16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

本市、人事委員を持たないことから、人事院の勧告に沿いまして給与の改善をさせていただいております。そういった中から国の数値のことをお尋ねかと思いますが、全国の従業員50人以上の民間事業所約1万2,500カ所、従業員数でいえば約53万人を対象として調査を実施されておりまして、その調査結果に基づき給与等の勧告を行っている。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

独自の人事委員を持たない赤磐市では、全国の民間事業者との比較により示される人事院勧告に従うことが最も適当と考えております。  職員定員管理については、現行の行政サービスの維持だけでなく、求められるサービスや諸課題に迅速に対応する職員を配置しつつ、職員数の適正な管理を図っているところでございます。  

赤磐市議会 2016-03-18 平成28年 3月第1回定例会-03月18日−06号

どういう独自の判断をしているのかとの質疑に、執行部は、県の人事委員による調査の結果を受けて市の実情と整合してるという判断をしているので、国の人事院勧告を市においても実施するという判断をしているとの答弁。  委員より、市の実情をどう考えているのかとの質疑に、執行部は、県内の各市町村と比べ多少の高低はあるかもしれないが、県の平均と整合しているという判断をしてるとの答弁。  

赤磐市議会 2016-02-29 平成28年 3月第1回定例会-02月29日−03号

一部の都道府県並びに政令指定都市ではそれぞれ独自に人事委員を設けて同様の検証をしているわけでございますが、一般市の赤磐市ではそういった組織を持ち合わせておりません。したがって、岡山県で勧告をしていることについて、これを赤磐市においても準用しながら、人事院勧告を実施するかどうか定めてきているわけでございます。  

赤磐市議会 2015-03-03 平成27年 3月第1回定例会-03月03日−03号

必要性がわかりながら、人事委員が設置されていないことも問題です。市役所職員定数を分母に持つ収税使用率86%も占めている人件費、その見直し削減はすぐに着手する改善課題です。民間企業で安定した経営をしようとすると、人件費は大体30%前後に抑えなければならないと言われますから、赤磐市の86%という数字は民間企業ならば人件費で倒産するレベルだと指摘します。

赤磐市議会 2014-12-19 平成26年12月第4回定例会-12月19日−06号

赤磐市民の年間所得より市役所職員が上になるということはないのかとの質疑に、執行部は、赤磐市では人事委員を設けていないので民間との給与比較をしていないが、岡山県人事委員が県内の給与を調べて人事院勧告に見合った改正を実施してることを鑑み、赤磐市も倣って実施するとの答弁。  

赤磐市議会 2013-12-03 平成25年12月第5回定例会-12月03日−02号

既に人事委員の不服申し立て、県の公平委員会で結果が出ております。減給10分の1、3カ月が修正されるようです。既に決定して、これは行っております。損害賠償、謝罪広告請求されております。早急に私は和解をして解決してはどうかと思っております。判決が出るのがこの12月には出ます。必ず負けるでしょう。

赤磐市議会 2012-09-06 平成24年 9月第5回定例会-09月06日−03号

また、2012年1月19日に、人事委員の不服申し立て終了時のことですが、進入路部分について念書があるから問題ないと言われたそうです。また、3時56分には、携帯電話で、何を思ったのか、念書覚書地図等があると言いわけをしたと電話がありました。どういうことか内容わからんので、詳しく聞いてくれと言われましたので、ここでお聞きさせていただきます。

岡山市議会 2012-03-21 03月21日-11号

ただいま説明のありました甲第81号議案については,地方公務員法第5条第2項の規定により,人事委員に意見を求めた結果,お配りいたしておりますとおり回答がありましたので,御報告いたします。 お諮りいたします。 本案委員会の付託を省略し,本会議において御審議の上,御決定願いたいと思います。 これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○則武宣弘議長  御異議なしと認めます。

赤磐市議会 2010-12-17 平成22年12月第6回定例会-12月17日−05号

その職員は、不当処分だということで県の人事委員訴えられとるそうです。その件についてはどのように審議されておるんですか。不当処分ということになると人権侵害ですから、そのことについてきちっと調査する必要があるんじゃないですか。そういう調査をせずに一方的な調査だけするというのは、非常にやり方として偏っとんじゃないですか。私はそう思いますけど。

岡山市議会 2010-03-19 03月19日-12号

また,給与水準については,人事委員の勧告に基づいて適正化を図っていく仕組みができている。しかしながら,給与制度というものは,市民目線でわかりやすい制度にしないといけないという命題は持っており,国からの助言もいただき,調整等の見直しが不十分だった部分もあったのではと考えているところであり,今後平成22年度中に検討,協議をした上で,よりわかりやすい給与制度等に改正していきたい。

赤磐市議会 2009-05-27 平成21年 5月第3回臨時会-05月27日−01号

岡山県給与を下げておる、人事院勧告人事委員がありまして、人事委員の意向に従って協議して岡山県が判断して県も下げたり、子育てもある、いろいろのことがあるんで人勧は凍結いたしました。本当にすばらしい岡山県知事、石井知事の判断だと思います。赤磐市も、給料が岡山県職員と比べてラスパイを見ていただいて高いんですか。低いと思いますよ。そのラスパイの内容を教えてくださいよ。

笠岡市議会 1952-12-22 12月22日-01号

◎市長(小野博君) 政府職員には人事委員が示すが地方公務員については未だその基準が出ていないのでお答え出来ないが出たらそれに準じてやりたい。端数については100円単位にしたい。 ◆6番(江浪時雄君) 勤勉手当については欠勤日数のみを考慮に入れるのか。その外に勤怠を加味するのか。その2つの要素を含めるのが妥当と思う。

  • 1