運営者 Bitlet 姉妹サービス
401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 笠岡市議会 平成30年  第 6回12月定例会 次に,環境福祉分科会では,放課後児童クラブ設置改修工事について,委員から工事費の内訳を尋ねる質疑が出され,執行部からは,窓ガラスの取りかえやパネルの移設,空調施設や電気施設の工事費用が含まれているとの回答がありました。 また,株式会社サラが来年4月から稼働することに対し,障害のある方でもできる作業があるならば積極的に雇用してもらう,行政からの働きかけを求める意見がありました。 もっと読む
2018-09-28 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月28日−06号 質疑で、代表者が変わって違う動きになると思うが、どう変わるような提案が出されたか、入り込み客数の推移の見込みは、湯原全体が停滞している、風呂は10時まで営業してるが、レストラン部門も今まで6時までということで、見合う時間までやったほうがいいのではないかとの質疑があり、執行部からは、ガラスハウスが十分活用できていなかった、自主事業であるが、ガラスハウスを使って可食花の食用バラの栽培、販売、途絶えてた青大豆 もっと読む
2018-09-14 備前市議会 平成30年 9月第5回定例会-09月14日−04号 2つ目、遊戯室のステージ登り台の追加や保育室のガラス戸への変更、配膳棚の配置など、内装や建具の変更の工事費として825万4,000円。  3つ目、アスファルト舗装の一部を透水性の舗装に変更。インターロッキングの面積の変更。 もっと読む
2018-09-03 赤磐市議会 平成30年 9月第3回定例会-09月03日−03号 ブロック塀以外の学校における危険な物につきましては、遊具の老朽化による損壊、非構造部材といわれる室内照明、窓ガラス及び窓枠、家具などの地震による落下、転倒などがあると認識しており、順次安全対策を図ってまいりたいと考えております。  また、学校以外の社会教育施設についてもブロック塀はあり、調査の上、順次対策を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-03-09 真庭市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月09日−02号 例示をしますと、金属片でありますとか、ガラス片でありますとかがこれに当たります。異物のみには限定しませんが、給食への異物等の混入の可能性というのは、納入業者、それから調理場、子どもたちが実際に給食を配膳し食べる教室やランチルーム、この全てであるというふうに感じています。ですから、給食終了までの全ての過程を見詰めて、総体として組織として防止に取り組む必要があると思っております。   もっと読む
2017-12-08 真庭市議会 平成29年12月第5回定例会-12月08日−03号 もちろん、大資本でありますからすばらしい精米設備であろうと思いますが、こういった機械、色彩選別機、ガラス選別機、ロータリーシフター、調湿機、それから金属探知機、いろいろな機械をたくさん設備されておりますけれども、例えば真庭の学校給食ではそれらのラインを通った米でないとだめなんですということを条件提示する、あるいは納入頻度、納入する量、それからもとのお米の等級でありますとか、そういった品質基準についてなぜ もっと読む
2017-12-07 真庭市議会 平成29年12月第5回定例会-12月07日−02号 ここではわかりやすく、どこが危ないか考えてみよう、絵文字を指しながらピアノや花瓶やガラス、地震が来たらテーブルの足につかまるのだよ、またトイレに入ったら、またお風呂に入ったときにはドアをあけてパンツを履いてつかまりますとか、このようにわかりやすく災害時に役立つ情報が詰まっている本であります。 もっと読む
2017-09-06 鏡野町議会 平成29年 9月会議-09月06日−02号 ◎産業観光課長(藤田昭彦君) かがみの里山健康クラブの特典施設の一覧でございますが、こちらのほうは一覧施設というものがございまして、入浴温泉施設につきましては、クアガーデンこのか、奥津温泉花美人の里、のとろ温泉天空の湯、大釣温泉、それから国民宿舎いつき、みやま荘、あとそれから施設的にはみずの郷奥津湖、妖精の森ガラス美術館、陳さんの水餃子、道の駅奥津温泉等民間も公共も両方とも施設に入られておられます。 もっと読む
2017-09-04 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号 10万年にもわたり強い放射能、放射線を出すために、政府は、ガラスとまぜて個体にして地下300メートルより深い地層に埋めて最終処分するとしております。しかし、地震とか火山大国の日本で、長期間安全な状態を保つ場所を見つけるのは困難と指摘されています。そもそも、この7月28日に新聞が一斉に報道しました。市長も見られたと思います。 もっと読む
2017-06-16 津山市議会 平成29年 6月定例会-06月16日−06号 それで、最後の質問ですが、今後政策立案や見直し、決定、組織全体の活性化のために、例えば上意下達の色彩が強い部長会や課長会の見直しや、新たに政策について部署を超えてフラットな立場で話し合う会議や、日常のやりとりができる仕組みづくり、例えば部長室をその職場の真ん中に設置し、ガラス等透明で見えるようにして、部長を中心とした職場全体の一体感や活性化を図ってはどうかというふうに思います。   もっと読む
2017-06-15 鏡野町議会 平成29年 6月会議-06月15日−03号 上齋原の妖精の森ガラス美術館、ありますけれども、大変すばらしい施設です。ガラス作家を招聘してアート・イン・レジデンス事業も行っていらっしゃるということで、その点は大変高く評価できるものだなと思っております。ただ、よくガラス作家に聞くんですけれども、岡山県内というのは倉敷芸術科学大学があることによって多くのガラス作家さんが住んでいる場所です。 もっと読む
2017-06-14 総社市議会 平成29年 6月定例会-06月14日−02号 ちょっと参考までに、これは吹きガラスですけど、これは芸科大を卒業された方が作って販売されてます。これ、一部は多分サントピアの方でも置いておられたと思います。それからあと、これは漆器、漆ですね、の器を個人で塗って販売されてる方が総社市にも何人かいらっしゃいます。 もっと読む
2017-06-14 高梁市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月14日−02号 逆に言いますと、夏であれば、全部窓ガラスを開放して、例えばよしずを立てるとか、打ち水をするとか、そういう昔の日本であったらどういうふうに暑さをしのいでおったかということもあるんだろうと思います。 もっと読む
2017-06-09 高梁市議会 平成29年第3回 6月定例会-06月09日−01号 ベネチアでは、世界的なガラス作家として国内外で数々の賞を受賞され、本市宇治町にゆかりのある備中高梁伝えたいし!の土田康彦氏とともにベネチア市役所を訪問し、高梁市の魅力を世界に発信するために本市の特産品PRを行わせていただきました。   もっと読む
2017-06-08 鏡野町議会 平成29年 6月会議-06月08日−02号 4番目に、資料2ページの、前年度、中学校屋内運動場使用時に、生徒が腰窓に衝突し、ガラスが割れ負傷したことから、学校用型板強化ガラスの取りかえにより安全性を向上する必要が生じたとありますが、工事はガラスのみの交換改修か、もしくはガラス開口部前の衝突防止柵を含む改修工事か、お尋ねをいたします。   もっと読む
2017-03-22 瀬戸内市議会 平成29年 2月第1回定例会-03月22日−06号 ◎総務部長(坪井裕一郎君) 例えば、ガラスの破損とかというものは、これは該当にならなくなります。ただ、これまでの実績から見ましても、そういったものが該当にならないということになりましても十分それを修理するだけの予算があれば対応できると。ですから、六百数十万円の今回増額となっておりますけども、それで十分対応できるということで、今回新しい共済組合のほうに加入をすることとしております。 もっと読む
2017-03-10 津山市議会 平成29年 3月定例会-03月10日−06号 3月3日金曜未明、津山市内の指定暴力団、6代目山口組、2代目竹中組、3代目杉本幹部方において、1階の掃き出し窓及び普通乗用車のフロントガラスが破損される器物破損事件が発生しました。警察では、周辺のパトロールを実施するなど警戒措置を強化しておりますが、下校時間帯の安全確保をお願いしますというのが入ったわけであります。  これとともに、教育委員会は、入ったということでありましたので、お知らせすると。 もっと読む
2017-03-03 井原市議会 平成29年 2月定例会-03月03日−03号 私も冬にも夏にも、それから春、秋にも全てバスセンターのほうへお伺いさせてもらって、その中で4月の春が過ぎて、桜が過ぎて5月ぐらいから夏の9月、10月までは日差しが、待合室が全面が窓ガラスなもんで、すごく日が入ります。そういった中で暑い思いを私も経験しましたし、ちょうど私が待っているところの隣の隣に男女の高齢の方、他市から来られたようです。他市から来られて、これから帰るんだということを言われました。 もっと読む
2017-03-02 鏡野町議会 平成29年 3月会議-03月02日−04号 ほかに、妖精の森ガラス美術館経常管理費について、委員から、前年度より減額とはなっているが、多額の維持管理費が計上されている。今の状態で継続していくのか。施設みずからの集客努力と町の協力も必要なのではないかとの質疑に、執行部から、全国的にもほかにないオンリーワンの施設である。施設において、ガラス制作体験や物品販売の広報活動に加え、町も施設と協力して情報発信をしていきたいとの答弁でありました。   もっと読む
2017-02-27 真庭市議会 平成29年 3月第1回定例会-02月27日−03号 また、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニなんかに突っ込んだという報道、たびたび目にいたしますけども、真庭市内でもガラスを割ったというような、ニュースにはならなかったですけども、そんな軽度の事故も発生してるようであります。   もっと読む