271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤磐市議会 2018-12-18 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号

委員より、地縁団体にならないと移譲できないのかとの質疑に、執行部は、赤磐市財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例により、地縁団体にならないと移譲できないとの答弁。  委員より、この先もずっと指定管理を行うのかとの質疑に、執行部は、地元に移譲することができないということになれば、設置条例を廃止し普通財産にした後、地元への無償貸し付けという方法もあると思うとの答弁。  

赤磐市議会 2018-12-03 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号

関係地区の方に耳を傾けていただくことが必要であるということから、引き続き地元関係者の方から御意見をいただきながら、関係地区の皆さんの御理解が得られるよう努めてまいりたいと考えておりますが、そのような中でこの2年間につきまして重立ったことを申せば、各地区の市長懇談会、こちらの場で意見交換をさせていただいている状況でございます。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて答弁を求めます。  

赤磐市議会 2018-11-30 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号

最後になりますが、山形県のある町に、名刺交換をしてちょっとやられたなというような名刺をお持ちの農業関係者がございました。例えば、農業夢づくり課課長というお名刺でございました。しかも、そこには農林課もございました。別に赤磐市に農業夢づくり課をつくれと言っとるんではありません。

赤磐市議会 2018-11-29 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号

また、ショッピングセンター周辺の土地の交換につきましても、土地所有者と具体的な内容の協議を行っておりまして、現在、順調に細部の詰めを行っているところでございます。今後とも、所有者、入居者の皆様に丁寧に説明を行って、事業を慎重に進めてまいりたいと思っております。  そのほかにつきましては、担当のほうから説明させていただきます。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  塩見建設事業部長。

井原市議会 2018-10-04 10月04日-03号

そして、市民の皆様との意見交換にもしっかり取り組んでいただきたいと思います。この計画をスケジュールどおりに進めようとするために内容がおろそかになることは避けなければならないとこのように思います。 そこで、さきの関係団体の意見を聞く会には今予定している方々以外の意見も必要ではないかという点、そして計画がおくれそうになった場合についての考え方について、その2点について市長にお伺いをしたいと思います。

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

また、将来の井原市を担ってくれる子供たちを地域全体で支えよう、育てようという機運、思いの醸成が大切であり、こうした観点からも市民の皆様と幅広く意見交換をしながらこれらの施策に鋭意取り組んでまいりたいと考えております。 ○議長(西田久志君) 坊野公治君。

赤磐市議会 2018-09-27 平成30年 9月第3回定例会-09月27日−06号

修繕料の主な内訳は、排ガス減温用熱交換器の伝熱管取り替え工事2,894万4,000円、粗大ごみ破砕機432万円、その他定期修繕工事等であるとの答弁。  委員より、設置業者が修繕したのかとの質疑に、執行部は、焼却炉の設備については設置業者が修繕しているとの答弁。  

赤磐市議会 2018-09-05 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号

また、その会議では、隊員との意見交換の場として隊員活動に当たっての疑問や不安などを話し合い、隊員が存分に活躍できるようサポートするように努めているところであります。  本年度は、岡山県が行っております地域おこし協力隊の活用・定着促進事業、これを活用させていただきまして、外部から講師を招いて隊員の活動の支援を行うための研修を行うという予定にしております。

赤磐市議会 2018-09-03 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号

また、日ごろから国、県、県内他市町村と情報交換や調査研究を行い、入札制度や資格要件などについて、随時見直しを行っているところであります。  以上でございます。 ○議長(金谷文則君) 続いて、答弁を求めます。  塩見建設事業部長。 ◎建設事業部長(塩見誠君) それでは、北川議員の梅雨前線豪雨における被害の状況についての御質問にお答えをいたします。  

赤磐市議会 2018-08-31 平成30年 9月第3回定例会-08月31日−02号

保存工事は、主なものとして、量水器の使用期間満了に伴う交換工事1,084件を実施いたしております。  次に、3、業務について御説明いたします。  業務量につきましては、年度末給水人口は平成30年3月31日現在4万4,039人で、前年度より3,722人の増です。給水件数は1万7,965戸で、前年より2,031戸の増です。

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

今後も学習会や情報交換をしていきますという文章になっております。ぜひ市長が前向きに取り組むという中に市民の方々の意見を取り入れるようなシステムをつくっていただいて、皆さんと、ぜひ私、協同で基本条例をつくっていただきたいと思います。そのことをお願いします。御答弁を、今どう考えておるか、お聞きしたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。

赤磐市議会 2018-06-12 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号

電話交換機の取りかえも必要な場合がありますので、今後検討してまいります。また、校歌の歌詞につきましては、吉井中学校につきましては現在作業中でございますけれども、各学校のホームページでごらんいただけますが、音源につきましては、一部の学校でしかお聞きいただくことができない状況であります。こちらにつきましても、今後、校歌の録音作業なども伴いますので、学校と協議をしながら検討してまいります。  

赤磐市議会 2018-06-08 平成30年 6月第2回定例会-06月08日−01号

5月22日には備前県民局活き活きミーティングが行われ、備前県民局長を初め幹部の方々と赤磐市の幹部が意見交換を行いました。本市からは本年度の重点事業の説明をさせていただくとともに、特に先般の痛ましい交通事故を受けて、随時行っております県への要望について、備前県民局を初め県の御支援と御協力についてお願いを申し上げました。  5月30日にはチャレンジデー2018が開催されました。

高梁市議会 2018-06-01 平成30年第3回 6月定例会

また、将来を担う子供たちの交流は有意義であることなど、いろいろと意見交換をさせていただきました。このことが高梁市の地方創生の推進役となり、地域の活性化につながっていくよう努力していかなくてはと改めて思いを持ったところでございます。 議員皆様におかれましては健康に十分お気をつけいただきながら、ますますの御活躍を御祈念申し上げ、閉会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。

赤磐市議会 2018-03-20 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号

一例だが、出展して六十数社の相手方と名刺交換、商談が行われたという話も聞いている。実際に商談が成功するかどうかは、これから先の事業者の努力によるが、いろいろな方面から企業を支援することで市内の活性化につながると考えているとの答弁。  委員より、観光費の施設維持管理費の中にある熊山駅前、駅裏看板はどういう看板なのか。

赤磐市議会 2018-02-27 平成30年 3月第1回定例会-02月27日−04号

また、桜が丘西8丁目地内、山陽北小南側の赤磐市が所有する土地と、桜が丘西5丁目地内、ショッピングセンター南側に隣接する大和ハウス工業株式会社が所有する土地の交換に向けて、町内会等と話し合いも進めております。ショッピングセンターの跡地につきましては、桜が丘の中心部に残された最後のまとまった土地でございます。極めて重要な資産と考えております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

なお、この維持に当たりましては、バッテリーとかパットとか、必要に応じて交換するような部分もあるというふうにお聞きしております。  それから、3点目のAEDの講習ということでございますが、これに当たりましては、救命率向上のために今開催しています救命処置の講習会、あるいは学校や事業所の要望に応じての講習会などで、AEDの有効性をお伝えし、使用方法を指導しているところでございます。  

赤磐市議会 2018-02-23 平成30年 3月第1回定例会-02月23日−02号

次に、2目配水及び給水費1億5,306万6,000円は、職員人件費3名分、漏水調査委託料、電気料、配給水管修繕費及び量水器の交換、材料費等、施設の維持管理に要する費用を計上いたしております。  めくっていただきまして、水26ページ。  3目受託工事費275万円につきましては、前年度並みで計上いたしております。  

赤磐市議会 2018-02-22 平成30年 3月第1回定例会-02月22日−01号

また、閉会後の交換会では地元企業、団体等の皆様が異業種間での情報交換を行い、親睦交流を深めておられました。  2月17日と18日には、山陽ふれあい体育館において約10年ぶりとなる岡山シーガルズのホームゲームが開催され、両日とも約1,700名ずつの入場者があり、ホームゲームならではの熱い応援で岡山シーガルズの2連勝を後押ししていただきました。  

赤磐市議会 2017-12-05 平成29年12月第5回定例会-12月05日−04号

公立保育園につきましては、今後このような処遇改善等についていろいろと情報交換しながら、総務課と調整、今後……               (12番北川勝義君「総務課か」と呼ぶ)  公立保育園ですので、今後総務課等と給与等に関しては調整をさせていただけたらと思います。