運営者 Bitlet 姉妹サービス
2547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会会議内容
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 公共事業というのは、おくらせてもいつでもやろうとすればできるわけですが、子育て支援の世代というのは、一年一年新しい子育て世代が生まれますけれども、もう一人産みたいという もっと読む
2018-09-13 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月13日−03号 市長公室長 (再質問あり)2 第2次備前市総合計画(後期基本計画)について市長 市長公室長 建設部長 (再質問あり)3 保育行政について市長 教育長 (再質問あり)4 世代 もっと読む
2018-09-12 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月12日−02号 3点目、秋田県五城目町は、どの世代もかかわりが持てる子供の教育を住民共有のテーマに据えています。 もっと読む
2018-09-05 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月05日−01号 若者の考えを知ったり、大人の地域に寄せる思いを語ったりと、お互いに知らなかったいろいろな世代の考えを知るよい機会となりました。 もっと読む
2018-09-05 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号 そのコンセプトは、「団地」から「まち」へ~多様な世代が支えあい循環するまちへ~としており、団地全体が「まち」としてさまざまな機能を有し、子供から高齢者まで多様な世代 もっと読む
2018-06-29 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月29日−05号 もとより、食育はあらゆる世代の国民に必要なものであるが、子供たちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊 もっと読む
2018-06-15 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月15日−05号 しかし、我々世代もいつ何どき真の意味で世間にお世話にならなければならない高齢者になるのかわかりません。元気に老いていけたら最高に幸せだなと思います。   もっと読む
2018-06-15 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月15日−04号 ◎教育次長(川原伸次君) 児島公民館は、児島市民交流センターの中にあっても、人権学習推進事業の取り組みや子育て世代、児童、親子など幅広い世代を対象とした講座の開催 もっと読む
2018-06-14 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月14日−04号 不満なことは何でしたかというところで、交通の便というところが圧倒的に高かったのを、これもまた覚えとんですが、ここで言うところの不満のあった交通の便というのは、若年世代 もっと読む
2018-06-14 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月14日−03号 地域共生社会とは、このような社会構造や人々の暮らしの変化を踏まえ、制度や分野ごとの縦割りや、支え手、受け手という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が参画し、世代 もっと読む
2018-06-13 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−03号 ですので、これを若者定住、子育て世代定住のために活用するのは少し現実的ではないのかなというふうに考えております。   もっと読む
2018-06-13 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号 きいただくとともに、庁舎内にこの課題のワーキンググループをつくり、そして平成29年から約1年かけて、山陽団地等活性化対策有識者会議を開催して議論を重ねて、団地から町へ多様な世代 もっと読む
2018-06-13 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−02号 私自身は、もう少し平均年齢高いのかなと思っていたんですが、おおむね現役世代も含めて幅広い方、特に80代の方も入られているということで、本当に力強さもいただきますし もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 これは世代に関係なく、全ての発達障害、当事者にとって大変大きな権利を法律上担保されたものと私は思います。   もっと読む
2018-06-12 赤磐市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−02号 さらに、若年性のがん発生率ということで、これも山陽新聞の記事に掲載されておりましたけれども、15歳から39歳の思春期、若年世代のがん発生率ということで国立がん研究 もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 団塊の世代が80歳に達する、いわゆる2030年問題というのがちまたでよく言われておりますが、こういった議論が進む中、本市でも小規模農家の後継者不足は避けて通れない もっと読む
2018-06-11 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月11日−02号 また、都市部と比較した場合、独立した子ども世代が市外に住み実家を引き継がないこと、売買、賃貸などの不動産取引が活発でないことが特徴です。 もっと読む
2018-06-01 玉野市議会 平成30年第 3回 6月定例会 国保料を少しでも引き下げるとともに、子育て世代への負担軽減など、減免制度の拡充を実施すべきであります。  もっと読む
2018-05-28 倉敷市議会 平成30年 5月28日 保健福祉委員会-05月28日−01号 この食育キャンペーンは、倉敷市食育推進計画の一環として、平成28年度から、若い世代や男性への啓発強化の重点事業として位置づけ、企画の段階から産学官のコラボレーション もっと読む
2018-05-28 瀬戸内市議会 平成30年 5月第2回臨時会-05月28日−01号 以上、2点の理由から、私は今瀬戸内市民の生活は、年金暮らしの人もそうですし、子育て世代の人も本当に大変な暮らしをされている中で、やはり税金の使い方というのは慎重にならなければならないと もっと読む