運営者 Bitlet 姉妹サービス
50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 主に、がん治療を目的とする中性子線医療施設と基礎研究を行う施設、またウランが環境に及ぼす影響や管理方法を研究する施設などから成る、ウランのふるさと研究所の設立が基本構想の中に示されております。このウランのふるさと研究エリア基本構想の進捗状況はどのようになっておりますでしょうか。   もっと読む
2017-12-06 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月06日−02号 それで、平成30年度からの4年間ですと8,000万円という額になるわけですけども、その財源として考えているのが1つと、それから具体的な事業費は確定をしていませんが、BNCT関連施設の整備を含めた、ウランのふる里研究エリア基本構想に関する事業について財源として予定しているところでございます。 もっと読む
2017-09-04 赤磐市議会 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号 ◆13番(福木京子君) 核のごみとは、原発の使用済み核燃料の再処理であるウランやプルトニウムを取り出した後に残る高レベル放射性廃棄物のことであります。10万年にもわたり強い放射能、放射線を出すために、政府は、ガラスとまぜて個体にして地下300メートルより深い地層に埋めて最終処分するとしております。しかし、地震とか火山大国の日本で、長期間安全な状態を保つ場所を見つけるのは困難と指摘されています。 もっと読む
2017-06-15 鏡野町議会 平成29年 6月会議-06月15日−03号 大いに、町内に唯一あるウランガラス美術館、これはそこで製造し、また展示をするというのはオンリーワンの鏡野としては、うってつけの課題だとこのように思っております。 もっと読む
2017-02-10 鏡野町議会 平成29年 3月会議-02月10日−01号 また、第3表の債務負担行為補正といたしまして、ウランのふる里研究所構想推進事業ほか3件を計上いたしております。  また、第4表地方債補正といたしまして、過疎対策事業ほか3件を補正計上いたしております。  次に、特別会計7会計の補正予算につきまして御説明を申し上げます。   もっと読む
2016-12-13 鏡野町議会 平成28年12月会議-12月13日−03号 3者協定と町の医療体制整備との関連につきましては、鏡野町におきましては60年間にわたりウラン関連の研究開発を行ってまいりました。現在ある課題等を将来に先送りすることなく、私たちの時代に解決できることは解決していく、このことが賢明だろう、このように思っております。そういうことから、岡山大学、日本原子力機構との間で、昨年2月に3者協定を締結したところであります。 もっと読む
2016-03-24 鏡野町議会 平成28年 3月会議-03月24日−04号 次に、科学技術関係諸費に計上されたウランのふるさと研究所基本構想計画策定事業費205万円について、具体的な内容と実施時期について質疑があり、執行部からは、28年度末を目途になるべく早く計画を策定したい。研究の内容や施設建設場所などを具体化し、事業実施のための財源確保に努めたいとの答弁でありました。   もっと読む
2015-12-07 鏡野町議会 平成27年12月会議-12月07日−02号 それから、次のまちづくり課の担当の部分では、ウランのふるさと研究所の設立ですけれども、これに今100万円補正が組まれておりますが、岡山大学に対しシンポジウムの開催経費とe−ラーニングのシステムによる教育プログラム導入準備経費の一部負担金ということで、2つ上げられて100万円があるんですが、これがそれぞれ幾らずつで100万円なのかということ。 もっと読む
2015-09-16 倉敷市議会 平成27年 9月16日 総務委員会-09月16日−01号 兵たんでは、武器だとか弾薬だとかの輸送ができるとなっているんですけども、その中で、例えば劣化ウラン弾だとか、あるいは毒ガスだとか、さらには、ひどいのには核兵器も輸送できると法文上はなってるわけですね。 もっと読む
2015-09-11 瀬戸内市議会 平成27年 8月第4回定例会-09月11日−05号 非人道兵器のクラスター弾、放射能をまき散らす劣化ウラン弾、さらに毒ガス兵器や核兵器も法文上は排除されていないと政府は認めています。運ばないと言っていますが、法律には運べないと書いていない。こんな法案が憲法9条のもとで許されるわけがありません。  第3に、自衛隊の2つの内部文書が国会で明らかになりました。その中で許しがたい驚きの内容がありました。 もっと読む
2015-06-12 鏡野町議会 平成27年 6月会議-06月12日−03号 最終処分への調査協力があった場合は明確に断るということでありましたけれども、1つだけ気になるのは昭和30年に人形峠でウランの鉱床が発見されて以来、約60年ぐらいたつんですか。 もっと読む
2015-03-05 鏡野町議会 平成27年 3月会議-03月05日−02号 ここはウランガラス等がありますけれども、先ほど言いました三者連携協定における充実やそういった広報のためにウランについての正しい知識を見たり聞いたり学んだりというようなことに使われるのかなと、ちょっと私なりには思ったんですけど、具体的に内容についてお尋ねをいたします。  そして、最後であります。21ページ。ごめんなさい。 もっと読む
2014-12-12 鏡野町議会 平成26年12月会議-12月12日−03号 御案内のとおり原子力を中心とする電源の開発については現在ストップしておりますし、国を二分するような議論がされている中で我が町についてはウラン鉱、上齋原人形峠の資源もございますけれども、それに加えて水力という大変豊富な資源があるわけでございますので、そこをぜひ町の資源、町の目玉として活用していっていただきたい。がゆえに、しつこくこのことを言っているわけでございます。   もっと読む
2012-12-21 鏡野町議会 平成24年12月定例会-12月21日−04号 それにつきましては、冬場はウランガラスが紫外線によく映えて鮮やかになるいい時期であり、検討はやぶさかではないけれども、やはりスキー客はスキー客で美術館への勧誘は難しいだろうと、こういう答弁でございます。それとともに、いつきのフロントにはウランガラスの作品を陳列していると、このような紹介もございました。 もっと読む
2012-09-07 真庭市議会 平成24年 9月第4回定例会-09月07日−04号 ただ、今まで岡山県内においては、どうしても原子力の防災の問題っていうのは、いわゆる人形峠にあるかつてのウランの発掘あるいは濃縮、そういういわゆる核燃の問題ですね。そこだけが注目を浴びてて、そこに対して何かをしていけばこういう原発事故等は起きないだろうという前提の中で、いろんな整備をしているわけですね。 もっと読む
2012-06-28 岡山市議会 平成24年 6月定例会-06月28日−08号 仮に事故が起こったとしても,ウラン燃料が燃えている原子炉をとめる,冷やす,そして放射性物質を閉じ込めるという3つのレベルで備えています,だから安全だと,何度も何度も教わってきました。  ところが,8,000ベクレルの基準は原発事故後,関東地方の草木の焼却灰のレベルに合わせたものだと聞いています。 もっと読む
2012-03-12 鏡野町議会 平成24年 3月定例会-03月12日−03号 そういう1年たって冷静に大きな地震、またそれに伴う発生した大津波、また当初政府のほうも想定外と言っておりました原子力発電所の大きな事故、そういうのを各地で向き合って今後どうしたらいいかということで、もう原発は要らないということになっていると思いますが、この上齋原には放射能に汚染されているというといった、ちょっと言い方が悪いかもしれませんけども、放射能が付着してる遠心分離器と六フッ化ウランがまだ大量に もっと読む
2011-12-12 高梁市議会 平成23年第6回12月定例会-12月12日−03号 特に、原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムやウランを回収して再び使おうといたしましたね。福井県にある高速増殖炉もんじゅも、1995年に事故を起こして15年停止しておりました。しかし、昨年また再稼働しましたけれども、またすぐ放射能漏れを起こして今も停止しているという状態であります。このもんじゅの管理でありますけれども、2009年までに9,000億円国が費用を出して研究させたんですね。 もっと読む
2011-12-08 倉敷市議会 平成23年第6回11月定例会-12月08日−04号 その3、3・11震災でのコスモ石油千葉製油所の火災時、最も心配されたのは、隣接地のチッソ化学の劣化ウラン保管庫へ、これへの延焼であったと言われております。水島コンビナートには、劣化ウランの保管庫のような、そういったものはないのでしょうか。お尋ねいたします。 もっと読む
2011-12-02 真庭市議会 平成23年12月第8回定例会-12月02日−02号 具体的には、1、原子力発電ではウランなどの核燃料からエネルギーを取り出していること、2、核燃料は放射線を出していること、3、放射線は自然界にも存在すること、4、放射線は透過性などを持ち、医療や製造業などで利用されていることと記載されています。  来年度から真庭市内の中学校で使用いたします理科の教科書では、第3学年において次のようなことを取り扱うことになっております。 もっと読む