94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山市議会 2019-07-02 07月02日-11号

日本世論調査協会が6月1,2日に実施した全国面接世論調査では,安倍政権が10月に予定する消費税増税に反対する人が60%に上がっています。負担増や景気への悪影響に懸念が根強いところがうかがわれると思います。軽減税率も含めて,その恩恵は所得が高い人ほど大きくなる。

岡山市議会 2019-03-15 03月15日-11号

JNNの2月の世論調査では82%の方が景気回復の実感がないと答えています。安倍総理は私の政権で景気回復したと自慢しますが,国民の実感とかけ離れていると言わねばなりません。 安倍総理は,賃金上昇を増税の理由の一つにしています。

赤磐市議会 2018-03-02 平成30年 3月第1回定例会-03月02日−05号

なかったのに、要するに世論が低調になったから赤磐市もその影響を受けたというふうに作間部長はおっしゃるんでしょうけれども、一方で昨年には地域商社の方に説明されてるんですよね。要するに、こういうプランをこういうふうにやってふやしていきたいと。それは地域商社さんのお仕事なわけですから。

新見市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第2号) 本文

そのためには圧倒的な世論を広げていくことなどが求められていると思うわけでございます。  お尋ねをいたします。  1点目でございますが、核兵器廃絶に向けての市長のお考えをお聞かせいただきたいと思います。  2点目、日本政府への核兵器禁止条約の調印を求めることについてどのようにお考えでしょうか、見解をお示しください。  

赤磐市議会 2017-11-29 平成29年12月第5回定例会-11月29日−02号

それで、先ほども言いましたように、やはり今の世論、ほかの議員さんもこのことは早くすべきじゃないかと、子育て支援にはいいんじゃないかという、やっぱりそういう世論も広がってきてるわけですよ。  それで、本当に考えたら、先ほど言いましたように、高校生に対する支援は本当にずっとこのまま山陽町時代から、私山陽町出身なんですけど、高校生に対する家庭への支援というのは本当に予算がない町でありました。

赤磐市議会 2017-09-04 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号

じゃけど、それは世論づくりなんですよ。今後、それを強引にしてくる危険性があるわけです。だから、そういう意味では、今、答弁の中で市長会で議論をされるんでしょうけど、市長会のほうでこういうふうなやり方はおかしいという異議を唱えていただきたいと思うんです。再度の御答弁お願いしたいと思います。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  友實市長。

赤磐市議会 2017-06-29 平成29年 6月第3回定例会-06月29日−05号

あなたの署名核兵器廃絶を求める何億という世界世論となって国際政治を動かし、命輝く青い地球を未来に残すと確信します。あなたの署名を心から訴えますとあります。  核兵器禁止条約は、核兵器を法的に禁止する史上初めての条約になります。歴史的なことです。ぜひこの請願に賛成していただいて、意見書を国に届けていただきたい。そのことが政府の背中を押すことになります。

新見市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会〔一般質問通告者一覧表〕

       │ │  │  │       │  3) 選挙運動期間中に訴えた「選択│       │ │  │  │       │    と集中」とは、何を想定し、具│       │ │  │  │       │    体的にどういったことを実行し│       │ │  │  │       │    ていくのか         │       │ │  │  │       │  4) 日本世論調査会

赤磐市議会 2015-06-30 平成27年 6月第3回定例会-06月30日−05号

さらに、各種の世論調査でも法案について今国会成立させる必要はないという回答が多数を占めています。法案への理解は進んでおらず、国民は慎重な審議を求めています。よって、国民の理解を得るため、政府、衆参両院におかれましては慎重かつ十分な審議を行うことを求めます。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成27年6月30日。岡山県赤磐市議会議長金谷文則。  

新見市議会 2015-06-01 平成27年6月定例会(第5号) 本文

国会の開催を延長して法案成立を押し通そうとする狙いがあるようですが、延長国会の前に示された世論調査でも、約8割が政府法案の内容を十分に説明していない、法案成立に反対を約6割が示す状況であります。さらに法案の問題点が明らかになり、反対の声は現在大きく広がる状況もあるわけです。  

新見市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第1号) 本文

市長が提案するまではどういう手順でという御質問でございますが、おのずと市民の皆様の意見とか、そういうこの方をというような機運が醸成して、世論といいますか、世論として湧き上がってくる、そういう雰囲気の中で、私どももそういう御意見、雰囲気をつかんで、例えばまちづくり審議会というのがございますので、そちらの御意見を伺ったりしながら市長が判断してまいることになろうかと思っております。  

赤磐市議会 2014-09-26 平成26年 9月第3回定例会-09月26日−06号

私はこのとき、7月1日にも集団的自衛権の行使容認が閣議決定されようとしています、国民世論も5から6割がこの閣議決定はすべきでないという状況でした、ゆえにぜひこの6月議会で採択をと継続審査には反対討論しております。そして、このとき本会議では、継続が9人、請願に賛成は6人、請願に反対は1人でした。

赤磐市議会 2014-06-27 平成26年 6月第2回定例会-06月27日−05号

しかし、世論調査では、解釈改憲に対して反対が5から6割、また地方議会でも反対の意見書が114、もっとふえていると思います。そして、慎重な対応を求める意見書が14──これは6月24日現在です──にも上っております。国民の命、国のあり方が問われる重大問題なのに、国会審議もなく、密室協議で閣議決定するなど許されません。

新見市議会 2013-12-01 平成25年12月定例会(第3号) 本文

審議の過程においては世論と運動に押され、見直しが相次ぐ異例の事態にもなったわけですが、高齢者人口の増加に伴い、公的介護の役割がますます重要になっているときであるにもかかわらず、利用者、家族はもとより介護労働者の皆さんが専門職としての誇りと事業への展望が持てるような内容とは到底言えないものになっています。  

赤磐市議会 2013-09-06 平成25年 9月第4回定例会-09月06日−04号

また、みんながこの問題を共有できるような世論の形成をしていただかなくてはなりません。例えば、専門家を呼んでの話し合いとか先進地の状況を調べるなど、動き出すことだと思いますが、いかがでしょうか。  3つ目の質問です。高校生への通学費補助をという質問をいたします。  赤磐市内には高校がないために、非常に苦労して通学をされています。保護者の負担は並大抵ではないと思います。