高梁市議会 > 2020-12-24 >
12月24日-06号

ツイート シェア
  1. 高梁市議会 2020-12-24
    12月24日-06号


    取得元: 高梁市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-28
    令和 2年第8回12月定例会        令和2年第8回高梁市議会定例会議録(第6号) 令和2年12月24日(木曜日)            〇議   事   日   程             午前10時開議第1 委員会付託案件上程第2 委員長報告第3 委員長報告に対する質疑第4 討論第5 採決            ~~~~~~~~~~~~~~~            〇本日の会議に付した事件日程第1 委員会付託案件上程日程第2 委員長報告     (1)総務文教委員長 伊藤 泰樹君     (2)産業経済委員長 三村 靖行君     (3)市民生活委員長 石田 芳生君日程第3 委員長報告に対する質疑日程第4 討論日程第5 採決            ~~~~~~~~~~~~~~~            〇出   席   議   員1番  金  尾  恭  士 君          2番  平  松  久  幸 君3番  新  倉     淳 君          4番  小  柴  健  男 君5番  伊  藤  泰  樹 君          6番  森     和  之 君7番  森  上  昌  生 君          8番  石  井  聡  美 君9番  石  田  芳  生 君          10番  石  部     誠 君11番  三  村  靖  行 君          12番  宮  田  好  夫 君13番  小  林  重  樹 君          14番  倉  野  嗣  雄 君15番  川  上  修  一 君          16番  川  上  博  司 君17番  大  月  健  一 君          18番  宮  田  公  人 君            ~~~~~~~~~~~~~~~            〇出席した事務局職員事務局長     加 藤 幹 生          局長代理     黄 江   浩議事係長     竹 竝 宗一郎            ~~~~~~~~~~~~~~~            〇説明のため出席した者〔市長部局〕  市長      近 藤 隆 則 君      副市長     藤 澤 政 裕 君  政策監     前 野 洋 行 君      総務部長    佐 藤 仁 志 君  総務課長    赤 木 憲 章 君〔教育委員会〕  教育長     小 田 幸 伸 君       ~~~~~~~~~~~~~~~            午前10時0分 開議議長宮田公人君) 皆さんおはようございます。 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより令和2年第8回高梁市議会定例)6日目の会議を開きます。 本日の議事日程に入ります前に、12月16日に開催されました議会あり方検討特別委員会において正副委員長が決定されましたので、御報告いたします。 議会あり方検討特別委員会委員長宮田好夫君が、副委員長川上博司君が当選されました。よろしくお願いをいたします。 それでは、議事に入ります。 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしておりますので、よろしくお願いいたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第1 委員会付託案件上程議長宮田公人君) まず、日程第1、委員会付託案件上程であります。 各委員会に付託いたしておりました案件を一括上程し、議題といたします。 これらの審査につきましては、各委員長より審査報告書が提出され、その写しをお手元に配付いたしております。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第2 委員長報告議長宮田公人君) 次は、日程第2、委員長報告であります。 まず、総務文教委員長報告を願います。 伊藤泰樹君。            〔5番 伊藤泰樹君 登壇〕 ◆5番(伊藤泰樹君) 皆さんおはようございます。 総務文教委員会報告を申し上げます。 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案4件でございます。これらの審査のため、去る12月18日、委員会室において審査を行いました。 審査結果につきましては、お手元審査報告書写しのとおりでございますが、これに至ります経過を1点御報告させていただきます。 議案第94号「高梁市の総合的かつ計画的な行政運営を図るための基本構想策定について」でございます。 本市の政策課題基本構想に掲げられた将来都市像などについて活発な質疑が行われ、委員からは、今後の10年はエネルギー政策など大きな変革が予想されるが、社会情勢や時代の変革に対応していける計画となっているのか。また、計画家庭生活関与度が高い女性目線を取り入れることが住みたいまちの実現につながるのではないかと考える。ぜひ女性の意見を反映させた計画にしていただきたいといった質疑意見が出されました。執行部からは、基本構想都市像の実現と市民福祉の向上を基本とする総合的な位置づけであり、現在、策定準備を進めている基本計画において社会情勢変化等を捉えた内容を盛り込んでいき、計画が形骸化しないようにしていきたい。また、女性目線が大切であるということについては総合政策審議会においても御意見をいただいているところであり、基本計画策定に当たっては女性職員意見を聞いていく仕組みを考えていきたいとの答弁があったところでございます。 その他の議案につきましては、特段申し上げることはございません。慎重に審査を行い、付託されましたいずれの議案原案のとおり可決すべきものと全員一致で決したところでございます。 以上で総務文教委員会報告といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長宮田公人君) 次は、産業経済委員長報告を願います。 三村靖行君。            〔11番 三村靖行君 登壇〕 ◆11番(三村靖行君) 皆さんおはようございます。 産業経済委員会報告を申し上げます。 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案4件でございます。これらの審査のため、去る17日、委員会室において審査を行いました。 審査結果につきましては、お手元審査報告書写しのとおりでございます。 慎重に審査いたしました結果、いずれの議案全員一致原案のとおり可決すべきものと決したところでございます。 以上、簡単ではございますが、産業経済委員会報告といたします。どうぞよろしくお願いします。 ○議長宮田公人君) 次は、市民生活委員長報告を願います。 石田芳生君。            〔9番 石田芳生君 登壇〕 ◆9番(石田芳生君) 皆さんおはようございます。 市民生活委員会報告を申し上げます。 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は、議案6件であります。これらの審査のため、去る21日に委員会を開催し、審査を行いました。 審査結果につきましては、お手元審査報告書写しのとおりでございますが、これに至ります経過を若干御報告させていただきます。 議案第95号「令和年度高梁一般会計補正予算(第10号)」について申し上げます。 委員から、マイナンバー関係した予算が含まれていることなどから反対するといった意見がございましたが、採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。 そのほかの議案については、全員一致議案第96号から議案第100号は原案のとおり可決すべきものと決したところでございます。 以上、簡単でございますが、市民生活委員会報告とさせていただきます。よろしくお願いいたします。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第3 委員長報告に対する質疑議長宮田公人君) 次は、日程第3、委員長報告に対する質疑であります。 各委員長に対して御質疑がありましたらお願いいたします。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長宮田公人君) 別になければ、以上で質疑を終わります。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第4 討論議長宮田公人君) 次は、日程第4、討論であります。 各委員会に付託しておりました案件を一括して討論に付します。 討論通告がありますので、順次発言を願います。 まず、小柴健男君の討論を願います。 小柴健男君。            〔4番 小柴健男君 登壇〕 ◆4番(小柴健男君) おはようございます。 12月定例議会討論をさせていただきます。日本共産党小柴健男です。日本共産党市議団を代表いたしまして、委員長報告に対する討論を行わせていただきます。 12月定例議会に提案された議案は、議案第92号から議案第103号までの12件であります。議案第95号には反対、その他の議案に対しては賛成立場委員長報告を了といたしたいと思います。 議案第95号は、多くは異動に伴う人件費及びコロナ対策等修繕費災害復旧関連予算の計上が主なものとなっております。現在、高梁市においても感染者が9名確認されており、岡山県においても医療非常事態宣言が出されるなど、感染拡大に伴い、市民生活は厳しいものとなっております。感染された皆さんにはお見舞いを申し上げるとともに、一刻も早い回復をお祈り申し上げます。また、医療従事者介護従事者皆さん学童保育教育関係者におかれましては密が避けられない業務の中で、長引くコロナ禍の下、御自身や御家族の感染を防ぎ、市民皆さんのための業務遂行のために生活を犠牲にされておられることに敬意を表するとともに、感謝を申し上げます。 今回の補正予算にも、換気設備等の新設、修繕や、国の支援延長に伴う関連予算の計上などがなされていますが、周知が十分でない制度もあり、事業者市民暮らしを守る立場からあらゆる機会を通じて周知を徹底していただきますよう、強く要請をいたします。 また、災害関連では、今年度が3年間で復旧するという最終年度であり、積み残しのないように精査していただき、復旧から復興へとスムーズに移行できますようお願いを申し上げるとともに、ハード面だけでなくソフト面、被災された住民の生活が立ち直れるよう、行政としても支援していただきますよう強く要望をいたします。 また、この議案反対理由でありますが、まいにゃんばー商品券発行に関わる補正予算、これについては第7回高梁臨時議会で既に議決済みでありますが、このときの質疑では、困窮する中小企業者への支援と手続においては市民の近いところに出向いて行うと説明があり、この2点を評価して賛成したものでありました。 今議会議案質疑でも他の議員から問題点が指摘されましたが、市民ところに出向いての市の対応がされなくなる、またこれによりマイナンバーカード普及率が低くなり、市民全体への支援となり得ないこと。こういった市民へのマイナンバーカード説明や手続などの11月議会での約束が守られていないことを理由に反対するものであります。 また、議案第94号は新総合計画基本構想ということで、反対立場に立つものではありませんが、前総合計画において積み残した課題、人口減市民満足度重要度に表れた雇用の場の確保、公共交通機関整備消費生活と便利さ、防災対策農林業の振興、生活道整備子育て支援体制整備など、新総合計画での最重要項目として基本計画実施計画に反映していただき、10年間で基本構想を確実に実現できるよう、憲法を生かして市民の声を反映させ、暮らしや福祉の充実のために計画を実施していただくよう強くお願いをいたしまして、私の討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。 ○議長宮田公人君) 次は、金尾恭士君の討論を願います。 金尾恭士君。            〔1番 金尾恭士君 登壇〕 ◆1番(金尾恭士君) 皆さんおはようございます。 討論に参加する金尾恭士でございます。 私は、今議会に提出された議案第92号から議案第103号全ての議案につきまして、委員長報告を了とし、賛成立場から討論に参加いたします。 私自身、9月市議選にて当選をいたしまして、12月定例会の本会議委員会に出席をいたし、本市を取り巻く厳しい状況を目の当たりにいたしております。市財政が厳しい中でも新型コロナウイルスへの対応市内各種企業自営業者への経済対策、個別の家庭への生活支援は間断なく実行していかなければなりません。今議会通告質問では、私も人口減に伴う市民生活の今後の在り方について質問をいたしました。また、コロナ禍における市の対応などが複数の議員からも取り上げられました。厳しい財政の中、めり張りをつけ、市民生活を安定させていただくことを要請し、委員長報告賛成いたします。 議案第92号から議案第103号については特段申し上げることはございませんが、議案第94号にある「高梁市の総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想策定について」は、高梁総合政策審議会井勝久喜会長附帯意見地域説明会パブリックコメント等を反映した総合計画となりますよう要請いたします。高梁市の2021年から2030年への羅針盤となり、明るい未来が市民にも具体的に見える計画にしていただくよう要請いたします。 議案第95号から議案第103号は令和年度の各会計の補正予算であります。災害復旧工事防災関連事業繰越明許費として上程されております。コロナ禍により雇用不安が深刻化し、中でも独り親家庭生活不安も増大しております。執行部におかれましては、年度末そして新年度を見据え、市民福祉の増進を図っていただきたいと考えております。 今後も適時実行ある施策を求め、委員長報告賛成いたします。 私は、今回市民の負託を受け、議会人とさせていただきました。今後も市民の目線に立って、一人も置き去りにしない高梁市を目指してまいりたいと考えております。 以上で討論を終わります。ありがとうございました。 ○議長宮田公人君) 以上で通告による討論は終わりました。 ほかに討論はございませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    議長宮田公人君) 別になければ、討論を終わります。            ~~~~~~~~~~~~~~~日程第5 採決議長宮田公人君) 次は、日程第5、採決であります。 これより今議会に提出されております各案件採決に入ります。 まず、議案第92号から議案第94号までの3件を一括して採決いたします。 議案第92号から議案第94号について、委員長報告原案可決であります。委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長宮田公人君) 御異議なしと認めます。よって、議案第92号から議案第94号までについては原案のとおり可決されました。 次は、議案第95号であります。 議案第95号については起立をもって採決いたします。 議案第95号について、各委員長報告原案可決であります。各委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を願います。            〔賛成者起立〕 ○議長宮田公人君) 起立多数であります。よって、議案第95号は原案のとおり可決されました。 次は、議案第96号から議案第103号までの8件を一括して採決いたします。 議案第96号から議案第103号について、各委員長報告原案可決であります。各委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長宮田公人君) 御異議なしと認めます。よって、議案第96号から議案第103号までについては原案のとおり可決されました。 以上で今議会日程は全て終わりました。 閉会に先立ち、市長より御挨拶を願います。 近藤市長。            〔市長 近藤隆則君 登壇〕 ◎市長近藤隆則君) 閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。 12月7日から18日間にわたりまして慎重な御審議をいただきました12月定例市議会につきまして、提案をさせていただきました全ての議案につきまして御議決を賜り、誠にありがとうございます。 さて、今議会通告質問におきましては、11名の議員の方々から次期総合計画基本構想及び今後の市政運営について、新年度予算編成行財政改革について、また新型コロナウイルス感染症対策等について御質問をいただいたところでございます。 多くの議員皆様から御質問をいただき、本会議基本構想を御議決いただきました総合計画につきましては、現在市役所内部におきまして、基本計画実施計画策定作業を並行して進めているとこでございます。基本計画につきましては、1月末には外部の有識者会議で協議をいただき、3月議会前の議会全員協議会で御説明させていただく予定で今進めているとこでございます。 本会議での御意見またパブリックコメントまちづくり懇談会各種団体との意見交換会など、議会また市民皆様からいただいた意見、そして多くの幅広い層からの御意見も頂戴しながら、基本計画そして実施計画においてより具体的に検討し、10年先、この高梁市の方向性というものをしっかりとお示しができるよう、3月末の成案の策定に向けて取り組んでまいりたいと考えているとこでございます。 ここで何点か御報告をさせていただきます。 まず、新型コロナウイルス感染症状況であります。 冒頭、全国的な拡大や県内の拡大について申し上げたところでございます。市内におきましても12月に入り6名の陽性者が確認をされ、全体で9例目の感染確認となっています。幸い市中感染クラスターには至っておりませんが、新型コロナウイルス感染症は誰でも感染し得る可能性があると思います。引き続き、感染予防対策の徹底をお願いいたします。 また、本会議冒頭にも申し上げましたが、年末年始の帰省に関しては、帰省の2週間前からの行動に十分注意し、交通機関混雑等による3密を避けられない場合には、時期をずらすこともぜひ御検討いただきたいとお願い申し上げます。特に、高齢者がおられる御家庭においては、帰省される御家族へ感染拡大防止対策を行っていただくよう御連絡をいただくとともに、十分な御配慮をお願いしたいと考えております。 次は、ひとり親世帯臨時特別給付金についてであります。 新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を1人で担う低所得の独り親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、国の2次補正を受け、ひとり親世帯臨時特別給付金支給を実施しているところであります。しかしながら、独り親家庭生活実態は依然として厳しい状況にあることから、年末年始に向け、国は予備費を活用し、臨時特別給付金基本給付支給対象者に対しまして、同様の基本給付の再支給をすることを12月11日に決定されたところであります。 この臨時特別給付金の再支給につきましては、国から年内を目途とし支給の実施を要請されているところであります。結果としまして、本日24日に187件、総額1,295万円の再支給を実施いたしましたので、御報告させていただきます。 次に、税の確定申告についてであります。 申告相談でありますが、来年2月16日から始まることになっておりますが、このコロナ禍の中で3密を避けるという観点から例年実施しておりました津川地区川面地区の2会場につきまして、相談時のいわゆるソーシャルディスタンスが十分に確保できないということから、高梁総合文化会館に統合することといたしました。昨年度まではこの2会場申告相談をされておられた皆様には大変御不便をおかけすることとなりますが、現在の状況を鑑み、御理解と御協力お願い申し上げるものでございます。 また、例年相談会場皆様に御利用いただいております待合室につきましては、受付後はお近くにお住まいの方は一旦御自宅へお戻りをいただく、またクラスターの発生を防ぐために必要最低限の御利用となるよう御協力お願いしたいと考えておるとこでございます。 一方で、混雑の緩和対策といたしまして、閉庁日相談受付をこれまで2日しておりましたがこれを4日に、また平日16時までの相談時間でありますが、これまで3日間19時までの延長を行っていたとこでありますがこれを8日間に増やして対応させていただきたいと考えているとこでございます。相談時間につきましては昨年度までに比べて十分ゆとりがございますので、市民皆様方には相談者分散化に御協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。 開会日の諸般の報告の中でWEST EXPRESS銀河おもてなし事業について申し上げました。先日12月16日、JR西日本から来年の同列車の運行方面が発表され、来年春に再度京都、大阪から出雲間の運行が決定しました。その際にも備中高梁駅に停車をするということになっております。JR西日本からは、今年本市が「ふたたび、高梁」をテーマに実施しました特産品の販売や伝統芸能の披露などのおもてなしによりまして、列車の魅力高まり乗客に好評を得た、また高梁市及びエリア全体の魅力の発信につながったと高い評価をいただき、感謝状を賜ったところでございます。これは、ひとえにおもてなし事業に御協力をいただいた関係団体また近隣自治体、さらには市内の各飲食店皆様方のおかげであります。こうしたことを来年春からの再度の運行にしっかりとつなげていきたいと思っております。改めて感謝と御礼を申し上げます。ありがとうございました。 さらには、再来年ですが、全国JR6社などが行う大型の観光キャンペーン、デスティネーションキャンペーンが岡山県で開催をされることになっておりますし、来年はそのプレイベントの年でもあります。さらなる交流人口の増加、誘客につなげてまいりたいと考えているとこでございます。 それから、昨日、岡山県外から県内に赴任をしている企業支店長さんらと地元の経営者交流組織であります岡山武蔵倶楽部にお招きをいただきました。今年度武蔵倶楽部特別賞を受賞させていただいたところでございます。備中松山城の猫城主さんじゅーろー登城者の災害時からの落ち込みをV字回復させたことであるとか、吹屋地区ジャパンレッド日本遺産認定に至った点が評価をされたということでございます。この賞をいただけましたのも、多くの関係皆様のお力添えがあったからこそですし、市職員皆さんの支えも大きな力となったことは言うまでもありません。改めてこの受賞の喜びを皆さんとともに分かち合いたいと思っております。特に、この賞の特徴といたしまして、県外から来られている皆さんの視点で賞が決められるという点であります。備中松山城吹屋地区の持つ魅力を今後一層交流促進につなげていかなくてはならないと改めて感じているところでございます。 次は、岡山自動車道につきまして御報告をいたします。 岡山自動車道有漢インターチェンジ-北房ジャンクション間の4車線化につきましては、議員皆様にもお力添えをいただき、現在付加車線化工事が進められているとこであります。このたび、工事区間の中で賀陽インターチェンジ付近の2.0キロメートルが1月22日の午後4時から、そして春という表現ではございますが、春には高梁サービスエリア付近の2.7キロメートル区間が、それまでの対面通行から4車線化に向けての上下分離車線の運用に切り替わることが発表をされました。残る区間も鋭意工事が進められているとこであり、令和年度末には完成を目指されているということでございます。残ります区間の全線4車線化、決定はされていますが、ぜひとも次年度からの国土強靱化計画の間に着手、完成ができますよう、引き続き要望活動を強く進めてまいりたいと考えています。議員皆様におかれましても、改めて要望活動等にお力添えをいただきますようお願いを申し上げます。 令和2年も残り1週間となりました。今年は新型コロナウイルス感染症一色の年となりました。本格的な冬を迎え、寒さも厳しくなってまいりますので、コロナ対策とインフルエンザ対策を十分取っていただき、御自愛の上、御健勝にて平穏なお正月が迎えられますよう御祈念申し上げるとこでございます。 来年は辛丑という年であります。辛は金を表し、丑は水を表す。この金と水というのは五行でいいますと隣同士でありますので、相生というよい組合せと言われております。ぜひそういうよい年にしていきたいと思います。コロナの一日も早い終息、昨日講演の中で岡大の学長さんがビヨンドコロナという言葉を使われました。ウィズコロナではない、ビヨンドコロナであると。コロナを越えないといけないという表現を使われて、同じ受賞であったわけでありますが、お話をいただいたところでもございます。 高梁市にとりましても、また皆様にとりましても、平和で災害のない、そういうよい年となりますよう心から祈念を申し上げまして、閉会の御挨拶とさせていただきたいと思います。 なお、次回3月定例市議会でございますが、3月5日開会の予定で準備を進めさせていただいております。どうぞよろしくお願いをいたします。大変ありがとうございました。 ○議長宮田公人君) これをもちまして令和2年第8回高梁市議会定例)を閉会いたします。 御苦労さまでございました。            午前10時34分 閉会   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。    令和  年  月  日            議  長  宮  田  公  人            署名議員  森  上  昌  生            署名議員  川  上  博  司...