6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

赤磐市議会 2017-09-04 平成29年 9月第4回定例会-09月04日−03号

◆13番(福木京子君) 核のごみとは、原発の使用済み核燃料の再処理であるウランやプルトニウムを取り出した後に残る高レベル放射性廃棄物のことであります。10万年にもわたり強い放射能、放射線を出すために、政府は、ガラスとまぜて個体にして地下300メートルより深い地層に埋めて最終処分するとしております。しかし、地震とか火山大国の日本で、長期間安全な状態を保つ場所を見つけるのは困難と指摘されています。

赤磐市議会 2011-09-06 平成23年 9月第4回定例会-09月06日−04号

鏡野町上齋原にある人形峠環境技術センターの敷地に、原子炉等規制法で厳重な管理が求められている猛毒の六弗化ウランが2,700トン貯蔵されています。特に危惧されるのが精製の進んだ30トンの濃縮六弗化ウランです。猛毒の弗化水素も発生するおそれがあると言われています。センター職員は、弗化水素はわずかな量でも肺に入れば、呼吸困難となり、目に入れば失明の可能性もあると説明しています。

赤磐市議会 2011-03-01 平成23年 3月第1回定例会-03月01日−03号

原子力発電所で使い終わった使用済み燃料は、再処理してウランとプルトニウムを再び原子力発電の燃料として使うことができます。その過程で発生する高レベル放射性廃棄物については、人間の生活環境から隔離する必要があり、地下300メートルより深い安定した地層に、安全確実に処分することとしております。NUMOでは、その設置の可能性を調査する区域を、全国の市町村から公募しているわけでございます。  

岡山市議会 1993-02-01 平成 5年 2月定例会

陳情第4号 西大寺新地へのゴミ焼却場建設反対について    陳情第5号 回収ウラン転換実用化試験拒否について  〇 建設委員会    平成3年陳情第9号 百間川ゴルフ場建設計画の中止について 2 継続調査  〇 総務委員会    財政問題について    総合計画について    地域振興について    分庁舎計画について    職場の執務・管理体制について    国際交流について  〇 民生消防委員会

鏡野町議会 1986-03-24 03月24日-03号

これは、ウラン鉱石を使用し、ガラス製品の製造販売、また体験講座の開催等行うものでございます。 議第28号津山地区農業共済事務組合規約の変更について、これは市町村合併に伴いまして市町の減少に伴います監査委員の数を減すものでございまして、3人を2人に改め、また識見を有する監査委員の数を2名を1名に減少するものであります。 

真庭市議会 1959-06-02 06月02日-03号

即時中止を求めるとは言わないが、国や県を通じて、人形峠のウランが原発災害の想定でしたが、やっぱし島根原発も、モニタリングポストもきちっと想定して、この原子力の問題、木質バイオマスを唱える、環境を唱える井手市長だからやれるんですよ。厳しくやってください。原発災害対応も防災まちづくりに入れるということと、計画に入れるということと、国や県へ厳しく安全基準を示すよう求めてください。最後、もう一回答弁を。

  • 1