運営者 Bitlet 姉妹サービス
922件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月18日−06号 私は自治体が便利だとか、サービスだって言ってこういう印鑑登録や何かをどんどん民間に出してしまうこと、これは大変リスクが高いと思います。よく見直してください。地方自治体としての責務をやっぱりもう1度見直すべきだと思います。 もっと読む
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 11.b「2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さを目指す総合的政策及び計画を導入し、実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015」っていうのがあるらしいんですが、「に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う」というふうに、いわゆる少子・高齢化やユニバーサルデザインや公共交通の問題とか、または農村と都市という項目もあるんですね もっと読む
2018-12-07 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月07日−04号 9点目、縮災について、その概念は日ごろから災害リスクの理解と管理強化によってリスクの削減に向けた準備を整えておく、それが一日でも早くよりよい復興が果たせることに効果がつながるという考えであると理解をいたしております。最近の大規模災害の発生状況から見ると、今後は縮災という考え方を取り入れた防災計画等の見直しも必要であると思います。   もっと読む
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 やっぱり広域化というのは、さっき市長もおっしゃったように、部長もおっしゃったように、広域化というのはやっぱり1つ考えていく方向性の一つだろうと思いますし、やっぱり当然規模の問題もある、そして委託すると、災害が起きたときとか、その業者が倒産したときとか、そういうリスクも負わなきゃならない、瞬間的に安くなるということが今後10年、20年、人口動向を見たときに、2万5,000ぐらいの町になったときは逆に広域化 もっと読む
2018-12-05 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月05日−05号 ◆16番(下山哲司君) この61号については印鑑登録の証明に関する条例の一部の改正になるんですが、これをやることにおいてどういうリスクがあるのか。そのリスクを、問題点を把握しておるのか、その把握しておるリスクの説明をお願いしたいと思います。それで、それについて今後どういう安全性をとっていくのかという説明をお願いいたします。 ○議長(金谷文則君) 答弁を求めます。  作本市民生活部長。 もっと読む
2018-12-03 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-12月03日−04号 ◆9番(原田素代君) 水道事業については、まさにタイムリーに各新聞、また各報道、テレビなどでもその民営化がいかにリスクが高いかということが報じられておりますので、関心の高い方は既に御存じのことだと思いますが、簡単にこの間の経緯を確認したいと思います。  水道法の改正案は、ことしの7月4日衆議院で可決しておりますが、現在は参議院で審議中です。 もっと読む
2018-11-29 赤磐市議会 平成30年12月第4回定例会-11月29日−02号 こうした世帯の全てが社会的孤立という問題を抱えているというわけではないのですけれども、潜在的に孤立や困窮に係るリスクを親子ともに抱えていらっしゃるということは承知をいたしておるところでございます。  具体的な今後の対策ということでございますけれども、一応、医療機関、それから福祉制度、支援サービスなどについて、紹介をいたします。 もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 筋肉が減少すれば、転倒や骨折をしやすくなったり、また外出の頻度が下がってしまうために認知症のリスクを高めてしまうなどの悪影響があります。  口の筋力の衰えも注意が必要となってまいります。 もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 つまりハザードマップというのは、それほどリスクに対して正確に予見しているものということが明らかになると同時に、そのハザードマップが市民に周知徹底されていなかったことの問題点が明らかになりました。  ところで、我が市のハザードマップのうち、洪水ハザードマップは、平成19年、今から11年前に作成されたものです。 もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 まず、住民の防災意識についてですが、市民一人一人が自分が住んでいるところの災害リスクを知り、それに備えていただく、災害が発生する前にできるだけ準備をすることが重要と市民にはお伝えのほうをさせていただいております。しかしながら、平成30年の7月豪雨の際には、避難所に避難された方の人数だけを考えると、災害時に避難行動を起こしている市民の数は決して多いものではありませんでした。 もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 これは、真備町でも使われた、真備というか、西日本豪雨でも倉敷で使われたものですけれど、避難所、避難先では女性や子どもを狙った性被害、性暴力、DVなどが発生するリスクが高まります。単独行動はしないようにしましょう。性的な嫌がらせ、いたずらなど、尊厳を傷つける行為も犯罪ですといったものです。 もっと読む
2018-09-05 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月05日−04号 検査方法は、採決による血液検査法であり、胃がんそのものを診断するのではなく、胃がんになりやすいかどうかを診断し、ピロリ菌感染の有無と胃粘膜の萎縮度を見るものであり、胃がん発症リスクの高い人に対してピロリ菌の除去や定期的な精密検査を勧めるものであります。バリウム検査などよりも身体的、経済的負担が少なく、受診率の大幅向上が期待されており、がんの予防や早期発見につながると期待されております。   もっと読む
2018-09-05 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月05日−01号 老朽化した古い管を更新し、耐震化していくことは、無駄な費用の削減、漏水事故等のリスクの低減、品質の高いサービスの安定供給にもつながることから早急に取り組むべき課題と考えます。  また、市では、10年間をスパンとする「水道ビジョン」を策定していますが、その計画期間が29年度で終了することになっています。 もっと読む
2018-09-03 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号 その溝が大きいと私は思いますから、こんな使いにくいマップではなくて、1枚物で、そして具体的に、それぞれの地域で何がリスクがあるのかっていうのがわかるようなものを。物だけでなくて、そういう集まりの輪をきちっと保障する。それが今、言われていた自主防災組織のことなんですけど、お尋ねしますけど、自主防災組織でいろいろやってるって書いてるあるけど、これ、やってる防災組織、幾つありますか。 もっと読む
2018-06-26 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月26日−06号 これから夏に向けていろいろな行事であったりとか、またさきには大阪での地震であったりとか、目に見えないところにいろいろなリスクが潜んでいるということ、こういったことも肝に銘じながらそうしたことがおろそかにならないように全体の目くばせを行いながら市政の運営に努めてまいりたいと考えておりますので、どうか議会の皆様におかれましても引き続きお力添え、また叱咤激励いただきますようによろしくお願いを申し上げまして もっと読む
2018-06-14 備前市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月14日−04号 大きな費用をかけてリスクを伴う、また備前市民がどれほど雇用されるかわからない旧来型の企業誘致よりも、今既に備前市内で頑張っている企業や事業所、さらに規模は小さくても、起業する方たちを補助金のみでなく、さまざまな方面からのバックアップや連携を含め支援すべきであると考えます。そんな思いは昨年12月に市役所のTeam RESASが全国コンテストで優秀賞を受賞した分析の中にも大いに反映されています。   もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 現在行っておりますのは、市の中でさまざまなデータ等がありますので、そうしたものを我々の経営判断に役立てるような、そのような活用と、そして常にモニタリングをしていくということ、そうしたことによってリスクを未然に防いでいくという、こういったことを中心にデータの構築を進めております。 もっと読む
2018-06-12 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月12日−03号 島根原発第3号機が稼働すれば、万一事故が発生の場合、放射能リスクが高まることが予測されております。真庭市は原子力災害等対策編でUPZからの広域避難の受け入れ、いわゆる緊急時防護措置準備区域からの避難の受け入れ態勢を整備するとしており、広島県の避難計画によると、安来市より4,140人の避難者の受け入れが想定されておりますが、真庭地域の安全の確認方法が確立されてるというふうには思われません。 もっと読む
2018-06-12 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月12日−03号 この定期的なさまざまな活動の複数実施とフレイルへのリスクというこの1枚物ですが、65歳以上の方たちのデータです。 もっと読む
2018-06-11 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月11日−02号 要旨としましては、これから梅雨の季節を迎え、夏を挟み台風シーズン到来となるが、災害等危険箇所の現状把握やリスク対応等の備えについて問うということであります。  1として、民家に影響を及ぼしそうな危険箇所は。  2として、道路に影響を及ぼしそうな危険箇所は。  3として、その他生活に影響を及ぼしそうな危険箇所はということであります。   もっと読む