4878件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2045-06-04 06月04日-02号

今から4年半ぐらい前のことですが、平成27年1月に、柵原地域柵原西小学校柵原東小学校柵原中学校保護柵原中学校を移転して新築してほしいという要望書を出しました。これは、柵原中学校が山の上で何かと不便なので、下におろして建てかえてほしいというものでありました。それからちょうど1年後の平成28年1月に、定本前町長が突然義務教育学校を建設したいということを発表されました。

美咲町議会 2038-09-03 09月03日-02号

亀岡川東学園もしかり、湖南学園もしかり、近隣は全て小中一貫先生方もわかる、子供保護もみんな、あ、こういうもんじゃとわかって、機を見て義務教育学校に移行してる。そういうのが私は何よりも安心、信頼、何といっても学校への信頼が一番であります。これなら大丈夫じゃと、安心して子供を預けれるということが全ての基本になるんではなかろうかと。

笠岡市議会 2030-09-11 09月11日-03号

市内中学校には設置されていないので,児童の進級に不安があると保護の方から仄聞します。中学校への設置計画はあるのでしょうか。 3点目です。保護への通級指導教室認知度並び保護との連携体制の現状はどのようになっているのでしょうか。 4点目です。通常の指導充実に向けて教育委員会が早急に方針を立て,小・中学校等連携することが求められると考えますが,次について教育委員会の御所見をお願いします。

総社市議会 2025-09-04 09月04日-03号

連携ができてるかというと、できてるようでできてないような、今はホームページを主体に現在はやっているというところでありますけれども、ただSNSが非常にもうこれがすごい保護の間でははやっていて、我々がその中にどう入るかと。実は中学校のPTAはいろんなグループがあって、そこに緊急情報を流してます、今現在。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

笠岡市においても,保育所認定こども園整備子育て支援充実に努力している一方で,保護の苦悩,深刻な姿も見えます。笠岡市が目指したものは何か,この3年でどこまで進んだのか,残された課題は何か,現在の事業実施状況を振り返り,軌道修正する点があれば改善の工夫を加える必要はないのか,子供を守り子供が育つ地域づくりを目指す必要はあると考えます。

瀬戸内市議会 2024-12-03 12月03日-02号

保健福祉部参与入江寿美江君) 障害をお持ちのお子さんをお持ちをご家族、保護の方であるとか、先ほど答弁に申しました自立支援協議会のほうでそういった方々と交流会という機会を27年度からでしたか、持つようにしておりまして、そういった声を随時お聞きすることで今後の対応ということを検討してまいってるところでございます。 ○議長日下敏久議員) 高間議員。                

赤磐市議会 2024-12-02 12月02日-04号

現在、この赤磐市にこども園が2園あるわけですけれども、このこども園については保護の方のニーズが大きく、子供を通わすにはやはり保護の方はこども園を求められるのではないかなと思っております。しかし、園は現在定員でいっぱいというふうに聞いております。今後、市としてこども園整備をしていく考えはあるのかということをお聞きすることにしておりました。

笠岡市議会 2024-09-12 09月12日-04号

昨年8月の突然の発表から1年,なくなる予定の園の名前まで公表されまして,波紋は大きく,保護,子供は動揺し,いまだに納得していない地域,園があります。笠岡市議会では,この7月下旬から8月にかけて笠岡市が計画している幼稚園保育所再編計画について,市内8カ所で議会報告会を開き,ワークショップ形式で広く市民保護意見を聞きました。

真庭市議会 2024-06-06 06月06日-03号

その中では、本来学校が担うべき業務あるいは本来的には学校以外が担うべき業務、そういったものをきちんと地域と議論して、保護の方とも話をして考えていくことが大事だということが指摘をされております。今後、教育委員会からも情報を発信していきますし、それぞれの学校で真庭の子どもを育てるためにどうしていくことが大事なのかというのをともに考えていく契機としていきたいと考えております。 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

これを学校だより等で保護地域に伝えたり、児童・生徒が家に帰って話題にする、こういうことは市民ぐるみSDGsの推進に寄与できると考えています。 そうした中、円卓会議を機に、市内小中学校長会の代表がSDGsパートナーになっております。それも契機にしながら、校長会等機会を捉えて、SDGsについて説明をして、まずは教職員間での理念の共有を図っているところであります。

倉敷市議会 2023-09-03 09月03日-01号

私の公約でもあります保育園等における育休退園の見直しについてでございますが、平成29年度に、保護が育休に入った場合につきましても、3歳児以上は継続して通園していただけるように運用を見直しておりましたが、令和2年4月から、生まれた子供さんが1歳になるまでの間は、上の子供さんは年齢にかかわらず継続して通園していただけるよう運用を見直すことといたします。

瀬戸内市議会 2023-07-09 07月09日-07号

小・中学校では、市外の社会見学研修などのバス代保護負担しています。給食費を含めると、年間10万円近くを毎月集金日に納めています。年度途中に予算化できるゆとりが教育費にあるなら、従来のバス代負担を軽減してほしいというのが保護の願いです。山鳥毛関連なら何でも予算がつくんだなあ、何でもありだなあと市民に印象づけてしまうことになります。

倉敷市議会 2023-06-19 06月19日-05号

そこで、ワクチンを接種する、しないは、対象者──本人や保護──が判断することでありますが、判断の材料となる正しい情報や、リスクについても確実に提供することは、何より重要と考えます。 そこでお伺いいたしますが、県知事は、県が接種を推奨する立場にはないが、十分に情報がなければ、県民は判断ができない。市町村の協力も得ながら考える機会を提供していきたいと話されています。

鏡野町議会 2023-06-13 06月13日-03号

続きまして、保護それから現場への説明はいつするのかという御質問だったと思います。 保護の方、それから現場の方についてですけれども、まだ決まってないことを説明はできないと判断しまして、まだ行っておりません。今後委託するということがはっきり決まりましたら、説明を行っていこうと考えております。 続きまして、研修のことで御質問があったと思います。 

玉野市議会 2022-12-16 12月16日-06号

給食センター整備につきましては、運営内容等について、引き続き保護の皆様や学校関係者などから御意見を伺うことは重要と考えており、学校給食理事会実施に合わせて運営事業者栄養教諭等の参加も得ながら継続的に意見交換してまいりたいと存じます。 以上、お答えといたします。 ○議長三宅宅三君) 産業振興部長。