運営者 Bitlet 姉妹サービス
2098件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月21日−05号 農業者へ安定的に供給できるよう取り組むとのことで、県の姿勢も明らかになっているということ、米に限っていえば全国的に米の消費量は落ち込みぎみ、米余りになり、各地域でブランド化も進んでいる、種子法は役目を果たしたと思われるので廃止しても仕方がないと、米生産者がわざわざ高い種もみを買ってつくるのか、約300種類、作付270種類程度あるが、多様性が失われるとはとても思われない、種子大手の外資系企業により、一世代もっと読む
2018-12-19 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月19日−05号 安倍総理もあらゆる施策を総動員し、経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する、またお年寄りも若者も安心できる全世代型の社会保障へと大きく転換し、同時に財政健全化も確実に進めていくと強調されています。   もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 また、少子・高齢化による支え手である現役世代の減少等、社会構造の枠組みが変わろうとしております。そういう中で介護職員の安定、継続的労働環境をよくしていくために、これは国の制度そのものでありますので給与とか処遇改善というようなことを積極的に働きかけてまいります。2025年問題というのがかなり言われてましたけども、今はどちらかというと2040年までを視野に入れてと。 もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 今ここに座っている皆さんは50人近いクラスの中で学んできた仲間、世代です。本当にそうだったですか。私が見る限り、競争の論理で勝ち抜いていけるのはほんの一握り、50人いれば5人か10人までです。それ以下の子供たち、自分自身も含めて、精いっぱい先生の言っていることを学び、覚えるのが精いっぱいで、競争などという言葉は一切出てきません、子供の世界に。 もっと読む
2018-12-05 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月05日−02号 2019について市長4 中学校統廃合問題について市長 教育長 (再質問あり)25番 石原和人1 河川管理について市長 建設部長 (再質問あり)2 ふるさと納税について市長 (再質問あり)3 幼児教育について教育長 (再質問あり)4 中学校再編について教育長5 本市の各種計画について市長 (再質問あり)39番 守井秀龍1 備前市まち・ひと・しごと創生総合戦略について  ① 子育てしやすい環境を整備し、若い世代 もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 今年度、11団体からの応募のうち8団体を採択し、発達障がい児の家族の悩みや不安に寄り添うみんなの居場所カフェの運営、世代間交流を図りながら勝山銘菓丸太棒を復活をさせる取り組みなどを支援しています。また、真庭商工会と連携し、SDGsの推進に取り組む企業、団体と真庭市ホームページの相互リンクを行い、SDGs未来杜市真庭を市内外にPRする真庭SDGsパートナー制度を発足させました。   もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 インフルエンザ予防接種の助成に関して、高齢者への助成はありますが、この世代の人たちに対するインフルエンザ予防接種への助成は全くありません。 もっと読む
2018-11-30 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月30日−03号 そういったことを含めて兼業農家の育成という観点から、今、団塊の世代の方が田んぼの枚数を減らしたり、もうやめようというような方がぽつぽつと散見されます。そういった方々は、米づくりにおいてはフルセット機械を持っとられます。ただ単に処分するだけではもったいないような気がいたします。 もっと読む
2018-11-01 玉野市議会 平成30年第 5回11月臨時会 当局の説明によりますと、ファン層の中心は若い世代で人口の多い関東圏に集中している状況ではあるが、インターネット投票は全国どこからでも買えるといった強みを生かし分析をもとに戦略を立てていきたいとのことでありました。 次に、一般会計への繰り出しについて、今後の見通しをただしました。  もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 公共事業というのは、おくらせてもいつでもやろうとすればできるわけですが、子育て支援の世代というのは、一年一年新しい子育て世代が生まれますけれども、もう一人産みたいという方がもう年齢的に無理だというのがこの子育ての時間的限界があるわけです。 もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 アップに取り組んでいることは何か市長 市長公室長 総務部長 (再質問あり)5 備前市の「SDGs」の取り組みについて  @ 「教育・環境」をテーマにSDGsに応募することを提案市長95番 石原和人1 備前市地域防災計画について市長 市長公室長 (再質問あり)2 第2次備前市総合計画(後期基本計画)について市長 市長公室長 建設部長 (再質問あり)3 保育行政について市長 教育長 (再質問あり)4 世代 もっと読む
2018-09-13 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月13日−05号 もう私はいないでしょうけども、やはり次の世代あるいはその孫の世代に、こういうままで移行するのがどうなのかということは本当に今を生きる私たちが真剣に考えなきゃならないと思っております。  2点目の被災ごみの集積場の関係でありますが、まず市内の集積場の実態、これにつきましては真庭市の地域防災計画で災害廃棄物の発生状況に応じて仮置き場を設置するというふうに規定しております。 もっと読む
2018-09-12 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月12日−04号 社会を支える若い人たちが各世代で100万人を切った人しかいない、そういう社会構成になってくる。そして、さらに重要なのは、戦後のベビーブーム、そしてその次の第2次のベビーブーム、ところが第3次のベビーブームはないんで、そういうことで100万人を切って、若い支える人たちがいなくなってくるという、ある意味では非常に深刻な事態を迎える。 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 3点目、秋田県五城目町は、どの世代もかかわりが持てる子供の教育を住民共有のテーマに据えています。世界一子供が育つ町というテーマを一定数の住民が共有し、子供は世代を超えた共通の関心事です。子供を通じてつながりができていると報告されています。  備前市も、教育のまち備前を標榜し、多くの施策を行ってきています。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 そういう中で、こういう災害、あるいはこれからふえてくる介護問題、そういう問題も含めて、天から金は降ってきませんから、次の世代にもむしろ1,000兆円を超える負担を少しでも減らすような、そういうことも含めて政治が考えないと私は国家がだめになると思ってます。一市長として人気取りはしません。しかし、そういう議論を皆さんとしながら、そういう自治体をつくっていきたいと思ってます。 もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 先ほどご質問の中にもいただきました牛窓からの海路からのアクセス、こうしたいわば観光、地域の振興に資する部分ということも、これもバランスをとりながらやっていかなければいけないということは議員もご承知のとおりだというふうに思いますので、こうした本当に世代を超えて続けていかなければいけないこと、継続的にやっていなければいけないことも我々としてはあるということをぜひご理解をいただきながら、慎重に考えてまいりたいと もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 ◎市長(武久顕也君) 過去の災害の歴史を地域に刻むということは、教訓をしっかりと次の世代につなげていく、また日ごろからの危機意識を持つ意味でとても効果のあることだと思います。  問題なのは、やはりそれをやることによる、例えばもう人が住まんようになったりとか、地価が安うなったりとか、そういうふうな話では必ずつきものになってまいりますので、やっぱり地元の理解、協力が必要だというように思います。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 今のうちに、少しずつ世代交代を図る必要があると思います。そのためにも、狩猟班の人数をふやす必要があると思います。しっかり若い人を育成しないと、将来の狩猟班の継続が不可能です。今ならまだ間に合うと思います。しっかり若い人にも門戸を開いて、技術の引き継ぎをしなければいけないと思います。 もっと読む
2018-09-05 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号 そのコンセプトは、「団地」から「まち」へ~多様な世代が支えあい循環するまちへ~としており、団地全体が「まち」としてさまざまな機能を有し、子供から高齢者まで多様な世代の人たちが支え合い、世代循環を行いながら安心して楽しく一生を過ごせる「まち」の実現を目指すとしております。  かつての県下ナンバーワンの規模を誇り、各地から羨望を集めた住宅団地でございます。 もっと読む
2018-09-05 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月05日−01号 若者の考えを知ったり、大人の地域に寄せる思いを語ったりと、お互いに知らなかったいろいろな世代の考えを知るよい機会となりました。「だっぴ」につきましては本日の新聞報道にありましたが、8月31日に日生中で開催しております。また、9月20日には伊里中で開催予定でございます。  8月16日、片上高校魅力化検討委員会を開催いたしました。 もっと読む