184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

すさまじいのが南米リビアのコチャバンバという小さな町ですが、ここは1999年に民営化され、上限いっぱいまで値上げしたせいで、結果困窮者にとって、月100ドルの収入しかない人たちが20ドルもの水道料金を課され、おまけに払えない家庭には供給停止したため、市民の反対運動が暴動に発展し、99年に民営化したんですけど、もう翌年の4月には暴動が激化し、6人が死亡するという悲惨な状況になっています。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

したがいまして、災害時において、新電力会社から電気を購入している施設だけ、電力供給がとまったり、復旧がおくれるということはございません。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続きまして、鳥獣被害対策についての再質問はございますか。  8番治徳議員。 ◆8番(治徳義明君) ありがとうございます。鳥獣被害対策につきまして、3点、再質問をさせていただきます。  

新見市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

│  │  │       │  1) 温泉施設へのバイオマスボイラ │       │ │  │  │       │    の導入、木質バイオマス発電の │       │ │  │  │       │    進捗状況はどのようになってい │       │ │  │  │       │    るか             │       │ │  │  │       │  2) 木材供給体制

赤磐市議会 2018-08-31 平成30年 9月第3回定例会-08月31日−02号

水16ページに参りまして、(5)料金、その他供給条件の認定、変更に関する事項につきまして、該当事項はございません。  次に、2、工事は、(1)支障水道管移設工事といたしまして9件を実施し、合計で1億25万5,320円となっております。(2)改良工事は1件実施し、1,155万6,000円となっております。(3)建設工事は3件実施し、合計で200万3,400円となっております。

赤磐市議会 2018-06-29 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号

また、この第7条には、伝統的な食文化環境と調和した生産等への配意及び農山漁村の活性化と食料自給率の向上への貢献として、第7条は、食育は、我が国の伝統のあるすぐれた食文化地域の特性を生かした食生活、環境と調和のとれた食料の生産とその消費等に配意し、我が国の食料の需要及び供給の状況についての国民の理解を深めるとともに、食料の生産者と消費者との交流等を図ることにより、農山漁村の活性化と我が国の食料自給率

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

このようなことから、都道府県による種子開発、供給体制を生かしつつ、民間企業との連携により種子を開発、供給することが必要となったため、主要農作物種子法の廃止に至ったということでございます。これに対して、岡山県におきましては、この法律の廃止に伴い、新たな岡山県規則の制定などで推奨品種の種子の生産、普及に努めることと聞いております。赤磐市といたしましては、国、県の情報収集に努めます。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

今後は市長が答弁申し上げたとおり、安全で安心な給食の安定供給について検討し、できる限り早期に方向性を出したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  内田教育長。 ◎教育長(内田惠子君) 北川議員学校給食センターの一部民間委託についての御質問にお答えします。  

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

市営住宅の今後については、将来の人口推移を踏まえ、市内に存在する県営住宅、旧雇用促進住宅、民間の賃貸借物件等々の役割分担を踏まえ、公営住宅の需要予測と供給量を調整し、効率的に改修、用途廃止を進めてまいりたいと考えております。また、公営住宅の果たす役割も、時代とともに変化しており、新たな時代に即した住宅政策を支える制度の見直しが現在国のほうにおいて行われております。

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

需要と供給、それと民間企業としての利益追求、当然です。その中で社会責任、CSRも果たしていかれるということやろうと思いますけれども、何かそういう起爆剤もなしに公共交通網を充実させてくれって言ったって無理です。そこが何かっていう話で、県立高校であり、公立高校であり、場合によったらもしかしたら大きなショッピングセンターなのかもしれません。そういう起爆剤がないと公共交通網なんて発達しません。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

農産物のブランド化を図るためには、品質の向上、継続した安定供給、販売促進活動が重要であると認識し、その取り組みを進めております。こうした取り組みにおける効果でございますが、果樹のシャインマスカットにおきまして、1粒の大きさや糖度に基準を設け、高級シャインマスカット「煌乃」というネーミングでのブランディングが進んでおります。

新見市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

       │ (1) 林業関係者を主体として構成され │       │ │  │  │       │   る新見市循環型バイオマス活用推 │       │ │  │  │       │   進協議会での協議内容は     │       │ │  │  │       │ (2) 木質ボイラー導入や木質バイオマ │       │ │  │  │       │   ス発電消費される木材供給

赤磐市議会 2017-09-01 平成29年 9月第4回定例会-09月01日−02号

(5)料金、その他供給条件の認定、変更に関する事項につきまして、該当事項はございません。  次に、2、工事は、(1)支障管水道移設工事といたしまして4件実施し、合計で3,389万4,720円となっております。水14ページに参りまして、(2)改良工事は5件実施し、合計で5,490万7,200円となっております。(3)建設工事は5件実施し、合計で394万2,864円となっております。

赤磐市議会 2017-08-31 平成29年 9月第4回定例会-08月31日−01号

453ページ、H地域食材供給施設基金では、決算年度中増減高は赤坂天然ライス修繕の財源として159万7,000円を取り崩したもので、利子5万5,003円との差し引き額となっております。  I赤坂中核用地環境保全基金では、決算年度中増減高は多賀用水路維持管理費として7万5,000円を取り崩したものと利子896円との差し引き額となっております。  

赤磐市議会 2017-06-13 平成29年 6月第3回定例会-06月13日−03号

県営住宅全体では、供給区画1,216戸に対し、831区画の入居、入居率が約68%であると昨年12月議会の一般質問で御答弁されております。政策空き家や防災上の問題などさまざまな理由はあるのでしょうが、空洞化の一因となっております。このような状況の中、県営住宅を将来にわたりどのようにしていくかは、山陽団地の再生活性化のためには最大のポイントであり、最重要課題であります。

新見市議会 2017-06-01 平成29年6月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

  │  │       │ (1) 木質バイオマスについて    │       │  │  │  │       │  1) 温泉施設への木質ボイラーの導│       │  │  │  │       │    入、木質バイオマス発電の進捗│       │  │  │  │       │    状況はどのようになっているか│       │  │  │  │       │  2) 木材供給体制

赤磐市議会 2017-02-07 平成29年 3月第1回定例会-02月07日−04号

AKAIIWA−setouchi.jpは、赤磐市内の農産物及び加工品の安全かつ高品質に安定供給できる体制を整備するとともに、赤磐ブランドとして国内外へ販路開拓を行い、雇用の拡大、耕作放棄地の解消などにつなげ、さらにはこうした魅力の発信により外から人を呼び込み、赤磐ににぎわいをもたらすことを目標とするコンセプトで提案がございました。