429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

について  〇 市民産業委員会    市民サービスの充実について    生活衛生行政について    文化スポーツ政策について    商・工業振興対策について    観光コンベンション対策について    雇用対策について    農林水産業振興対策について    市場事業対策について  〇 都市環境委員会    廃棄物の処理及び清掃について    環境保全について    都市計画について    交通政策

新見市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

高齢者問題について       │市長、福祉部長│ │  │  │       │ (1) 安全安心のまちづくりについて │       │ │  │  │       │  1) 高齢者による事故防止対策につ│       │ │  │  │       │    いて            │       │ │  │  │       │  2) 運転免許返納促進と交通支援に│       │

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

同じく甲第2号議案中,歳出第8款土木費第20項都市計画費第1目都市計画総務費中,都市交通戦略推進事業費のうち1億6,600万円は,路面電車駅前乗り入れに係る予算です。同じく都市交通戦略推進事業費のうち6,300万円は,JR吉備線のLRT化に係る予算です。 言うまでもなく公共交通の充実は交通弱者に必要なことであり,CO2排出削減のためにも進めなくてはなりません。

新見市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

│       │ (1) 放課後児童クラブの運営支援につ │部長教育部長│ │  │  │       │   いて              │       │ │  │  │       │  1) 放課後児童クラブの経理事務負 │       │ │  │  │       │    担の軽減策は         │       │ │  │  │       │  2) 買い物の時間や交通

美咲町議会 2018-12-27 12月27日-04号

松島幸一〃10江原耕司出席4形井 圓〃11岩野正則〃5延原正憲〃12山本宏治〃6左居喜次〃13松島 啓〃7林田 実〃14貝阿彌幸善〃(3)地方自治法第121条の規定により出席した者の氏名職  名氏   名職  名氏   名町長青野高陽産業観光課長牧野雅明副町長池上康夫徴収対策室長櫻井 実政策推進監山本翔紅会計課長平 一範総務課長桑元英昭旭総合支所長畑尾周一まちづくり課長光嶋寛昌柵原総合支所長木谷正弘情報交通課長立石克之旭総合支所

赤磐市議会 2018-12-05 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号

と申すのも、私はきょう吉井から来ておりますが、赤坂のちょうど砂川のところがちょっと崩れかけとるとこで、必ずあそこで交通どめがあります。吉井については落石のところで通行どめがあります。ずっとこういう通行どめ、通行どめで、また赤坂行ったら山口のところもあると。いろいろあります。

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

学会の報告によりますと、年間の推計死亡者数は約1万9,000人、交通事故死者の5倍にもなるということです。入浴中に意識障害を起こすと声を上げることもできずに溺死してしまうという事例が後を絶たないそうです。その理由として、風呂場と脱衣場の温度差が引き起こすヒートショック、これは急な温度変化による血圧や脈拍の変動が原因と考えられています。

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

お答えをさせていただきますが、美作岡山道路が全線開通された際には、山陽自動車道中国縦貫自動車道が高規格道路で結ばれ、京阪神や中四国地方を結ぶ広域的な交通ネットワークとして活用が可能となります。赤磐市にとりましては道路交通網による広域交通において利便性が高く、県内はもとより中四国、近畿圏との物流や交流において成長が期待されます。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

それによると、山陽インターチェンジが近い河本、岩田地区周辺に、交通結節点を含む新たな都市拠点を整備し、都市機能や居住の集積を図るとともに、他の拠点と利便性の高い公共交通で結ぶことにより、公共交通の軸に複数の拠点が連携する都市構造の形成を図りますとありました。このことは、これまで私が何度も一般質問してきた交通拠点を整備し、いわゆる道の駅、まちの駅の設置構想に通じるものと期待しております。

赤磐市議会 2018-11-27 平成30年12月第4回定例会-11月27日−01号

これやらなんだら、身を引き締めてやってもらわなんだら、こんなことを言うちゃおえん、これ3月5日じゃけん、これ春の交通安全が始まる前じゃろうけど、ちょっとやっぱりどうなったんか、その処置の仕方を教えてください。  それで、これが40万円出して、相手方に100%こっちが悪いけん出したと思うんですけど、これについてはそのことを説明願います。  

岡山市議会 2018-09-27 09月27日-11号

について    岡山っ子育成について  〇 環境消防水道委員会    廃棄物の処理及び清掃について    環境保全について    消防力の整備充実について    水道事業について  〇 経済委員会    商・工業振興対策について    観光コンベンション対策について    雇用対策について    農林水産業振興対策について    市場事業対策について  〇 建設委員会    都市計画について    交通政策

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

委員より、市地域公共交通会議負担金について説明をとの質疑に、執行部は、市地域公共交通会議において市の公共交通の指針となる公共交通網形成計画を策定する基礎資料として、市全体の地域公共交通に対する住民の意識調査や需要を確認するためのアンケートを行った事業に充てたものであるとの答弁。  

岡山市議会 2018-09-20 09月20日-10号

       岡山っ子育成局長 小 野 典 生       岡山っ子育成保育幼児教育担当局長                中 原 貴 美       環 境 局 長  門 田 和 宏       産 業 観光局長  赤 坂   隆       産業観光産業政策担当局長                堤   修 治       都 市 整備局長  林   恭 生       都市整備局都市交通

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

公共施設危険ブロック塀の調査につきましては、国土交通省からの既存ブロック塀等の安全点検についての通知を受け、関係部署に点検指示を行った結果、対策が必要だった箇所につきましては早急に撤去、改修するように進めているところでございます。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  藤井教育次長

赤磐市議会 2018-08-30 平成30年 9月第3回定例会-08月30日−01号

専決番号7は、正崎地内の市道において交通規制を周知する看板が倒れ、車両に損傷を与えたものでございます。  なお、詳細については担当部長が説明いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(金谷文則君) 続きまして、細部説明を求めます。  前田総務部長。 ◎総務部長(前田正之君) それでは、細部説明をさせていただきます。  報告第13号。  

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

赤磐市が描く新たな拠点は、これまで説明申し上げてきたとおり、公共交通の結節点として位置づけ、隣接して観光客誘致のための施設地域の特産品等の販売など、赤磐市への来訪者に対しましては赤磐市の玄関口、顔としての施設整備を図っていくことが重要であると考えます。また、その中で交通の機軸となるものはバスであり、市内の複数の拠点が連携する都市構造の形成を目指した整備を行います。