30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-12月06日−03号 ベトナムの人が14万円、その間の手数料その他見て約18万円でしょう。だから、やっぱり仕事に見合った賃金をきちっと払う、これは私はまず市からしていかなければならないということで先ほど申し上げたわけです。  ここの中で言えば、これは民民の話ですから、私は市に押しつけるつもりももちろんありません。 もっと読む
2018-11-28 備前市議会 平成30年11月第7回定例会-11月28日−01号 本年度は中国とベトナムから118名の皆さんが、約6カ月間、カキ養殖の技能実習に取り組まれます。これからも地域の方々と友好関係を築きながら継続していけるよう支援をしていきます。  同日、備前県民局東備地域事務所で行われた岡山・兵庫両県境協議会要望会に出席してまいりました。会議では、両県関係部署、両県境隣接市町村長出席のもと、備前市からはJR赤穂線の利便性の向上等の要望を行ってまいりました。   もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 それは、昨年3月に千葉県で起きたベトナムの小学3年生児童の殺傷事件、これは現在公判中ですけども、それが起きたからです。しかし、ことしも5月に新潟で小学2年生女子児童が下校途中に事件に巻き込まれ、線路脇に遺棄されるという悲惨な事件が起こりました。さらには、14年前に津山で起きた当時小学校3年生の女子児童殺害事件の容疑者が逮捕されました。 もっと読む
2017-11-29 備前市議会 平成29年11月第5回定例会-11月29日−01号 次に、10月12日、日生町で外国人技能実習生開講式があり、かき生産に従事する中国、ベトナムからの132名の実習生に向け、歓迎と激励の挨拶を行ってまいりました。  次に、10月13、14日、毎年恒例の備前焼まつりでございます。前夜祭であるかべりだいまつ・炎の祭典、また、翌14日はあいにくの雨でしたが、その開会式、岡山県こども備前焼作品展の表彰式に出席しております。 もっと読む
2016-03-01 赤磐市議会 平成28年 3月第1回定例会-03月01日−04号 赤磐産の桃がベトナムへ輸出されている話も伺いました。生産者の方々は一生懸命努力されていることを実感をいたしました。隣の牟佐地区では宣伝効果が抜群で、黄ニラが全国に発信されています。これは大変、放送関係者とのかかわりが深いとも聞いております。日本の国を支えてきたのは農業からであります。国の政策に頼る必要もありますが、これからは市町村の独自性が求められる時代が到来すると思います。 もっと読む
2015-11-01 岡山市議会 平成27年11月定例会 日本茶に高い関税をかけているのはメキシコ,ベトナムです。逆に,ベトナムでは,日本の大手メーカーが現地法人を立ち上げて緑茶を生産しているため,TPPによって日本茶は輸出はふえなくても逆輸入がふえる可能性のほうがかなり現実的です。 政府の出す情報をうのみにするのではなく,何が真実なのかさまざまな情報を集めて自分たちで判断するということが自治体の大きな役割ではないでしょうか。 もっと読む
2015-09-11 瀬戸内市議会 平成27年 8月第4回定例会-09月11日−05号 アメリカは、戦後、ベトナム戦争、イラク戦争など、数多くの先制攻撃の戦争をやってきました。そういう戦争に乗り出した際に自衛隊の参戦を求めてきても、これまでは集団的自衛権は行使できないと断ることもできました。しかし、安全保障関連法案が通ったら断れなくなります。アメリカに言われるままに自衛隊が一緒に戦争することになるのではないでしょうか。こんな恐ろしいことを絶対に許すわけにはいきません。   もっと読む
2015-06-22 瀬戸内市議会 平成27年 6月第2回定例会-06月22日−03号 国別で見ますと、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア、スウェーデン、オーストラリア、ベトナム、カンボジア、台湾などとなっております。どの国が多いとは言えませんが、比較的英語圏の方が多い傾向にあると考えております。  外国の方への対応については、基本は通訳の方を通して解説をしていただいているのが実情であります。 もっと読む
2014-12-09 倉敷市議会 平成26年第5回12月定例会-12月09日−02号 特に昨年7月にビザの発給要件を緩和したタイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムからの観光客も1.5倍前後にふえております。  本市の状況でございますが、倉敷インバウンド誘致委員会のまとめによりますと、ことし1月から10月までの外国人宿泊者数は1万5,399人となり、昨年1年間の1万4,489人を上回りました。 もっと読む
2014-06-01 真庭市議会 平成26年 6月第3回定例会 それは、南シナ海でのベトナムとの領海争いであり、また尖閣列島や竹島の帰属問題であります。こうしたことから、さまざまな事態を想定し、適切な対応ができる仕組みを構築することが日本の安全保障上の緊急の要請でありましょう。それが集団的自衛権と言えます。 湾岸戦争では、日本は130億ドルという巨額の資金援助を行ってまいりましたが、国際社会では評価されなかった。 もっと読む
2012-03-05 瀬戸内市議会 平成24年 2月第2回定例会-03月05日−05号 それは3・11、震災以降に公表された事例だけでも、例えば日本触媒がインドネシアに246億円を投じ高吸水樹脂の製造工場を、そしてまた新日本製鉄がタイに246億円を投じ溶融亜鉛メッキ鋼板の製造工場を、そして昭和電工がインドネシアに400億円を投じアルミ工場を、京セラもベトナムに300億円を投じ電子部品工場、ほかにも住友化学がアメリカに、東洋紡が中国に、東レはインドネシアに、ライオンは中国に、住友ゴムはブラジル もっと読む
2011-12-02 赤磐市議会 平成23年12月第6回定例会-12月02日−03号 2011年11月の時点で、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシア、チリ、ニュージーランド、ブルネイ、シンガポールなど、9カ国は既に1年以上にわたり交渉を行っております。10番目の日本の表明を受けて、カナダ、メキシコも参加を表明し、またフィリピン、パプアニューギニアも参加の意向を示しております。TPPの交渉が妥結の時期は、2012年、平成24年11月ごろとされております。 もっと読む
2011-03-01 赤磐市議会 平成23年 3月第1回定例会-03月01日−03号 そして、平成22年10月から拡大交渉会合がアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの5カ国を加えた9カ国で進められております。   もっと読む
2011-03-01 玉野市議会 平成23年第 1回 3月定例会 それで、現在交渉中はアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシア、全部で9カ国ですよ。 これに対して、日本がこれに参加せんかったら、例えば開国として非常におくれると、日本は世界から取り残されるというような判断で政府が進めようとするTPP交渉参加に対してそういう消極的なというか、TPP参加をすべきであるというような論議になっとんですか。  もっと読む
2010-12-07 瀬戸内市議会 平成22年11月第6回定例会-12月07日−03号 また、TPPに参加しないと世界の流れに乗りおくれる、国益に反するという宣伝がなされていますが、TPPに参加している国はシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4カ国で、交渉に参加している国、アメリカ、オーストラリア、ベトナム、マレーシア、ペルーを合わせて9カ国、日本はそのうち5カ国と、FTA、自由貿易協定、EPA、経済連携協定を結んでいます。 もっと読む
2010-12-01 真庭市議会 平成22年12月第5回定例会 そういう協定に対して、08年ごろからオーストラリア、ペルーあるいはベトナム、そしてアメリカ、マレーシア、こういった国が参加を表明をし、また現在参加を検討している国としてはコロンビア、カナダ、そしてまたこれに極めて強い関心を示している国として韓国、中国、メキシコ、タイ、いわゆる環太平洋の大半の国がこのTPP協定への参加を今、検討し議論をされている、こういう状況にあろうかと思います。 もっと読む
2010-03-01 美咲町議会 平成22年第 2回( 3月)定例会 まず、企画財政課でございますが、ベトナムとの交流は、当分の間休止という町長の方針でありましたが、国際交流事業286万円を計上いたしております。これについては、英語圏への国際交流を県に依頼中ということでございまして、ホームステイなどの国際交流を計画しているというふうなご報告がございました。  もっと読む
2009-06-01 美咲町議会 平成21年第 7回( 6月)定例会 中でも、町長の施政方針でもある対話の行政、そして、50人委員会の対応・考えなどを始めとし、福祉バスの充実、デマンドシステムの検討、また、総合支所の機能強化・強化策、農林業公社の立ち上げと産業支援、中央中学校の建設問題等、また、協働のまちづくり早期組織づくり、医療・福祉の充実、少子化対策と子育て支援の充実、農業分野への雇用対策、また、ベトナムとの国際交流の問題等々、その他にも幅広い多くの質問がありました もっと読む
2008-12-15 瀬戸内市議会 平成20年12月第4回定例会-12月15日−03号 地上デジタル放送は、1998年にイギリスで開始されて以来、アメリカ、フランス、イタリアなど、アジアでは韓国、中国、ベトナムなど20以上の国と地域で放送されています。地デジの魅力は音質の劣化や映像の乱れがなく、高画質、高音質のデジタルハイビジョン放送が楽しめるだけではなく、標準機能として字幕放送や音声の解説放送、双方向番組、災害情報や暮らしに役立つ情報番組なども提供される予定であります。   もっと読む
2008-09-01 美咲町議会 平成20年第 6回( 9月)定例会 また、生涯学習の一環として、ベトナム語の講習が追加予算に上げられておりますが、中央公民館で計画をされておりますが、これをみさきネットを利用、活用して全町的なものに活用できないかという意見があり、これについては、検討したいという回答でございました。  もっと読む
  • 1
  • 2