319件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

この事業費は,岡山市倉敷,総社市,赤磐市共同で認定された日本遺産桃太郎伝説」のストーリー及び構成文化財を活用し国内外に情報発信するとともに,受け入れ体制の整備を行うものであります。 委員から,昨年5月に日本遺産の認定を受けたが,地元の方でさえ認知していない状況であり,まして観光客への認知度が高まったとは感じられない。

備前市議会 2019-03-08 03月08日-04号

よりよいがん教育授業ができるよう、倉敷では外部講師を招いてことし1月10日に倉敷市立北中学校でがん教育授業、講演会が行われ、参加してまいりました。 講師は、東京女子医科大学がんセンター長の林和彦先生。林先生は、学校でのがん教育に早くから取り組み、ついには特別支援学校中学校高等学校教員免許をそれぞれ取得され、各地で出張授業を続けておられます。 

赤磐市議会 2018-12-18 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号

岡山県におきましても、岡山市倉敷津山市、笠岡市、備前市瀬戸内市、浅口市、和気町などなど、今や多くの自治体が導入しております。まさにこのコンビニ交付サービスは時代の流れであり、今や当たり前の時代になっております。市民のニーズに合った高い行政サービスであるとともに、事務の効率化、負担軽減など行政にとりましても大きなメリットがあるこのコンビニ交付サービスを導入すべきと考えます。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

岡山市倉敷等へも近うございます。ですけどまだまだ諦めずに探せば、いらっしゃるのではないかなというふうに思いますが、そのような取り組みは今後、長期的な話になるかもしれませんけども、種まきとして取り組んでいただくことはいかがでしょうか。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) 御提案いろいろありがとうございます。  

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

7月に活発な梅雨前線の停滞などにより、甚大な被害が発生した西日本豪雨では、岡山県で初めて大雨特別警報が発令され、倉敷真備町や岡山市平島エリアを初め、多くの地域で被害が発生したことは、皆様承知のとおりです。そして、赤磐市におきましても、各地域避難勧告が発令されるなど、緊迫した状況が長時間続き、市内各所で多くの被害が発生しました。

倉敷市議会 2018-10-02 10月02日-06号

(第3号)から議案第93号 令和元年度倉敷水道事業会計補正予算(第2号)まで予算案3件、日程第7 議案第94号 倉敷短時間勤務会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてから議案第119号 倉敷21世紀学校給食検討委員会条例の廃止についてまで条例案26件のうち、去る9月12日に決定いたしました6件を除く20件、日程第8 議案第120号 財産処分についてから議案第132号 平成30

岡山市議会 2018-09-20 09月20日-10号

そういうような形で南区も対応しておったんですけれども,今回は幸い南区に大きな被害がなかったんですが,かえって市内全体を見ることができまして,倉敷の真備地区にも何度か応援に行くこともできました。まずもって被災者の生活再建支援や公共施設等の復旧のための予算とともに,今後に向けた防災対策を強化するための予算を計上されたことは評価したいと申し上げたいと思います。 それでは,早速質疑に移ります。 

浅口市議会 2018-08-28 08月28日-01号

さて、近隣の被災地への支援といたしましては、水道水の提供、浅口市健康福祉センター浴場の無料開放、復旧作業を行う被災者ボランティアの暑さ対策として、浅口市の特産品であります麦わら帽子の提供や麺協や婦人会の皆様の御協力によるそうめんの炊き出し、そして現在も引き続き避難所運営支援のため倉敷職員を派遣をしております。 

浅口市議会 2018-08-27 08月27日-01号

特に、高梁川流域の構成市町として当市ともつながりのある倉敷真備町、総社市では甚大な被害となり、懸命な復興が進んでおりますが、まだ道半ばであります。 

総社市議会 2018-07-20 07月20日-01号

質問させていただく前に、まず誤解がないためちょっと補足しておきますけれども、決して、倉敷の方が多くの避難所に来て避難されておりますけれども、そこを差別するとかそういった趣旨のことではなくて、やっぱりこの予算を執行していくためには総社市の職員だけでは限界がある。もう倉敷にもしっかり要請をしていただきたい、こういう願いからの質問であります。 

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

倉敷でもこのことが問題になっているということです。  また、直営で手間をかけてできることが、コスト最優先の民間業者への委託では不可能になってきたからだと考えられますと言われています。アレルギー対応で赤磐市直営では27品目、津山市では20品目、岡山市は1品目もやられてなかったとのことであります。岡山市民営化率を60%にとどめて、40%は直営を維持していく方針です。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

また、できればで結構なんですが、費用対効果数値、倉敷の高架橋などでは県と倉敷さんのほうで費用対効果の数値化をしていただいたりしておりますが、この件ではそういったようなことができるのかできないのかあわせて教えてください。  以上です。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  前田総務部長。

赤磐市議会 2017-09-05 平成29年 9月第4回定例会-09月05日−04号

その下に、8位に瀬戸内市、11位に津山市、15位に笠岡市、17位に倉敷。倉敷よりずっと住みやすいというふうに評価されているんです。すごいですよね。これ、なぜこういう評価されているのか。私は、恐らくこれは、岡山ネオポリス、桜が丘地区があるからというふうに考えております。なぜか。実は4年前とことしと、人口の増減を調べました。この4年間のうちに、赤磐市としては419名減少しています。減ってます。

赤磐市議会 2017-09-04 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号

また、倉敷の児島地区では、豪雨により建設中のパネルの基礎が崩れる事故が起きております。イノシシや猿、鹿などのすみかがなくなり、被害が増すことも考えられます。パネルの輻射熱による周辺温度の上昇も心配です。動植物生態系への影響はもちろん、住民の生活環境にも大きな影響を及ぼすおそれがあります。このようなことについて、地元に十分説明をされているのでしょうか。御答弁お願いしたいと思います。

浅口市議会 2017-09-03 09月03日-03号

岡山県が今推進しているWi-Fiでございますが、これについては浅口市にも岡山県から案内があったところでございますが、本市の主要場所への公衆無線LAN環境の整備につきましては、このおかやまWi-Fi、それから、現在浅口市で利用しております高梁川流域フリーWi-Fi、これは倉敷を中心として高梁川流域の自治体7市3町がこの流域域事業というのを進めておりますが、その中で整備されたWi-Fiでございますが、

総社市議会 2017-08-28 08月28日-04号

倉敷は約4,600台が配備をされると聞いておりますが、450機の配付先の詳細が決まっておればお教えください。 それと、2番目、配付時に使用方法などのデモンストレーションは行うのかどうか。これ、我が党におきましても勉強会がございまして、音を鳴らして、その様々な警報の音の違い等を勉強したところでございまして、また電池の寿命等もございます。その辺もデモンストレーションを行うのかどうかお伺いをします。 

赤磐市議会 2017-06-13 平成29年 6月第3回定例会-06月13日−03号

岡山県でも、岡山市倉敷津山市、高梁市、備前市、真庭市、勝央町、美咲町、8つが既に補助金の活用に取り組まれております。利活用を促すためには必要不可欠と思いますが、お考えを聞かせてください。よろしくお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) 再々質問に私のほうから何点かお答えをさせていただきます。  

浅口市議会 2017-06-07 06月07日-04号

学童保育が、実はこれは悲しいことですが、お隣倉敷学童保育の現場でこのエピペンを持ってるからということが理由で預かれないというようなお話を伺いました。そのような認識があるかないかということ、知ってるか知らないかということ一つで対応できるかどうかという世界なので、これは学童保育の現場にまで研修を広めていただきたいというふうに思いますが、御見解いかがでしょうか。 ○議長(中西美治) 櫛田教育次長