295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

にする方針ではなく現状の公立園の維持を求めることについて    陳情第7号 岡山市吉備津保育園を公立保育園として存続させることを求めることについて    陳情第9号 学校図書館・市立図書館の充実を進めることについて 2 継続調査  〇 総務委員会    市政運営の基本方針について    危機管理について    主要政策について    行財政改革について    広報及び情報政策について    組織及び人事

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

が排除できない行方不明者である事案の啓発強化について    平成30年陳情第28号 西大寺向州公園テニスコートの新設について    平成30年陳情第32号 客引き行為等の防止に関する条例の制定を求めることについて 2 継続調査  〇 総務委員会    市政運営の基本方針について    危機管理について    主要政策について    行財政改革について    広報及び情報政策について    組織及び人事

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

       │   ついて             │       │ │  │  │       │ (2) 人材育成について        │       │ │  │  │       │  1) 市役所内部人材をどう育成して │       │ │  │  │       │    いくか            │       │ │  │  │       │  2) 配置転換に関する人事異動

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

人事院勧告により月例給を平成30年4月にさかのぼり400円程度の引き上げを行うもの、そして一般職員のボーナスに当たる部分を本年12月期から年額0.05カ月分引き上げるものであります。 次に、議案第151号平成30年度美咲町一般会計補正予算(第8号)。 既存の予算に歳入歳出それぞれ8,855万4,000円を追加し、それぞれ120億1,165万9,000円とするものであります。

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

人事院の勧告ではなく市民生活の実情に合わせた給与判断をしない理由。この市民生活の実情に合わせた判断をしない理由についてお尋ねをしたいと思います。  そして、人事院国家公務員給与水準を検討する社会的数値、これは一体どういうものなのか、詳しく御説明をいただきたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  前田総務部長。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

赤磐市独自の人事体制についてお尋ねをいたします。  住民負担から公務負担重視の行革についてということで、どういう方針でお進めになられるのか、お尋ねをさせていただきたいと思います。  最後、元号変更について。10連休になった場合の市役所対応についてということでお尋ねをさせていただきます。  以上、よろしくお願いします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  前田総務部長。

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

提出及び岡山市民が拉致された可能性が排除できない行方不明者である事案の啓発強化について  〇 議会運営委員会    平成28年陳情第33号 岡山市議会議員政務活動費の領収書等の議会ホームページでの公開等について 2 継続調査  〇 総務委員会    市政運営の基本方針について    危機管理について    主要政策について    行財政改革について    広報及び情報政策について    組織及び人事

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

ですから、市長の御答弁が、今まで聞いてると他人事のようで、まあ危機感を持ってやりましょうと。もうその言葉自身が危機感がないなと感じます。このことについてお尋ねします。  それから、防災マップの見直しと活用。今、保田議員のほうからも御指摘がありましたけど、まあ読めない。自分の家がわからない。字が薄い。もっと言えば、3種類あるんですけど、急傾斜、土石流地すべりっていうのがあるんですね。

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

本日提案させていただきますものは、人事案件1件、報告案件7件、承認案件1件、決算案件10件、条例案件4件、その他案件1件、予算案件9件の合計33案件に関するものでございます。多くの案件を提案させていただいておりますが、慎重なる御審議をお願いいたしまして、適切なる御決定を賜りますようお願い申し上げます。  それでは、諸般の報告をいたします。  

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

◆9番(原田素代君) ちょっとがらっとテーマが変わるんですが、とはいえ、赤磐市の農業政策、もっと言えば農家の皆さんにとっては気が気でない、今、国の動きがあるということを市長はどこまで認識してるのかと思って問うたんですが、答弁をお聞きする限りでは、もう他人事ですね。国、県の情報を得て、赤磐市も粛々とやりましょうと。これは、本当に恐ろしい事態が今来てるんです。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

私が言いたいのはそうでなしに、人事部長に聞きたいんですが、人事を配置するときにそこまでのことを考えてやってないからこういう事態が発生したんでしょう。先ほどの消防長の答弁では、最低2人おれば普通出せるんだということです。しかし、2人でなくても、1人で先に行って段取りをすれば、同時に出たら東の出張所から来るのにはまだ時間がかかるんですよ。それまでにちゃんと放水できるような状態に時間的にはできる。

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

本日提案させていただきますものは、人事案件1件、報告案件6件、承認案件2件、条例案件4件、その他案件2件、予算案件1件の合計16案件に関するものでございます。多くの案件を提案させていただいておりますが、慎重なる御審議をお願いいたしまして、適切なる御決定を賜りますようお願い申し上げます。  それでは、諸般の報告をいたします。  

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

委員より、人事院勧告に伴う条例改正かとの質疑に、執行部はそのとおりであるとの答弁。  他に質疑なく、採決の結果、全員一致で可決すべきものと決しました。  次に、議第5号赤磐市職員給与に関する条例の一部を改正する条例(赤磐市条例第4号)について。  委員より、他市町村給与の引き上げ割合はどうなっているのかとの質疑に、執行部は、県下全ての自治体が同じ率の引き上げとなっているとの答弁。  

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

この象徴的な人事は副市長であります。また、国、県、他市から職員の派遣人事を行っていることに、赤磐市の職員がなぜ信用できないのかと多くの厳しい意見が寄せられています。再選後、私もあなたと向き合い意見交換をした記憶がありません。信用されてない証拠かもしれません。地元の区長から、市長とは一度も会話をしたことがないと不満を言われた方がおられました。友實市長の掲げる対話と現場主義はどこに消えたのでしょうか。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

これについての見解でございますが、職員給与額、これについては、従来から申し上げておりますように、国の人事院勧告に沿っていくこととしております。公務員労働基本権制限されております。企業のように労使交渉を通して勤務条件を決定することができず、国家公務員においては、勤務条件社会一般の情勢に適応させる機能は人事院勧告が担っております。

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

14節使用料及び賃借料は、官庁速報Web版使用料97万2,000円、人事交流に係る住宅借上料342万3,000円、データセンター使用料668万7,000円などの計上でございます。18節備品購入費は、事務机や椅子、文書管理ファイリング用のキャビネットなどの購入でございまして37万9,000円でございます。はぐっていただき、38ページお願いいたします。

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

諮問第1号から諮問第4号までの4件も同様に人事案件でありますので、直ちに質疑を行います。  諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてから諮問第4号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてまでの4件について一括質疑を行います。  質疑はございませんか。  12番北川議員