運営者 Bitlet 姉妹サービス
1108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会会議内容
2018-09-05 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号 採決による血液検査法であり、胃がんそのものを診断するのではなく、胃がんになりやすいかどうかを診断し、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜の萎縮度を見るものであり、胃がん発症リスク もっと読む
2018-09-05 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月05日−01号 老朽化した古い管を更新し、耐震化していくことは、無駄な費用の削減、漏水事故等のリスクの低減、品質の高いサービスの安定供給にもつながることから早急に取り組むべき課題 もっと読む
2018-09-03 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号 その溝が大きいと私は思いますから、こんな使いにくいマップではなくて、1枚物で、そして具体的に、それぞれの地域で何がリスクがあるのかっていうのがわかるようなものを。 もっと読む
2018-07-03 倉敷市議会 平成30年 7月 3日 環境水道委員会-07月03日−01号 でやる事業、僕は本来これは、公設民営でやるべきだと、この前も言ったけど、DBO方式が望ましいと思ってますけれども、もうこれPFIでやるというんであれば、それに対するリスク もっと読む
2018-06-26 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月26日−06号 これから夏に向けていろいろな行事であったりとか、またさきには大阪での地震であったりとか、目に見えないところにいろいろなリスクが潜んでいるということ、こういったことも もっと読む
2018-06-21 倉敷市議会 平成30年 6月21日 総務委員会-06月21日−01号 VFMの試算は確かにわかりにくいものだとは思いますが、ここにも書いてありますように事業の枠組みや官民のリスク分担に基づいて従来方式、それからPFIを導入した際の公的財産負担 もっと読む
2018-06-19 倉敷市議会 平成30年 6月19日 保健福祉委員会-06月19日−01号 受理会議で検討した329件のうち、270件がハイリスクを含めて要支援と判断した件数でございます。 もっと読む
2018-06-15 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月15日−04号 ぐ口腔ケアについては、認知症の予防や肺炎の予防、低栄養の防止、ひいては社会性が保たれる等の効果があると言われており、口腔ケアができていない人は、要介護認定死亡リスク もっと読む
2018-06-14 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月14日−04号 大きな費用をかけてリスクを伴う、また備前市民がどれほど雇用されるかわからない旧来型の企業誘致よりも、今既に備前市内で頑張っている企業や事業所、さらに規模は小さくても もっと読む
2018-06-14 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月14日−03号 保健福祉局参与(吉岡明彦君) 国の第3期がん対策推進基本計画では、がんの発症予防として、リスク因子を減少させることが重要とされています。 もっと読む
2018-06-13 倉敷市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月13日−02号 本市独自の認定制度につきましては、現在のところ考えておりませんが、出前講座の内容につきましては、自主防災組織の結成、活動状況や津波、土砂災害など各地域における災害のリスク もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 でさまざまなデータ等がありますので、そうしたものを我々の経営判断に役立てるような、そのような活用と、そして常にモニタリングをしていくということ、そうしたことによってリスク もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 この定期的なさまざまな活動の複数実施とフレイルへのリスクというこの1枚物ですが、65歳以上の方たちのデータです。 もっと読む
2018-06-11 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月11日−02号 要旨としましては、これから梅雨の季節を迎え、夏を挟み台風シーズン到来となるが、災害等危険箇所の現状把握やリスク対応等の備えについて問うということであります。   もっと読む
2018-06-01 玉野市議会 平成30年第 3回 6月定例会 まさに財政負担削減効果、VFMを算出する従来型の公設公営等のPSCの算出根拠は明確に示されず、また民間に移転されるリスクの金銭価値化の根拠とライフサイクルコストの もっと読む
2018-05-01 笠岡市議会 平成30年  第 3回 5月臨時会 これからは県がリスクを負うことになるのではないか,そうであれば今ある基金を使うことで保険料を低く抑えることができるのではないかとの質疑があり,これに対し,共同運営 もっと読む
2018-04-12 倉敷市議会 平成30年 4月12日 環境水道委員会-04月12日−01号 さっき言われたように、リスク管理ができるというのもあるのかもしれないですけど、そこまで見抜けない、見抜けていなかったというのが、実はA型の問題です。   もっと読む
2018-03-20 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-03月20日−06号 また、委員が、指定管理期間中に子どもの人数が減ったりゼロになったりした場合、指定管理料や施設の管理はどうするのかとただしたところ、当局から、人数が減少した場合のリスク もっと読む
2018-03-09 倉敷市議会 平成30年 3月 9日 環境水道委員会-03月09日−01号 をしまして、またふぐあいの発生確率としては経過年数でありますとか腐食環境下というようなことにより区分をし、このように事故などによる被害規模とふぐあいの発生確率などによるリスク もっと読む
2018-03-08 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月08日−03号 ということは、ここで私が言いたいのは、運用のほうへこの基金を、何億円もあれば運用をして、いわゆる投資信託であるとかそういったリスクのあるようなものにこれは活用するということではないんですよねということをちょっとお もっと読む