20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

井原市議会 2018-10-03 10月03日-02号

高齢者の社会参画に向けた支援では、老人クラブ活動や井原市シルバー人材センターへの支援、いばらサンサン交流館運営事業等での健康増進や世代間交流などの生きがい活動を通じて意欲や目標を持って生活できるよう社会参加を促進するとともに、豊かな経験や知識を生かしたまちづくりや地域活動、就労活動など、高齢者が地域社会の担い手として活躍できるようしっかり支援してまいります。 

赤磐市議会 2018-06-13 平成30年 6月第2回定例会-06月13日−03号

5点目といたしまして、体育的行事、クラブ活動、部活動及び合宿時などは、状況により適宜指導計画を変更すると具体的に示されておりますので、これに沿った対応を行っております。  なお、警報発令時の場合には、直ちに屋外の活動は中止し、屋内に退避させることになりますが、今回の注意報の対応といたしましては、児童・生徒の健康状態を把握しながら、状況に応じて対応しております。

赤磐市議会 2018-02-26 平成30年 3月第1回定例会-02月26日−03号

充実のほうでは、修学旅行費の事前支給や国が援助項目に加えたクラブ活動費、生徒会費、PTA会費を対象に加えること、年3回のまとめ支給から毎月支給への改善はどうでしょうか。国は生活保護費削減の検討をしておりますが、生活保護基準が下がれば、就学援助を初めさまざまな制度に影響してまいります。これについても削減をしないようにしていただきたいと思います。  以上のことに御答弁願いたいと思います。

赤磐市議会 2016-09-05 平成28年 9月第3回定例会-09月05日−03号

また、内容の充実、例えば2010年に生活保護費項目に追加をされましたクラブ活動費、生徒会費、PTA会費、これが新たな給付対象になりました。赤磐市はこれは多分見てくださってるとは思うんですが、全自治体の2割程度にとどまっているとされております。さらに、独自の措置として他の自治体では卒業アルバムや水着代など充実させているところもあります。

高梁市議会 2016-06-01 平成28年第4回 6月定例会

言うまでもなく、中学校生活は勉強はもとより、クラブ活動が十二分に発揮できる教育環境が必須であると思います。そうした環境の中で、切磋琢磨することが、一人一人の資質や能力をさらに伸ばし、人として成長していくものと考えます。 5月30日に教育委員会が開かれ、来年4月の統合を委員全員の賛成で議決されました。その議決を重く受けとめ、あわせてこれまでに多くの方々からさまざまな意見をいただいております。

美咲町議会 2016-03-01 平成28年第 2回( 3月)定例会

母親クラブ活動事業の対象人数は20人以上でございます。県事業対象が3団体、事業対象外が1団体で、大垪和地域でございます。 児童館の協力員の時給は無資格者500円、有資格者900円でございます。 それから、児童虐待については学校、保育園、警察、児童、医療機関がネットワークを組んで対応する機関をつくり、情報交換をしておる。見守りの人数は70人ぐらいおられます。

赤磐市議会 2015-12-01 平成27年12月第5回定例会-12月01日−02号

給食費である、修学旅行費である、制服代、体操服、クラブ活動の費用、裁縫箱セット、書道のセット、算数セット等々でございます。保護者の経済状態によって子供が受ける教育の質が変わることを意味します。食べられない、遊ぶ機会がない、勉強できる環境にない子供たちは、成長、発達する機会も奪われていくのです。

赤磐市議会 2015-03-09 平成27年 3月第1回定例会-03月09日−05号

老人クラブ活動を活性化し、高齢者の生きがいや健康づくりを推進することにより、明るい長寿社会の実現と保健・福祉の向上を図る目的としまして補助金を交付するものでございます。794万4,000円を計上しております。平成26年度におきまして、市内96単位老人クラブ、5,021人の会員が活動いたしております。老人クラブは、市連合会、支部、単位老人クラブが組織されております。  

美咲町議会 2010-12-01 平成22年第 7回(12月)定例会

まず、議案第138号 平成22年度美咲町一般会計補正予算(第3号)の所管の款、項でありますが、歳出の主なものといたしまして、まず、健康増進課の関係では、款3 民生費、項1 社会福祉費3,033万4,000円の追加で、目3 老人福祉費の中で、健康増進課に関するものは、老人クラブ活動費補助金46万円の追加で、これは県からの内示によります差額分であります。

赤磐市議会 2010-06-14 平成22年 6月第3回定例会-06月14日−02号

また、要保護児童・生徒に対する就学援助の支援項目、御指摘のありましたクラブ活動費とかPTA会費とか生徒会費とか、そういうものが拡充されたことにつきましては、平成22年4月1日付で通知がありました。この通知を受け、近隣の市町村の状況を参考にしながら、来年度の就学援助費の支給について検討をしているところであります。

赤磐市議会 2010-03-05 平成22年 3月第2回定例会-03月05日−06号

その運動というんがそういう運動だけじゃねえ、教育の関係でクラブ活動してる人は乗れないということです。そうしたら、親が便乗して迎えに行くということをやっとるわけです。ぜひこれについても考えていただきたい。例えば、養護学校とかいろいろ行っとる方も、結果的には宇野バスを利用して山陽経由で帰ってくるんです。当然、和気から帰ってきたら早いんですよ。だけど、ないから使えないんですよ。

赤磐市議会 2009-02-16 平成21年 3月第1回定例会-02月16日−03号

夜の遅いとき、クラブ活動をしたら間に合いません。なぜこのような間に合わないような、役に立たないような予算を組んでやるのか。やはりもう一度考えていただきたい。どういう内容でやりょんか。これについては議長を初め市長も出ていかれとんで、どのような考えでやられとるか聞かせていただきたい。

赤磐市議会 2008-12-02 平成20年12月第5回定例会-12月02日−03号

クラブ活動を盛んに行っており、体育クラブは全部で15部ある。現在、練習用のグラウンドが非常に不足している状況であり、特にサッカー部、女子ソフトボール部、硬式野球部の練習場が不足している。赤磐市でどうにか対応していただけないかという相談が本年9月1日赤磐市長へ正式に申し込みがありました。

赤磐市議会 2008-12-01 平成20年12月第5回定例会-12月01日−02号

この土地の移管を受ければ多額の管理費が必要となってくるため、この土地の有効利用ができないか画策しておりましたが、岡山市瀬戸町にあります環太平洋大学、大橋博学長から昨年4月、環太平洋大学として旧神戸の女子大学の神戸短期大学跡を受け継ぎ、次世代の教育学部と体育学部の2部で開学し、2期生まで在学しているクラブ活動を盛んに行っており、体育クラブは全部15部あり、現在、練習用のグラウンドが非常に不足している状況

総社市議会 2003-06-01 山手村議会 平成15年第 3回 6月定例会

そういう話であれば、さらにつけ加えてお尋ねをしたいと思うんですが、例えば当然総合学習についても子供のその能力を養うという点では重要なことであろうと思いますし、さらにはクラブ活動とか部活とか、趣味を伸ばすということについても、当然重要な学校教育の部分じゃないかというふうに思っております。 

総社市議会 2002-09-01 山手村議会 平成14年第 5回 9月定例会

昨年は校舎のことがありまして5月でしたか、小学校運動会して、それ以来また今年もという形で何か学校が嫌っているということはないんでしょうけれども、いろいろな条件があるんでしょうけれども、それは地域の運動会と学校の運動会が合同で行ったり、それからいろいろなそういうメニューをこしらえて、大人たちがそこへも参画しながら、ボランティアで参画しながら子供たちとともにクラブ活動を行うとか、そういうことも必要なのではないかなあというふうに

総社市議会 2001-12-01 山手村議会 平成13年第 9回12月定例会

小学校全体が何人いて、そこに部活動、クラブ活動っていうんですか、そういうスポーツ活動していらっしゃる子供は何人いて、こないだもお聞きしたんですけれども、土曜日が休みになればクラブ活動をそういうスポーツ活動を1日増やそうというのが大体話として流れて出てきております。としますと、そういうクラブ活動に入ってない子っていうのは、恐らく半数以上おると思いますけれども、そういう子供たちはどうするのか。

総社市議会 1999-12-01 山手村議会 平成11年第 9回12月定例会

それで、老人クラブ活動を一層強化させていただきたいということと、やはり生きがい、何かお手伝いをしたいっていう高齢者の方もおられますので、ボランティアの育成をしてみようかとか、趣味講座とかを吉備路学級とか、そういうふうなものの集まりの機会に出てこられるような推進に努められたらなと思っております。 以上です。 ○議長(高谷専太郎君) 環境保全課長。            

笠岡市議会 1960-12-23 12月23日-02号

されておるわけでございまして、いちいち老人クラブに毎年それぞれ相当額の助成をするということは非常に困難なのではなかろうかと我々は思っておるわけでございまして、老人クラブを結成するために、その経費等につきましては福祉事務所の方におきましてその結成の経費は本市の方から、全市ではございませんが一部の助成は申し上げてつくっていただいたというような状況でございまして、クラブの運営という点については最近我々といたしましてはそのクラブ

  • 1