運営者 Bitlet 姉妹サービス
2546件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月11日−03号 確かにもう一年あると言いながらも、32年4月1日にはこれ施行ですから、それまで、住民の人や周辺に周知をして、公募をして人材を確保しなきゃだめなんです。 もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 通告に従い、大項目1点、介護等人材確保策の現状と今後の方針はどうかについてお伺いをいたします。市長の御見解をお伺いいたします。  9月定例会にて、市が医療、介護、福祉にかかわる人材状況や人材確保等調査のため市内134の事業所に対して実施されたアンケートについて質問をさせていただきました。 もっと読む
2018-12-07 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月07日−04号 特に、保育士、看護、介護士など人材不足を支える職種のリカレント教育への支援が必要と考えます。私個人的には、片上高校夜間でも取り組んでいくことができるんではないかと提案したいと思います。  次に、大きな項目の6点目、子ども議会の実施でございます。  小・中学生議会や女性議会については過去に開催されております。このたびは、小学校6年生を対象にしたキッズ議会として開催してはと考えております。   もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 について市長 (再質問あり)4 水ヶ鼻グラウンドゴルフ場整備について市長 (再質問あり)97番 沖田 護1 水道法改正案について(公共下水道事業を含む)市長 副市長 建設部長 (再質問あり)2 備前市職員の働き方改革について市長 総務部長 (再質問あり)3 市立備前病院に外科医を迎えての効果は病院総括事務長4 備前市街づくりのグランドデザインについて市長 副市長 (再質問あり)5 入管法改正案(外国人材拡大法案 もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 今回の補正でございますが、この自殺対策計画の策定に当たっては国の地域対策強化交付金の対象事業とされておりまして、本市では補助対象として13事業あります中の人材養成事業、普及啓発事業及び計画策定実態調査事業を申請しておりました。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 しっかりと人材を固定させ、取り組んでいただきたいと思います。お考えをお聞きしたいと思います。  次、大きな2番目、教育長に中学校の再編整備計画についてをお聞きします。  先ほどの同僚議員からも何点かの質問がございましたけれども、また違った観点からの御質問といたしたいと思います。   もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 郷原漆器の館館長の高月国光さんが10月に第38回伝統文化ポーラ賞の奨励賞を受賞し、また岡山芸術文化賞グランプリに選ばれたほか、11月には岡山県内で活躍する人材を顕彰するオカヤマアワードの最高賞ベスト オブ ザ イヤー2018を受賞しました。郷原漆器の芸術性の高まりと市場の拡大を期待しています。  また、9月には、北房ホタル保存会が中国ブロック・ユネスコESD活動顕彰を受賞しました。 もっと読む
2018-11-30 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号 シルバー人材センターならぬグリーン人材センターの設置はいかがかというふうに書かせていただいておりますが、市民目線でいうとシルバー人材センターは定年退職後の方というイメージがあろうかと思います。あえてグリーン人材センターと造語をつくりましたが、これはそれより若い方々へ向けての啓発も含めて、担い手確保策はどのようにお考えかをお聞きしたいと思います。  以上です。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 国内外との交流事業につきましては、赤磐市の未来を切り開き、世界的視野を持ってよりよい社会づくりに貢献する人材の育成につながるような事業を実施してまいりたいと考えております。合併前からの交流事業の現状につきましては、担当部長からお答えをさせていただきます。  次に、今後の赤磐市への企業誘致、新しい工業団地の確保についての御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 また、イノシシの生息数が増加していると見られることから、駆除体制の強化に向けた人材の確保についてもあわせて要望がありました。 委員会といたしましては、これらの実現を求めて、款6農林水産業費を了承いたしました。 次に、款7商工費について申し上げます。  もっと読む
2018-09-27 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号 委員より、シルバー人材センター補助金1,164万1,000円について説明をとの質疑に、執行部は、会員の人件費等のうち10%が事務局の運営費になるが、それで賄えない部分を補助しているとの答弁。   もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 2点目、保育士確保の現状についてでありますが、県から潜在保育士情報や各園の職員からの情報、年間を通じたハローワークへの継続募集を行っておりますが、4月を過ぎると人材確保が非常に難しくなる状況があります。新規採用者試験には多くの方が受験されますので、この機に正職員を確保することが園の安定経営につながることではないかと考えております。 もっと読む
2018-09-13 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月13日−05号 もう一つは、次に同じような形でもう一点お伺いしますけど、さきの市長の所信表明の中で人材不足の問題、これが全国的に介護職員等の人材不足により必要な介護サービスの提供に支障を来す状況が見受けられる現状があると市長も指摘されておられました。そのために、今年8月に市内134の介護保険事業所で雇用状況のアンケート調査を実施されたということであります。 もっと読む
2018-09-12 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月12日−04号 地域人材や専門家の力をおかりしながら、地域と結んで学ぶ機会が大事だと考えています。  そうした学びは、地域の方とつながるということになりますので、子どもたちも育っていきますし、地域の防災力も高まるという好循環につながっていけばというように考えているところです。  実は、本議会で補正予算をお願いしておりますが、学校安全総合支援事業というものがあります。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 このことを踏まえ、市内小・中学校では、特色ある学校づくり推進事業として、地域人材を活用した体験活動や海洋学習、備前焼体験、論語の学習等、郷土に関する学習にも取り組んでおります。また、片上高校では、来年度から市内事業所の協力を得ながら、インターンシップ等新たに取り組みを実施する予定であります。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 先ほども言いました草刈りは、市道総延長1,200キロメートルのうち約370キロメートル、全体の31%、3割ですけども、それについて業者に委託するもの、シルバー人材センターに委託するもの、地元自治会に委託するというような方法でしております。   もっと読む
2018-09-06 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月06日−02号 デンマークやイスラエル、ベトナム等から毎回ゲストを迎え、参加者が異文化に触れながらも真庭の暮らしの豊かさを再確認することで、持続可能な地域を支えるグローバルな人材の育成につながることを期待しています。  真庭なりわい塾は、3期生として21名の塾生を迎え、第3回の基礎講座を8月4日、5日に開催しました。 もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 人材育成への対応は。  これは当然消防活動、消防団員の活動も含めて、人材の育成ができないとその継続性、継続活動はできないし、また受け継がれる技術力というのもないと思うんです。だから、そういった意味では人材育成というのは本当に大事だと思います。これは、どういった組織でも同じことだと思うんですけども、そういう人材育成への対応をどのように考えているのか。  ⑤災害対応時の役割をどう考えているのか。   もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 ハローワーク等への求人、人材派遣、婦人会、シルバー人材センターへの声かけ、就職面接会への出席等、調理員確保の施策を実施しましたが、解消までは至りませんでした。  牛窓調理場の現状におきまして、平成29年度におきましては深刻な調理員不足となっておりましたが、今年度につきましては邑久調理場からの異動により人員を確保できました。 もっと読む
2018-09-05 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号 赤磐の瀬戸あるいは瀬戸南高校への進学率が上がればということの意味がわからないということですが、これは今公立高校に求められる要件として大きなものは、地域愛の醸成による地域に残る人材、地域の産業を支える人材、こういったものが地元の高校に求められてます。さらに、この保護者等の思いとしては、もう1つには大学への進学実績、こういったものも大きな選定理由になってます。 もっと読む