備前市議会 > 2021-03-24 >
03月24日-05号

ツイート シェア
  1. 備前市議会 2021-03-24
    03月24日-05号


    取得元: 備前市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-08-10
    令和 3年 2月第1回定例会              第 1 回 定 例 会 会 議 録 (第5号)会議開閉日時  令和3年3月24日  午前9時30分 開議    午前10時10分 閉会会議の場所   備前市役所議場出席した議員番号氏名(1番は欠員)  2番  藪 内   靖      3番  青 山 孝 樹      4番  田 口 豊 作  5番  森 本 洋 子      6番  石 原 和 人      7番  西 上 徳 一  8番  立 川   茂      9番  星 野 和 也      10番  尾 川 直 行  11番  掛 谷   繁      12番  土 器   豊      13番  川 崎 輝 通  14番  中 西 裕 康      16番  守 井 秀 龍欠席・遅参・早退した議員番号氏名  欠席 15番橋本逸夫  遅参 なし  早退 なし説明のため出席した者の職氏名 保健福祉部長福祉事務所長  市長     田 原 隆 雄  副市長     高 橋 昌 弘  教育長     奥 田 泰 彦  市長公室長  佐 藤 行 弘  市民生活部長  藤 田 政 宣  保健福祉部長福祉事務所長                                           眞 野 なぎさ  産業部長   岩 崎 和 久  建設部長    藤 森   亨  日生総合支所長 坂 本 基 道  吉永総合支所長野 道 徹 也  教育部長    田 原 義 大  病院総括事務長 濱 山 一 泰職務のため議場に出席した議会事務局職員  事務局長   入 江 章 行  事務局次長   石 村 享 平  庶務調査係長  坂 本   寛  議事係主任  楠 戸 祐 介 △議事日程並びに付議事件(結果) 番号議事日程付議事件等結果1委員長報告 審査調査結果報告質疑総務産業委員長報告厚生文教委員長報告予算決算審査委員長報告討論・採決 継続審査の申し出 ・一覧表のとおり議案第1号 令和3年度備前一般会計予算原案可決討論あり)議案第2号 令和3年度備前国民健康保険事業特別会計予算原案可決議案第3号 令和3年度備前土地取得事業特別会計予算原案可決議案第4号 令和3年度備前市三石財産管理事業特別会計予算原案可決議案第5号 令和3年度備前市三国地区財産管理事業特別会計予算原案可決議案第6号 令和3年度備前浄化槽整備事業特別会計予算原案可決議案第7号 令和3年度備前後期高齢者医療事業特別会計予算原案可決議案第8号 令和3年度備前介護保険事業特別会計予算原案可決議案第9号 令和3年度備前飲料水供給事業特別会計予算原案可決議案第10号 令和3年度備前宅地造成分譲事業特別会計予算原案可決議案第11号 令和3年度備前駐車場事業特別会計予算原案可決議案第12号 令和3年度備前企業用地造成事業特別会計予算原案可決議案第13号 令和3年度備前水道事業会計予算原案可決討論あり)議案第14号 令和3年度備前下水道事業会計予算原案可決議案第15号 令和3年度備前病院事業会計予算原案可決議案第16号 令和2年度備前一般会計補正予算(第10号)原案可決議案第17号 令和2年度備前国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)原案可決議案第18号 令和2年度備前土地取得事業特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第19号 令和2年度備前市三石財産管理事業特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第20号 令和2年度備前後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第21号 令和2年度備前介護保険事業特別会計補正予算(第4号)原案可決議案第22号 令和2年度備前飲料水供給事業特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第23号 令和2年度備前宅地造成分譲事業特別会計補正予算(第1号)原案可決議案第24号 令和2年度備前駐車場事業特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第25号 令和2年度備前企業用地造成事業特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第26号 令和2年度備前水道事業会計補正予算(第3号)原案可決議案第29号 備前固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第30号 備前特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第31号 備前土地開発基金条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第32号 備前税外収入金を期限内に完納しない場合における徴収条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第33号 備前市立公民館設置条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第34号 備前体育施設設置条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第35号 備前出産祝金支給条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第36号 備前市小集会所設置条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第37号 備前介護保険条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第38号 備前指定地域密着型サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例制定について原案可決議案第39号 備前斎場設置条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第40号 備前市火入れに関する条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第41号 備前市営駐車場条例の一部を改正する条例制定について原案可決議案第42号 備前障害者地域活動支援センター設置条例を廃止する条例制定について原案可決議案第43号 備前過疎地域自立促進計画の一部変更について原案可決議案第44号 市道路線の認定について原案可決議案第45号 字の区域及び名称の変更について原案可決議案第46号 財産無償貸付について原案可決議案第47号 財産無償貸付について原案可決議案第48号 備前瀬戸内監査専門委員共同設置について原案可決報告第2号 専決処分(専決第7号 備前国民健康保険条例の一部を改正する条例)の承認を求めることについて承認3議員発議案上程提案説明質疑採決発議第1号 備前市議会会議規則の一部を改正する規則制定について原案可決4一部事務組合議会議員選挙選挙第1号 旭東用排水組合議会議員選挙について選挙継続審査申出一覧表 付託委員会案件番号案件付託月日厚生文教請願第18号日本政府加齢性難聴者補聴器購入に対する公的補助制度の創設を求める意見書採択を求める請願2.12. 7     午前9時30分 開議 ○議長守井秀龍君) 皆さん、おはようございます。 ただいまの出席は14名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。 議事に先立ち、1件御報告いたします。 教育委員会から地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条の規定に基づき提出のありました令和年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価に係る結果報告書をお手元に配付いたしておりますので、御覧願います。 以上で報告を終わります。 これより議事日程に入ります。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 日程1、委員長報告を行います。 まず、総務産業委員長報告を願います。 川崎総務産業委員長。     〔「すいません。ちょっと報告書をもらってないんで」と川崎総務産業委員長発言する〕 暫時休憩します。     午前9時31分 休憩     午前9時37分 再開 ○議長守井秀龍君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。 まず、総務産業委員長報告を願います。 川崎総務産業委員長。     〔総務産業委員長 川崎輝通君 登壇〕 ◆総務産業委員長川崎輝通君) おはようございます。 委員長報告を、原稿を用意していなくて申し訳ありませんでした。これから報告させていただきます。 それでは、総務産業委員会審査結果を御報告申し上げます。 3月5日に本委員会に付託されました議案審査するため、3月9日及び11日に委員会を開催し、説明員出席を求め、慎重に審査をいたしました。出席委員欠席委員説明員は付記のとおりでございます。 審査の結果、議案第13号を除く全ての議案全会一致原案のとおり可決いたしました。 議案第13号につきましては、岡山県広域水道企業団構成団体間の出資金苫田ダム管理費等負担金不公平感を疑問視する意見があり、挙手採決の結果、賛成多数で可決いたしました。 以上で総務産業委員会委員長報告を終わります。 ○議長守井秀龍君) 委員長報告が終わりました。 これより委員長に対する質疑を行います。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。 以上で総務産業委員長報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、厚生文教委員長報告を願います。 中西厚生文教委員長。     〔厚生文教委員長 中西裕康君 登壇〕 ◆厚生文教委員長中西裕康君) それでは、厚生文教委員会審査結果を御報告いたします。 3月5日に本委員会に付託されました議案17件及び継続審査中の請願1件を審査するため、3月8日と3月10日の2日間本委員会を開催し、説明員出席を求め、慎重に審査をいたしました。審査月日出席委員説明員は付記のとおりであります。 審査の結果、全ての議案全会一致原案のとおり可決いたしました。 なお、議案第47号財産無償貸与については事業者である一般社団法人事業執行に当たり市から補助金は供与しないこと、また貸借契約に基づき施設使用状況について市として適切にチェックを行うことを委員会として申入れを行い、執行部からもその内容のとおり確認いたしております。 次に、請願第18号については委員より引き続き調査の必要があるとの意見があり、継続審査といたしました。 以上で厚生文教委員会委員長報告を終わります。 ○議長守井秀龍君) 委員長報告が終わりました。 これより委員長に対する質疑を行います。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。 以上で厚生文教委員長報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、予算決算審査委員長報告を願います。 掛谷予算決算審査委員長。     〔予算決算審査委員長 掛谷 繁君 登壇
    予算決算審査委員長掛谷繁君) それでは、予算決算審査委員会審査結果を御報告いたします。 3月5日に本委員会に付託されました議案第1号令和3年度備前一般会計予算及び議案第16号令和2年度備前一般会計補正予算(第10号)の2議案審査するため、3月15日、3月16日、3月17日の3日間本委員会を開催し、説明員出席を求め、慎重に審査いたしました。審査月日出席委員説明員等は付記のとおりであります。 まず、議案第1号令和3年度備前一般会計予算については、審査の結果、賛成多数で原案のとおり可決と決しました。 なお、本案につきましては少数意見が留保されております。 次に、議案第16号令和2年度備前一般会計補正予算(第10号)につきましては、全会一致原案可決と決しました。 以上で予算決算審査委員会委員長報告を終わります。 ○議長守井秀龍君) 委員長報告が終わりました。 これより委員長に対する質疑を行います。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を終結いたします。 以上で予算決算審査委員長報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、委員会において少数意見が留保されておりますので、少数意見報告を願います。 14番中西議員。     〔14番 中西裕康君 登壇〕 ◆14番(中西裕康君) それでは、少数意見報告書令和3年3月17日、備前市議会議長守井秀龍様。予算決算審査委員賛成者中西裕康田口豊作川崎輝通であります。 3月17日の予算決算審査委員会において留保した少数意見を、下記のとおり会議規則第108条第2項の規定により報告いたします。 1、議案第1号令和3年度備前一般会計予算。 2、意見の要旨。苫田ダム水源地域振興事業負担金6万円については苫田ダムが存続する限り支払い続けなければならない。市民負担からすると本予算には賛成できない。 以上であります。 ○議長守井秀龍君) 少数意見報告が終わりました。 これより少数意見者に対する質疑を行います。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑を打ち切りましては御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、少数意見者に対する質疑を終結いたします。 以上で委員長報告を終わります。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 日程2、討論・採決を行います。 まず、議案第1号令和3年度備前一般会計予算につきましては討論の通告がありますので、これより討論を行います。 まず、原案賛成の方の発言を求めます。 ありませんか。     (発言要求者なし) 次に、原案に反対の方の発言を求めます。 14番中西議員。     〔14番 中西裕康君 登壇〕 ◆14番(中西裕康君) それでは、私は議案第1号令和3年度備前一般会計予算に反対の立場から討論を行います。 私は、当初予算を測る物差しは一つは国の政治がどうあろうと備前市は市民の生活に立脚し、市民生活をしっかり守り、市民生活向上を求めること、2番目に限られた予算の中にあっても市民皆さんを励まし、夢と希望、勇気を与えられることが大切だと考えています。3番目に、そして市民の税金を必要で無駄のない効果的な活用に努めていくこと、第4に市民皆さんの立場に立ち、市民皆さん備前市に住んでいて今後とも幸せを感じることができる温かい政治が大切だと考えています。 これまでも指摘してまいりました総務費中の総務管理費企画費負担金補助及び交付金苫田ダム水源地域振興事業負担金6万円は、水道事業に関わる予算ではなく、苫田ダムの別の目的を持った治水、利水に関わる問題であります。この問題の調査、審議によれば、この負担金苫田ダムの所在地である鏡野町の広くインフラ整備に使われるものであります。苫田ダムが存続する限り、備前市はいつまでも負担し続ける仕組みとなっています。苫田ダムに関わった備前市は直ちにこの問題を解決すべきと考えます。 また、科目を超えた予算組みについては掛谷予算委員長より6月定例会での補正予算で対応するとした提案に執行部が同意したため了承はいたしますが、二度とあってはならないことであります。 また、本予算は市長の改選期を迎えた時期であり、骨格予算であります。本日の朝日新聞の報道によれば、政府は25日新型コロナウイルス感染拡大で深刻な影響を受けている飲食、観光業や女性に対する追加の支援策予備費から約2兆1,691億円を使うことを閣議決定したと報道されています。 6月補正予算に当たっては、新型コロナウイルス対策として無症状者の対応や変異ウイルス対応あるいは休業補償等を盛り込んでいただくよう要望し、無駄遣いを続ける苫田ダム予算執行をやめ、備前市が自治体本来の市民生活を守る立場に立ち、地方自治法を守り、住民の福祉向上のために今後とも充実を図っていただくことをお願いし、私の反対討論といたします。御賛同のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長守井秀龍君) 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。 これより議案第1号を採決いたします。 本案原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 お座りください。 起立多数であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、議案第2号から議案第12号までの11件を一括して採決いたします。 本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。 お諮りいたします。 本案討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、議案第2号から議案第12号までの11件はいずれも原案のとおり可決されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、議案第13号令和3年度備前水道事業会計予算につきましては討論の通告がありますので、これより討論を行います。 まず、原案に反対の方の発言を求めます。 14番中西議員。     〔14番 中西裕康君 登壇〕 ◆14番(中西裕康君) それでは、私は議案第13号令和3年度備前水道事業会計予算に反対の立場で討論を行います。 令和2年度備前水道事業会計予算説明書収益的収入及び支出、予算書25ページ、水道事業費営業費用、原水及び浄水費負担金、岡山県広域水道企業団運営負担金58万6,000円、また岡山県広域水道企業団苫田ダム管理費等負担金862万2,000円は、備前市が買ってもいない水に支出することは無駄遣いこの上ないものであります。備前市の給水能力は他のところから買う必要のないことは予算書を見れば誰でも明らかであります。 これまでの審議、調査で明らかになったことは、第1にこれまでの苫田ダム関連水道事業会計からの支出は管理負担金が3,647万円、特別納付負担金が3,664万円、減価償却費が6,831万円の何とこれまで1億4,142万円にも上っているではありませんか。 また、今後の負担ですが、管理費負担金234万円、特別納付負担金263万円は、苫田ダムが存続する限り負担をすることとなっています。つまり苫田ダムが後100年使用するとすれば4億9,700万円になります。同時に、苫田ダム建設に関わる減価償却費は5億820万円に上っています。この3つの未来の備前市の負担は合計で10億520万円にも上るものであります。よって、議案第13号令和3年度備前水道事業会計には反対いたします。どうぞ御賛同のほどよろしくお願いします。 ○議長守井秀龍君) 次に、原案賛成の方の発言を求めます。     (発言要求者なし) 討論を終結いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、討論を終結いたします。 これより議案第13号を採決いたします。 本案原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 起立多数であります。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、議案第14号から議案第26号及び議案第29号から議案第48号までの33件を一括して採決いたします。 本案に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。 お諮りいたします。 本案討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、議案第14号から議案第26号及び議案第29号から議案第48号までの33件はいずれも原案のとおり可決されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、報告第2号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は承認であります。 お諮りいたします。 本案討論を省略し、委員長報告のとおり決することに御異議ありません。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、報告第2号は承認されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 次に、厚生文教委員長からお手元の継続審査申出一覧表のとおり、現在委員会において審査中の事件につき、会議規則第111条の規定により、閉会中の継続審査の申出があります。 お諮りいたします。 委員長から申出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、委員長から申出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定しました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 日程3、発議第1号備前市議会会議規則の一部を改正する規則制定についてを議題といたします。 提出者提案理由説明を願います。 土器議会運営委員長。     〔議会運営委員長 土器 豊君 登壇〕 ◆議会運営委員長土器豊君) それでは、発議第1号備前市議会会議規則の一部を改正する規則制定について、提出者である議会運営委員会を代表して提案理由説明させていただきます。 本案は、女性をはじめとする多様な人材の市議会への参画を促進する環境整備を図る観点から、住民が議員として活動するに当たっての制約要因の解消に資するため、本会議委員会への欠席事由として育児、看護、介護等を明文化するとともに、出産について産前産後の期間にも配慮しつつ規定の整備を図るほか、行政手続等において原則として押印を廃止する政府の政策動向を踏まえ、市議会に対する請願に係る署名、押印を見直すため規定を整備したいので、提案するものでございます。皆様方の御賛同方よろしくお願い申し上げます。 ○議長守井秀龍君) 提案理由説明が終わりました。 これより提出者に対する質疑を行います。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑を打ち切りまして御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、提出者に対する質疑を終結いたします。 これより発議第1号を採決いたします。 お諮りいたします。 本案討論を省略し、原案のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、発議第1号は原案のとおり可決されました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 日程4、選挙第1号旭東用排水組合議会議員選挙についてを議題といたします。 本件については局長から説明をさせます。 ◎議会事務局長入江章行君) それでは、御説明をいたします。 旭東用排水組合は、岡山市、備前市、瀬戸内市の3市で大用水、邑久用水香登川、干田川、千町川の用排水に関する事務を共同処理する一部事務組合でございます。組合議会議員定数は13名、そのうち備前市の定数は2名となっており、議員の任期は4年でありますが、このたび任期満了に伴う選挙依頼をお受けいたしましたことから、本日選挙を行うものでございます。 この選挙におきましては、用排水関係者に御協議をいただき、選出された候補者議長から指名推選の方法により選挙することが当備前市議会の先例となっております。備前市からの選出議員馬場興治氏、市村泰敏氏を候補者として選出をいただいております。 以上でございます。 ○議長守井秀龍君) 説明が終わりました。 旭東用排水組合議会議員選挙の方法についてお諮りいたします。 ただいま局長が説明いたしましたとおり、選挙の方法は地方自治法第118条第2項の規定に基づく指名推選によりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。 続いてお諮りいたします。 指名の方法は、議長において指名することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、指名の方法は議長において指名することに決しました。 それでは、旭東用排水組合議会議員馬場興治氏、市村泰敏氏、以上の方を指名します。 ただいま指名いたしました方々を当選人と定めることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました馬場興治氏、市村泰敏氏が旭東用排水組合議会議員に当選されました。 以上で本定例会に付議されました案件の審議を全て終了いたしました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) この際、市長から御挨拶の申出がありますので、お受けいたします。 田原市長。     〔市長 田原隆雄君 登壇〕 ◎市長(田原隆雄君) 議長から発言のお許しをいただきましたので、閉会に当たりまして御報告並びに御挨拶をさせていただきます。 まず、新型コロナウイルス感染症に対してですが、備前市でも3月16日から医療従事者のワクチン接種が始まりました。今後、県下統一で高齢者等の接種も順次始まる予定でございますので、その際には御協力をお願いいたします。 国におきましては、3月21日をもって1都3県で緊急事態宣言が解除されました。感染者数が一定数まで下がっている一方、下げ止まりが続き、変異種、変異株が拡大するなど解除によるリバウンドが懸念されております。歓送迎会やお花見など、人が集まる機会が増える時期でございますが、引き続き新しい生活様式を徹底していただきますようお願いを申し上げます。 続いて、諸般の報告をさせていただきます。 3月10日、大阪の京セラドームでオリックス・バファローズの山本由伸選手、頓宮裕真選手に備前特別観光大使への委嘱を行いました。野球界で御活躍されることが備前の宝となり、市民の誇りであることをお伝えし、ふるさと備前をいつまでも愛し続けてほしいとお願いをしてまいりました。 また、本庁舎のロビーや2階の多目的スペースでは、中日ドラゴンズに入団した福島章太選手も加えて写真パネルや愛用のバット、グローブなどを展示し、市民を挙げ応援をさせていただいております。 3月22日、三石ふれあいセンターの落成式を行いました。市民サービスの向上はもとより、触れ合い、交流など地域の拠点として地元の皆さんに長く愛される施設となりますことを願っております。 次に、特別交付税について御報告します。 国からの内示がございまして、本市の予算額は9億5,000万円に対しまして、陳情の結果10億1,287万2,000円の交付決定となりました。前年度比621万4,000円の減でございますが、特別交付税の総額が前年度より6.6%の減少で、都市部に対する交付額が平均で4.9%減少している中、本市は0.6%の減少にとどまりました。本市の減少幅が極めて少なかったことは、格段の御配慮をいただけたものと考えております。 さて、2月24日に開会いたしました第1回定例会につきましては、令和3年度当初予算をはじめとする重要案件につきまして慎重に御審議をいただき、原案どおり可決を賜りました。厚く御礼を申し上げます。 議員各位から会期中にいただきました御意見、御提言につきましては、引き続き研究、検討いたし、今後の市政運営の参考にさせていただきたいと考えております。 次に、例年のことではございますが、この年度末をもって定年退職する職員13名のほか、職務に精励した方たちがその任務を終えることとなります。このたび退職する職員は、それぞれ先輩諸氏からの叱咤激励を受け、議員をはじめ多くの市民の御理解と御協力を得ながら今日まで職務に精励してこられました。業務の内容は、それぞれ異なりますが、一人一人その仕事への情熱、責任感、達成感など万感の思いを胸に去来されておることだと思います。市民を代表してこれらの業績をたたえますとともに、今までの御苦労に感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。御苦労さまでした。 さて、私の任期も残り僅かとなりました。任期いっぱい日々全力を尽くしてまいりたいと考えております。目前に迫りました次期市長選挙につきましては、少子・高齢化、人口減社会にどう対応していくか、今後の備前市のかじ取りを決める大切な重要な選挙と受け止めております。魅力ある町、住みたい町とは何かを考え、そのビジョンを示し、市民に選択していただくことになります。 私自身、この4年間絆、夢、感謝を胸に市政に取り組んでまいりましたが、道半ばの思いでございます。それゆえに、再び市政のかじ取りを信託され、皆様方とともに地域の誇りを育み、競い合いながら故郷を愛する市民を一人でも増やしていきたいとの決意とさせていただいております。 終わりに臨み、議員並びに市民皆さんから御指導、御支援をいただいたことにより、大過なく過ごすことができたことに感謝を申し上げ、閉会に当たりましての御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長守井秀龍君) 市長の御挨拶が終わりました。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) 閉会を前に、私からも一言御挨拶を申し上げます。 議員の皆様には、2月定例会が2月24日に開会して以来、29日間にわたり提案されました当初予算をはじめ多くの案件につきまして、終始慎重なる御審議をいただき、最終日を迎えることができました。ありがとうございました。 執行部の皆様には、今後とも適正な行財政の運営によりさらなる市民福祉の向上を期して一層の御努力をお願い申し上げます。 田原市長におかれましては、就任以来4年間厳しい財政事情の中、市民福祉の向上と市政発展に御尽力いただきました。来月の市長選挙へは再出馬を表明しておられます。今後とも健康には十分留意され、御健闘されることを祈念いたすものであります。 また、今月末で退職されます職員の皆様におかれましては、厳しい財政状況の中、市民福祉の向上と市政発展に御尽力いただきましたことに対し、心から敬意と感謝の意を表する次第であります。今後とも、市政の応援団として見守り、励ましをいただきますようお願い申し上げますとともに、末永く御自愛いただきますことをお祈り申し上げ、甚だ簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきます。   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~議長守井秀龍君) それでは、これをもちまして令和3年2月第1回定例会を閉会いたします。 皆さん、長期にわたり御苦労さまでした。     午前10時10分 閉会 上記地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。  備前市議会議長  守  井  秀  龍  備前市議会議員  掛  谷     繁  備前市議会議員  土  器     豊  備前市議会議員  川  崎  輝  通  備前市議会議員  中  西  裕  康...