運営者 Bitlet 姉妹サービス
2583件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 昨年5月から二川地域において、保護、地域住民と意見交換を重ね、統合に向けた準備会を設置することになり、9月から統合準備会を設置し、統合時期を平成31年4月とすることで理解を得られ、昨年12月の教育委員会の統合方針を決定し、今回の条例改正を行うものです。統合後の湯原小学校の全児童数は、来年4月1日で92名の予定です。  こういう状況に対して、委員からは次のような質疑がございました。 もっと読む
2018-12-18 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号 委員より、幼稚園費について、幼稚園を希望する人が減り、保育園を希望する人がふえているが、入園希望の調査は行っているのかとの質疑に、執行部は、具体的な調査は行っていないが、保護の就労状況等もあり、全体に幼稚園を希望する人は若干減ってきているとの答弁。  他に質疑はなく、採決の結果、全員一致で可決すべきものと決しました。  以上をもちまして総務文教常任委員長報告を終わります。 もっと読む
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 1、子どもたちに公共交通機関であるバスを利用する体験訓練をさせたい、2、保護が同乗するので乗車を許可してほしい、3、その団体が乗車予定の便に他の乗客が多い場合にはバスからおろしてバスを追走する乗用車に乗せるという配慮をするから乗車を許可してほしいと伝えたが、それでも乗車を断られたと聞いております。   もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 把握のきっかけとしては本人の訴えが2割弱であり、保護からは1割、学級担任による発見は1割で、大人の目が届きにくいことがわかります。その約半数が学校によるアンケートなどで発覚する場合が多くなっており、それまで見過ごされた事案が表面化してきていることが考えられます。 もっと読む
2018-12-07 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月07日−04号 参加対象は、児童・生徒とその保護、そしてテーマも例えば学校をもっと楽しくするにはどうしたらよいかとか、備前市にあってほしいものは何かとか、子供たちが考え、また子供たちと保護が相談しながらできれば議会宣言し、議決するなど、明るく元気な子供を育成する、備前市に夢をつなぐ目的でぜひ実施をしていただきたいのですが、いかがでしょうか。  大きな項目の7点目、マイナンバーカードの普及について。   もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 期日の問題は切っていないということで、一安心したということでありますが、児童や保護に不安感を与えたのは事実であり、私が紹介議員になって五千数十、そしてこの12日にはもう1,000名、6,000名を超える保護、市民の方からの統合反対、反対というよりも慎重に審議してほしいという切なる署名も提出予定であります。そういった意向からもしっかり、議論、検討は結構なんですよ。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 そういう中で、保護の意見、保護といっても現在在学中の保護とその後の保護とまた感情も違いましょうし、地域の方の感情もいろいろあろうかと思います。私は、地域は小学校区単位のまちづくりということを打ち出していまして、小学校のこれ以上の問題については今の体制でいくべきだろうと。 もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 学校相談員は、学校で行う個々の事案の対応を考える会議に参加したり、不登校児童・生徒の家庭訪問を行ったり、児童・生徒との相談だけでなく、保護からの相談等にも対応しています。また、りんくステーションに入った相談内容のうち、学校等にかかわる内容の場合にはりんくステーションの相談員とともに面談を行うことも行っております。  3点目は、不登校児童・生徒の学校復帰に向けて、適応指導教室を運営しています。 もっと読む
2018-11-30 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号 昨年度6月に保護宛ての通知を県教育委員会、赤磐市教育委員会として発出しました。もう1つは、部活動指導員の配置です。これは、国、県の補助を受けて行っているものですが、市内中学校に計5名配置しています。部活動担当教諭の専門外の部活動で専門的な指導を行うというものです。中学生の成長にとって、部活動は授業だけでは学べないさまざまなことを学ぶよい機会だと考えます。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 そして、バス代の負担がまだまだ重い方が残されておりますが、その保護に対してできるだけ早急に補助を拡充すべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。御答弁願いたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。 ◎市長(友實武則君) それでは、福木議員の国保税の引き下げについての御質問にお答えします。  6月の議会の答弁でもお答えさせていただきました。 もっと読む
2018-11-28 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-11月28日−01号 9月27日、三石地区の保護対象を皮切りとして中学校統廃合意見交換会を始めました。本日現在、吉永、伊里、日生、三石の4地域の保護、地域住民の方々を対象とした意見交換会が一巡いたしました。意見交換会では、教育委員会のほうから子どもの数の推計、中学校の統廃合を検討する理由、教育委員会で協議した具体案を紹介した後、参加者の方々から様々な御意見をいただきました。   もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 当局の説明によりますと、定住に向けて他市と比べて本市の定住施策を子育て世代に周知するためにブック形式で作成したものであり、市内の保育園を利用している保護や小・中学校の保護に配布したものであるとのことでありました。 委員より、今後必要部数を厳格に精査するとともに、よりわかりやすいものにしてほしいといった意見がありました。  もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、子供への暴力防止参加型研修委託料についてどんな研修を行っているのかとの質疑に、執行部は、CAPおかやまに委託して子供と保護を対象に希望する幼稚園・保育園にCAPおかやまの指導員を派遣し不審者対応研修等を行っているとの答弁。  委員より、虐待防止アドバイザー委託料について説明をとの質疑に、執行部は、弁護士に依頼して定期的にアドバイザー会議を開いている。 もっと読む
2018-09-21 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月21日−05号 さらに、委員が、指定管理者と保護との間でトラブルがあった場合、市はどのような対応をするのかとただしたところ、当局から、指定管理者制度の初年度はいろいろなトラブルが予想される。指定管理者と保護と市の3者で協議するなどして解決策を見つけられるよう、市も積極的に関与していきたいとの答弁がなされました。  以上が本委員会で論議された主な部分であります。   もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 学校給食費の補助についてでございますが、保護の経済的負担を軽減し、もって子育てを応援することを目的としているわけでございます。このために多子世帯から支援する制度設計としております。全てを無償化にということにつきましては、補助金の効果や財政状況を考慮し検討すべきことであり、少なくとも直ちに拡大することは考えられないのではないかと思っております。   もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 また、大阪で現在保育士をしている私の妹やほかの保育士の方にも聞きましたが、水泳が始まるころに毎年出ているよということで夏前から保護に向けても情報発信をし、園でもチェックしているそうです。頭ジラミなるもの、決して珍しいことではないと改めて認識をいたしました。  しかし、この話を聞いて私だけかもしれませんが、少しこの件に関して保護の方々も含め認識が十分ではないのではないかと感じました。 もっと読む
2018-09-12 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月12日−04号 実は、昨年の4月に落合小学校で、2階の教室で給食の時間に牛乳瓶1本180㏄が床にこぼれ落ちて、その牛乳が1階の天井からストレートに滴り落ちたことから、不安な天井ですと保護からも相談がありました。現場を私は見に行きましたが、教室の床や廊下にとても多くのひびがありまして、1日の大半を過ごしている子どもたちがそのとき、このひび大丈夫かなと不安を訴えておりました。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 ただ、小・中学生に関しては、水分がなくなったら既にお茶とか冷水機とかで対応されているところはいいんですけれども、その対応をされていても、子供たちが知らないかもしれませんけれども、保護とか子供には伝わっていないところもあるというふうに聞いております。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 そういう中で、子どもたちの育ちや学びを地域、保護がしっかりと支え、そういうことで持続可能で安定した教育環境をつくることができるというふうに思っております。真庭市内の全地域で実情に応じて学校との連携、協働を図り子どもたちを育む体制づくりをしていく、そういう決意であります。   もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 これ、指定管理者を受ける法人と、今運営されて保護の方々がおられるわけじゃけど、今指定されてる法人の方を呼んできたのは、その親御さんたちなんですか。そちらから宛てがったものなんでしょうか。募集をかけたらそこへ来たものでしょうか。その辺をお願いします。 ○議長(原野健一議員) 入江保健福祉部参与。 もっと読む