である。滞納がある者で高額療養費の給付を受けた者10名を抽出したものである。滞納税額591万1,566円に対し、高額療養費給付額は338万286円である。

高梁市議会 1996-07-30 07月30日-01号

それから、損失補償というものは、皆さんも既に御承知とは思いますが、本質は損失が生じて初めてその補てんというものが発生するわけでございますが、単にある債権弁済されないからといってそれを補償する、その弁済金を賠償するというものではございません。

岡山市議会 1988-03-23 03月23日-10号

次に,山田大型共同作業場建設費について委員から,本施設は対象地域の人々が自立するためのものであるから当然成功させねばならないが,もしも赤字になって倒産という事態を招いた場合でも,あくまで市有の施設,備品については第三者である債権者に対しても対抗できるようきちんとした法律上の手を打っておくべきであるとの指摘がなされたのであります。 

岡山市議会 1988-02-14 02月14日-04号

さらに,徹底した財産調査による預貯金,債権給与等の差し押さえなどの強化を行いまして,滞納整理に当たっております。 今後は,現在進めております滞納整理支援システム,これを一日も早く稼働させまして,効率的な滞納整理に努めてまいりたいというふうに考えております。 

岡山市議会 1987-07-06 07月06日-03号

なお,金融の緩みと金利も下がっているときでもあり,繰り上げ償還とか,債権の組み替え,担保の変更,利子の是正等も考慮すべきだと思いますが,これには財政当局,さらに助役さん方の運用の妙,手腕やいかにかかっていると思いますので,これも御所見を伺わさせてください。 

岡山市議会 1987-07-02 07月02日-08号

そして,最終的には資産の部が明らかになり,それが企業会計的なセンスで統一の基準のもとに公開されることによって,実はマーケットが形成され,市に対する普通の形での債権の発行であるとか,あるいは借り入れ,貸し出しということがマーケットのさばきの中でできるようになれば,これは一つの道であります。

岡山市議会 1987-06-26 06月26日-01号

することに伴い,その報酬額を定めるものであり,甲第110号議案は,地方公務員災害補償法の改正に伴い,本市の議会議員,その他非常勤職員公務災害補償制度についても,通勤の定義に関する規定及び収監中の場合の休業補償の取り扱いの規定を整備するとともに,年金たる補償に係る補償基礎額について年齢階層ごとの最低限度額及び最高限度額を設定する等の所要の改正を行うものであり,また甲第111号議案は,生活改善資金の貸付債権残高

玉野市議会 1987-03-12 03月12日-05号

このまま放置することについては、事業団におきましてもこれは不良債権になるんじゃないかというふうに私は考えておるわけでございます。 したがいまして、本日申し上げますのは、そうした経緯をどのようにとらまえ方をし、なおかつ今後どのように考えておるのかということがお聞きしたいわけでございます。